多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

動画

ヒダリマキの民度がわかる動画

ツイッターで最初この動画が流された時は、この公設秘書ではないが、「ワイワイ騒いで楽しそうだな」という感想しかわかない。
不思議なことに、議員がしゃべっているそばからマイクをひったくり、野次った聴衆にまくしたてるさまを、議員は全く注意もしない。主従関係が逆転している、もしくは「議員は傀儡で、秘書が本体」なのではないか、と勘ぐってしまう。
→ようつべより。

内ゲバワロタ、で終わらせるつもりにしたかったのだが、この動画をみるにつけて、今現在の反政府勢力の劣化ぶりと先行きを案じてしまったというのが偽らざるところである。

遠い昔ではない。55年体制が出来上がった当時の野党(社会党や民社党など)は、今のようなグダグダではなかった。のちにおたかさんブームといわれる、土井たか子氏の台頭が発生するときまでは、与野党ともに、一体化して国家運営に取り組んでいたと感じられる部分が多い。党利党略に集中するのではなく国家の利益を最優先にしていたから、意見はかみ合い、与党側も譲るべきは譲り、いい意味で切磋琢磨していた。

ところが今はどうだ。だいたい自分の党の不祥事に毅然とした態度も取れない、犯罪者集団といってもおかしくないものたちが野党に所属している。しかも始末の悪いことに、党首が自分の疑惑(それも国籍というたったそれだけのこと)にきっちりとした説明も釈明もせず逃げ続けている。親分がこのありさまでは、下々に示しがつくはずがない。与党批判をしても、すべて「お前に言う資格なし」と即座にブーメランとして帰ってきてしまうという始末。党名ロンダリングし、女性代表で心機一転を図った民進党は今や死に体である。

その流れをくむ人たちのおバカぶりは、時折動画にもなったり、ツイッターでバカっぷりをいかんなく発揮したりするのが習わしとなっているのだが(そう言えば、こんなつぶやきをした議員さん、そろそろ議員辞職はお決まりになられたでしょうか)、昔そこまで醜態をさらした野党議員はほとんど知らない。それはそういう醜聞がなかったのと同時に、身の処し方が昔の人は綺麗だったからに他ならない。

次の選挙で政権交代をするということを宣言する議員に「今がんばれ」と頓珍漢なことを言う聴衆。今がんばってもどうにもならないことがわかっていない。そして、そのどうにもならないことを言い募る聴衆に逆ギレする公設秘書。少なくともフォローすることができるのならよかったのだが、罵倒してしまっては元も子もない。その言い方も煽情的過ぎる。そりゃ、カチンとくる別の聴衆だっていることだろう。この低レベルの言動の応酬。これで議員が言った「次」を目指そうというのだから、よっぽど土台作りから入らないと、スタートラインに立つことすらおぼつかないとみる。

「浪速のエリカ」などと持ち上げられたのも今は昔。ただ管を巻いている(愚痴しか言えない)だけに成り下がった無所属の議員。それを支援する、低レベルな人々/公設秘書。お里・民度が知れる動画をご提供いただき、感謝しかない。

1/末と2/1は大忙しwww

依然として「中の人」であり続ける限り、そしていま惣菜担当になっている限りは、一年で最大のイベントと言ってもいい「冬の節分」の巻きずし大会は避けて通れない。
(ここ最近は、全ての季節の節分で、巻きずしの丸かぶりをやってはいる。もちろん、冬場の比ではない)

その準備段階が今真っ盛りなのであるが、今年は、そういった中に二つほど私事のイベントがからんできて、珍しいほどの忙しさを提示しそうなのだ。
ひとつは、1/31。この日が営業最終日である、GC住吉店(0634)の、最終イベントを録画することにしたからである。
これは久しぶりに当方のYoutubeアカウントにでも載せようかと思っていたりするので、準備に余念がない。

もうひとつは、2/1。またしてもあの映画関連で「当方史上初」が記録される(ことが確定。すでにチケットは1/29に入手済み)。
それは、「同一映画タイトルのバージョン違いを、立て続けに鑑賞する」「一日2回映画鑑賞」という一大記録である。
すでに、この映画関連では、「複数回鑑賞」「ひと月に2回以上鑑賞」「IMAX版鑑賞」「4か月連続鑑賞/映画館に4か月連続訪問」という記録だらけである。
次に到達されるべき記録は「一映画を二桁回鑑賞」となるところだが、これもそこまで手が届いているので、早晩達成されることになるのでは、と思っている(ちなみに英語字幕版鑑賞後で8縄目)。

去年の今頃は、そう。仙台店(0285)の移管前の雄姿をとどめる旅行準備をしていた時期。今年は、本当にそれどころではなくなってしまった。

気になってググってみた(6) あの伝説の番組を紹介

私の年齢からすると、昭和50年代(1975年前後)のテレビ番組は、特に実写関連では、とてつもなく破天荒なことが許されていた時代ではなかったかと思う。そもそも「お化け番組」と言われた、『8時だよ!全員集合』は、そのタイトルのもったり感と言い、昭和を代表する番組に昇華されていたわけだが、この番組のすごいところは、「完全生放送」というところ。だからこそのボヤ騒動だったり、停電騒ぎといったハプニングがあることだが、それであっても、"う●こチンチン"がセリフで言われた、とか、白鳥パンツを穿いたりするなど、今の放送コードでは考えられないような演出がまかり通っていた。

そんな私も少し影響を受けていた番組がある。"カリキュラマシーン"である。
wikipediaより

facebookで、どういうわけか紹介されていたのだが、静止画を見ただけで大笑いを禁じ得ないという状況に陥ってしまった。→元記事はこちら。
何しろ、当時は、出ている俳優がどうとか、そういう視点で見ていないから、当然である。ところが、40年後に見直してみると…

これが実にシュールだったりする。「おどりをおどる」では、なんと、機動隊と反体制派が追いかけっこをしているかのような絵面になっているのだが、まんま『成田闘争』をディスっているわけであり、大人が見てくすっと笑えるような作りになっているところは、本当にすごい。
この番組であまりに残っていて、たまぁに日常会話でも出てくるのが、10の束や、5のかたまりという、算数に起因する言葉。改めて動画を見させていただいたが、この、現代にも通じてしまいそうな、それでいて、まったく笑わせようとさせない内容に脱帽である。

あまりに有名なので、あえてググる必要もなかったのだが、改めて再発見した次第。
動画のリンクは張りませんので、ご自分で探してみてください。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ