多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

名古屋市

最後の名古屋シリーズ イ茲發篆慧垢泙如ゞ盪嚇


にほんブログ村

中部地区のダイエー店のイオン移管が伝えられた時、私が一番びっくりしたのが、建て替え直後と言ってもいい金山店(0762)の処遇である。

当たり前のことを言うようでなんだが、建築計画が持ち上がった時、イオンの足音はひたひたと迫っていたとはいえ、よもや、地区ごとイオンに異動するなどとは、誰一人思っていなかっただろう。それが証拠に、B1から1階に上がるエスカレーターの左側の壁には、ダイエーのロゴをかたどって、壁紙をくりぬくなど、意匠もかなり凝らしている。こういったお金をかけた工事が一瞬で無駄と化すのである。新たなダイエーカラーと位置付けている、ブラウンとオレンジの配色も、恐らく様変わりするのだろう。
開店当日に訪れ、2か月後にももう一度。今回で3度目となる金山店の訪問だが、新たな発進のつもりがこういう結末になろうとは…

しかし、店舗に訪れて、天候が回復した空をバックに写真に収めて、改めて、その威容に触れた時、「まあ、建て替え復活しただけでも良しとせねばなるまいか」と、半ば『店舗として存在している』ことへの感謝の方が上回るから不思議である。
金山


店内も様変わりしていた。サービスカウンターの左隣にあったセルフレジが、有人レジの左側(今までと逆側)に位置。精算系が一か所に収まった関係で、すっきりした印象を受けた。多分に、そこにセルフレジがあった背景には、惣菜系をワンストップショッピングできるようにする意図もあったと思われるのだが、導線的に具合が悪いとなった結果ではないかと思う。

とまあ、いろいろと書いては来たが、ダイエーとして訪れる金山店はこれが最後。開店から1年で3度も訪れた遠隔店はそうそうないだけに、脳裡に深く焼き付いた店舗を背に、名古屋市を後にする。

 訪問店舗データ
 店舗名  金山店         店舗コード   0762
 購入品  パンほか3点      購入金額   259円

最後の名古屋シリーズ じ鼎良き時代のダイエー店 上飯田店


にほんブログ村

名古屋東店(0680)の至近の停留所を12:23発のバスで離脱。猪子石西原というバス停で降り、基幹バスに乗り換える。

この基幹バスというシステムは、いわば、バスが市電のようになっているという、一風変わった方式をとっている。
停留所は道の真ん中。基幹バス専用に近いレーンも存在しており、左端をのろのろ走るバスとは一線を画して結構飛ばす。バスの塗色も変化しており、カラフルにも見える。
ここから、茶屋ヶ坂まで一気に。とはいえ、地下鉄の駅に向かう案内板とかには乏しく、ここは改善の余地あり。

ここからは、バスとは別れて、地下鉄オンリーに。名城線は、環状線状態になっている、地下鉄としては異例の配線。なので、右回り/左回りという表記になっている。
平安通で下車。その昔は、接続していなかった、名鉄との接続が可能になった、一駅区間を上って上飯田駅まで。ちなみに、地下鉄線ながら、名鉄以外の車両は配備されていないという、車両を持たない鉄道(神戸高速が有名/要するに施設だけを持っている)的な扱いになっている(小牧線との接続は2003年から。wikipediaなどを参照のこと)。

しかし、昼間は15分に一本の体制。やや帰路に不安も残る。
駅から南にやや下って、上飯田店(0254)が見えてくる。
上飯田


建設時期は、まさにダイエーが全国展開を見据えて、各地で建設ラッシュになっていた時期。この当時としては珍しい、ワンフロアが広めの店舗にしたことで、そのあとの展開もやりやすかったのではないかと思う。

懐かしいダイエーの残り香が感じられる店舗ではあったが、ここもイオン一色に塗り固められてしまうのだろう。今一番ダイエーっぽい店舗といっても過言ではない、改装前の上飯田を見て、一時代を築いたダイエーの隆盛と没落を一度に味わった気がした。

 訪問店舗データ 
 店舗名   上飯田店            店舗コード   0254
 購入品   あられ系2点を含む3点   購入金額   280円
 

最後の名古屋シリーズ △覆犬濘爾い海海箸發別れ メイトピア店


にほんブログ村

今池(0127)をおえて、次のターゲットである、メイトピア店(0434)に向かう。
東山線の今池まで歩き、星が丘で下車。「山ノ神」というバス停で降りると、徒歩5分くらいで店舗が見えてくる。

まず、あまり撮らない、南側からのアプローチ
メイトピア01

鉄塔の上のロゴもパチリ。
メイトピア02

タイトルに「なじみ深い」とはしているのだが、名古屋圏に足を延ばした時にここだけは、何度となく訪問している(閉鎖した栄(0223)や鳴子(旧0245)はそんなにイメージないのだが、ここだけはとびぬけて訪問回数は多いはず)。車で訪れた時には絶対の訪問店舗になっていたのが原因だろうか…

今回店舗周りを公共交通機関だけでやってみたのだが、名古屋市のこのきめ細やかなバスと地下鉄網には、本当に脱帽である。しかも、行きたい場所さえ特定できれば、「乗り換えナビ」の秀逸さが、土地不案内なものをもきっちりいざなってくれる。
車でないといけないと思っていた店舗が、バスでも行ける…。仮に「元ダイエー店」となっても、訪問する機会があれば、こうしていけるとなったので、少し安堵する。

 訪問店舗データ
 店舗名   メイトピア店        店舗コード   0434
 購入品   缶コーヒー ほか3点   購入金額    223円
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ