多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

創味

即席麺試食記(355) 何か違う サンヨー 創味のつゆ使用 きつねうどん


にほんブログ村

別商品でもある、小海老天そばは高得点になっていたのだが、本製品を食べながら思うことは、「あの創味のつゆを使うのに、なんで縦型なのか」という点である。

つゆを味わってもらいたい製品なら、そのものずばり、惜しげもなく使っていっても不思議はない。ところが、カップ側面には、たったの6%使用としか書かれていない。
そこに愕然とした。つまり、94%はオリジナルなのだ。6パーごときで「使いました」と宣言できるとは驚きだし、どうりでそばを食べた時にかつお粉末がカップ側面にびっしりとついていたのか、と改めて確認する。

そうとわかると、うどんバージョンの方も構えて評価せざるを得ない。
麺は、当然幅広であり、それほど特筆すべき点はなし。具材もネギがかなりインパクトあったが、平均止まり。
そしてスープなのだが…甘く濃い。一種きつねうどんだと錯覚しがちだが、やはりだしの色の濃さがあまりよくは思わせない。

日清も東洋水産も、和風麺は東京と関西で味を変えてきている。縦型であり、企画ものという部分を考えると、全国統一で出す味にしては、かなり東京よりにしたのは、少しだけ失敗とみている。
原価に合う割合にしか配合できないのなら、使ってますと堂々と言い切らない方がよかったのではないか…化けの皮の剥がれた実食になってしまった。


 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    7.0/10   スープ   8.0/10    具材  7.5/10    総合計 22.5/30
 価格補正  なし    合計   22.5/30     格付け   B+(濃い感覚がマイナス)

即席麺試食記(352) ♪さしすせ創味の~~ サンヨー サッポロ一番 創味のつゆ使用 小海老天そば


にほんブログ村

創味食品、といえば、このCMが結構印象的だ。

京都育ち(生まれは北海道)の安田美沙子を使ったCM。イヤミのないキャラクターがいい味を出している。

その創味のつゆ。某スーパー中の人たる当方も、店頭でお見掛けするのだが、これがなかなかにいいお値段するのだ。今でこそ、だしから取って味付けする、などという面倒くさいことをする若年層主婦はいないだろうが、昔は、こういった即席つゆの元は意外と発売されていなかった。

値段が高いということは、だしにかかる原価が高いということ。それがわかるからこそ、一定の評価と売れ方になっているのだと思う。
そんな高級だしの元を使った和風麺ってどうなのか…サンヨーのチャレンジである。
製品HPはコチラ

だが…結論から言うと、これはこれで大きく成功している。
そのつゆなのだが、久しぶりに、開けたとたんにだし成分の香りが充満する芳醇さを感じることができる。そこまで薫るからには当然つゆの中にも入っている。ただ、京風を想像していた当方にしてみると、だしの濃さはやや濃い目。味付け自体もやや辛めに推移したのが若干の減点ポイント。
具材も、わかめが量的にもいいアクセントになっている。ただ、つゆの黒っぽさであまり目立たないところは致し方ないか。
麺の方は可もなく不可もなく。つゆを味わうべき製品であり、そこまでぐいぐいと引き込まれるほどでもなかった。

カップの周りには、粉末の鰹節の粉がびっしり。単に「創味のつゆを粉末化」したとしても、ここまでのことにはならないはずなので、そういうものだと思わせる効果もあるとみている。ただ、看板に偽りあり、とまで断罪する気にもならない。製品として成立しているのだから、それはそれで認めるべきだろう。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    7.5/10   スープ   8.5/10    具材  7.5/10    総合計 23.5/30
 価格補正  なし    合計   23.5/30     格付け   A(十分すぎるだしの表現)
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ