多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

劇場

「記録、それはいつも儚い…」

このタイトルで始めるとき、どうしても、この番組が頭をよぎる。
びっくり日本新記録

正確にはこう続く(上記Wikiより抜粋)
「記録…それはいつも儚い。一つの記録は一瞬ののちに破られる運命を自ら持っている。それでも人々は記録に挑む。限りない可能性とロマンをいつも追い続ける。それが人間なのである。次の記録を作るのは、あなたかも知れない」

もっとも、私が今回自分で自分の記録に終止符を打ったわけであり、その部分では、一部納得しているところでもある。

その記録とは…

  「連続劇場訪問記録」であり、18週連続でその記録が途絶えた、というところである。

具体的には、2017/2/1-2017/6/4まで。このうち、「君の名は。」に絡んでいない週は、5月の2週だけという結果に。
2001年の「千と千尋」をスクリーンで見て以降、2014年までは、どんな名作が世に出てきても、一切見てこなかった小生。レンタルでの視聴すらしないで今まで過ごしてきたわけだが、そんなスクリーン離れが著しかった小生が、まだ半年終わっていないのに30回弱スクリーンに対峙している(29回中、23回が君縄www)。
なんでそんなことになったのか?理由は簡単である。
「スクリーンで見ないと映画の真価は発揮されない」ことに気がついたからである。
だから、作品の良しあし以前に、スクリーンで見ておきたいという渇望が君縄ファンを作り、どぎついまでのリピーターを多数輩出することになったのだといえる。その結果、映画の良さに気が付き、スクリーンに回帰する結果をもたらしていることも十分にありえる。

18週といえば4カ月半。それでも今までの見ていなさ過ぎの状況からすれば、ようやく生涯鑑賞回数がほぼ平均に納まりつつある状況。これからは、少しずつ、フェードアウトしていくことになるだろうが、それでもある程度はスクリーンからつかず離れず、対峙を怠らないことを肝に銘じておきたいところだ。

2016.12.1 何もかもあり得ない 「君の名は。」三度目鑑賞w

「ファンタスティックビースト」は、好調発進のようである。それに引き換え。興収二位=邦画一位に位置した「君の名は。」。15万人で二位って、ほかの映画、どんだけ観られてないんだよ、と、突っ込みを禁じえない。
いまや、毎月1日の「映画の日」は「君の名は。」鑑賞日になってしまった感すらあるわけだが、今月も、瀧と三葉に会いに行ってしまったwwww

向かうは、ミント神戸9階のOSシネマズ。直前の上映分で吐き出された観客は60人ほど。もぎりカウンターまえには、40人ほどがたむろしていたが、開場案内時、そのほとんどが動き出す。

開始直前で、当方のカウントでは50人強。ところが、終演後振り返ると、通路より後ろの席はさらっと一杯。100は盛りすぎとしても、80人は軽く入場していたであろう。
当初、公開末期データか、とがっかりしたが、さにあらず。それどころか、確実に「客が入っている」14週目の映画。当方も未踏の「3回目視聴」をさせてしまうだけのいろいろな要素がある、ということだけは間違いない。

驚愕したのはそれだけではない。まさに、そこら辺の井戸端会議から抜け出したようなおばちゃん二人組が至近距離に!!「もしかして、ほかの映画と間違って入ったんじゃないの?」と聞きたくなるくらいだったわけだが、開演前のピーチクパーチクは、消灯とともに影を潜めてくれたのでほっと胸をなでおろす。

観客層の分析も。今回は、異様に高めの判定が出た。平均年齢は30代後半。当方を含めた、中年/シニア層がそれを押し上げている。カップル比率は意外に高く5割強。ソロでの鑑賞も全体の3割程度。ペア鑑賞が残り2割弱と言ったところ。

再びいうのだが、「これで14週目」である。封切直後の作品より客が入る…そんなバカな、と言いたいが、数字は嘘を付かない。「千と千尋」がどういう経緯をたどって2300万人/300億を達成したのかは知りたいところだが、この作品が、毎週5億を稼ぎ出し続けていることを考えると、あと20週…エ、来年のGWくらいまでやれれば越えるんではないの??!!

3回目鑑賞では、涙腺を崩壊させてもらった当方。次のブログで鑑賞記(またかいwwwww)をまとめさせてもらう。
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ