多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

味噌

即席麺試食記(372) こりゃ、バカ売れするわw 日清 カップヌードル 味噌


にほんブログ村

そりゃぁ、確かに安藤百福の生涯を描いたとされる連続テレビ小説『まんぷく』効果は、日清食品にとって追い風なんていう一文字で過ごせるはずがない。
スポンサードしている選手の活躍ぶりも大きいのだが、カップヌードルは増産に次ぐ増産。チキンラーメンの袋めんも棚から消えるほどではないにしても、うりあげが急伸長していることは報道等からでもうかがい知れる。
→この商品が売れすぎて、需給にまで変化をもたらしたのだから、おそるべしである。4/11のプレスリリースより

もちろん天下のNHKなので日清の製品とは一言も謳っていないし、まして安藤百福という個人名も出していない。それでもここまで売れてしまったのだから、テレビの効果というものは恐ろしい。早くにCEOの一代記でもやってくれないかな、と思うのは私だけだろうか……。

そのバカ売れすぎて棚から一気に無くなったという評判の「カップヌードル味噌」。当方は、コンビニ店で一個見つけて「おお、これが噂の」となって購入後、しばらくレビューをしないでいたのだが、ここに来て、そろそろ、という機運もあって、GW明け後に実食。
ふたを開けた時の感覚は、いつものカップヌードルだな、というくらいしか思い当たらない。相変わらずの油揚げ麺に具材とスープが混然一体に表面に載っているいつもの風景だ。
お湯入れ3分。ふたを全開する。

そこに広がった、味噌独特の風味、少し豚の油身分をまとったような甘ったるさが場を支配する。今までのカップヌードルの味噌味といえば、欧風と和風の折衷案的な味で、まさにどっちつかずの味だったり、みそ汁が念頭にあるかのような味付けだったりと、パンチのある味には一度も出会ったことがなかった。
だが、今作はその方向性をがらりと変えてきた。カップヌードル麺には似つかわしくないかなりヘビーな味付けで挑んだのである。だが、その方向性がかなり有用に機能している。

とにかくスープの手の入れようが半端ない。製品HPには、麦みそをベースに赤白を含めた3種の味噌をブレンドした、とあるのだが、奥行きが思いっきり出て、一口スープを飲んだだけで引き込まれてしまう。生姜のすっきりさと、にんにくのコクが引き立て役のはずなのに前面に出てきているところも面白い。
もちろん、麺は相変わらずのカップヌードル麺、と言いたいところだったが、醤油やシーフードとは、明らかに麺の太さが違う。だが、ここで太さを変えたことでスープの持たせが大きく変わり、かなりぐいぐい食べられる。麺の組成を変えられたことが、このカップヌードルに賭ける日清の並々ならぬ意地を感じさせてくれた。
具材は、コーンの黄色が目立つものの、キャベツやニンジンは没入してしまって存在感がなかった。

実は、ミニ市場での味噌ヌードルはかなりの支持を得ていたからこそのレギュラー昇格、となったわけだが、それがここにきてここまでの大爆発ぶりを発生させるとはだれも思うまい。奇しくも、『まんぷく』効果で業績や売り上げもかなり好調。そのタイミングで売り切れさせるアイテムが世に出せる。本当に日清という会社は「持っている」と常々思う。

 購入店 ローソン 某店
 麺    7.5/10   スープ   8.5/10    具材  7.0/10    総合計 23.0/30
 価格補正  なし     合計   23.0/30     格付け   A+(ニュー定番、爆誕!)

即席麺試食記(347) 頑張りがわかる サンヨー 和ラー 三重伊勢海老汁風みそ


にほんブログ村

リニューアルした和ラーだが…
さすがに「日本中をラーメンにしてしまえ」という登場当初の壮大な掛け声とは裏腹に、製品化しやすく、受け入れられやすい味付けに終始した感がある。
→今回の新CMがこちら。相変わらず波留ちゃんを起用。


今回の目玉味付けは「秋田のきりたんぽ鍋風」醤油ラーメン。そこをあえてパスして、みそ汁風の当製品をチョイスする。
結論から言うと…「新鮮味がない」。
確かに海老のエキス分も、香りも、旨みも感じられるし、やや辛めにしてある、赤みそをメインにした味付けも悪くは見せない。だが、以前和ラーで食べた、カニのみそ汁仕立てとどう違うのか、といわれると…。
もちろん、今までの和ラーの中でもうまさは突出していることは否定しない。麺も少しだけグレードアップしている風にも感じられ、角断面ながら、麺の滑らかさや腰を感じられるところはこの製品だけに適用するのはもったいなくも感じる。

企画発足から3回目に当たる今回の製品。今までの製品とは違う新たな方向性を打ち出しているし、縦型カップの中では企画としても十分に受け入れられる製品群でもあるのだが…。開発陣に疲れが見え隠れしていると感じたのは私だけではあるまい。次のリニューアルあたりで、あっと驚く方向転換があってもおかしくないだろうと考える。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    8.0/10   スープ   8.5/10    具材  7.5/10    総合計 24.0/30
 価格補正  なし    合計   24.0/30     格付け   A+(またしてもあたり)

即席麺試食記(103) やはり間違いはなかった・・・ 日清食品 麺の贅沢 味噌


にほんブログ村

ここ最近、どういうわけか毎日のようにPVがかなりの数に及ぶ日が多くなっている。まあ確かに記事の数は日々増えているわけだし、常連さんと思しき方が巡回されているようにも見受けられるので、いい傾向ではある。
だが、ここ最近の急激な伸びを調べてみると、この記事にぶち当たったのである。
即席麺試食記(89) やればできる! 日清食品 麺の贅沢 醤油
ほぼ毎日読まれていて、週別ではダントツのトップ。一時期の「Q1」並みの読まれようである。

よくよく考えてみると、この製品、すでに既報の通り、某スーパーでしか売られていない、PB的な製品である(日清食品とメーカー名をうたっており、バーコード上のメーカーコードも日清のそれなので、PBとはいえない。また、7プレミアムなどのようにPBブランドを冠していない点も重要である)。よって全国ネットで販売されたわけでもない。ところが、試食記事自体がそういうわけで乏しく、勢い当方の記事が読まれる結果につながっているのだろうと推察している。

実際食べてみて、麺の質感や食味などを総合すると、あの!「正麺」をも凌駕してしまうのではないか、と思えるレベルである。 同社の「ラ王」をも超えているといっても言い過ぎではない。
・・・とはいうものの、そこまで持ち上げて本当に大丈夫なのか、と不安になってきた。市場に出回っている同製品は終売間近。あわてて、醤油と味噌を買い足しする。

そして、未体験の味噌味にチャレンジ。麺を煮ているときのグツグツ感が、心地いい。「ああ、茹でてるんだなぁ」と視覚的にも聴覚的にも楽しませてくれるとは思っても見なかった。
さてスープとあわせての実食。もう箸で麺をつかんだ瞬間から、「これはいいっ!」が伝わってくる。一口。うわっっっとのけぞるような食感。もちろん、前回しょうゆ味を食べたときとまったく同じである。風味も華やか、噛み応えも生めんに見間違うほど。とにかく、ただただびっくりする。
とはいうものの、しっかりお返しが。スープは、頼りないことこの上なく、甘くさえ感じるものであり、エキス分もやや控えめでこの麺に相対するにはパンチ不足と映ってしまった。

ここが菊水製品なら、スープにも重厚さを取り入れて、相戦わせて、しっかりバランスを取る、だから非の打ち所がないわけだが、所詮はPB的な一発もの企画、スープにまでお金をかけるわけには行かなかったのだろう。ただ、その背景が良く分かる製品であることも確かである。

 麺 4.3/5  スープ 3.3/5   総合評価 90点

月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ