多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

嫌韓

どこまでエスカレートさせるつもりなのか?

はらわたが煮えくり返る、とはこのことである。
あの作品に関わっていた、私の幸せ回路は、この記事一本で現実に引き戻され、そこにあるのは憤怒と憎悪の連鎖である。
そもそものきっかけ。
からの「裁定」

もうご存知の方が大半だろうが、韓国で旭日旗が「戦犯旗」などという蔑称を戴いたのは、第二次世界大戦終了後でも、朝鮮戦争終了後でも、軍政が終焉し、民主主義国家になった後でも、そのいずれでもない。
「さかのぼること200年6年前」・・・この人が観客席に見た「幻」が事の発端である。
→「キソンヨン 旭日旗」でググるよろし。一応ものぐさのあなたのためにリンク(一例)はあげておきます

すでに判明しているように、観客席にありもしなかった旭日旗を見て発狂した挙句があの猿まねだったというのだ。仮にそうでも、普通は、そういう侮辱的な行為自体をやっていいかどうか、判断がつくのが大人の対応、というものだろう。結局「自分は悪くないニダ、あの旗が悪いニダ」として、悲劇のヒーローに国全体が仕立て上げていき、嘘の自家中毒で「旭日旗=戦犯旗」などというありもしない真実で確定してしまったのが現状である。

旭日旗を取り上げた韓国側が非難されるのではなく、日本側が悪者にされる。旭日旗自体は、陸海軍陸上・海上自衛隊の隊旗にも使われており、これを取り上げるなどという行為は、遠回しに「宣戦布告」ととられかねない。

まあそこまでは考え過ぎとしても、この旗に政治的意図を感じている…それもヘイトに満ち溢れている感情を旗に抱くなど、そこまで執着する意味が分からない。
処分を下したAFCとか言う団体も、謎である。考えてみれば、「そもそもどうしてこの旗が戦犯旗と呼ばれているのか」という大元から紐解けば、この旗に政治的な意味が含有されていないことは明らかである。少なくとも戦犯旗などという蔑称で呼ぶ、あるいはハーケンクロイツのような忌み嫌う旗ではないということが理解できるはずだ。まともな頭脳があるならば…

もはやこれは、「ドンパチの伴わない」戦争状態に入ったとみて間違いない。さっきすこし大袈裟に言った「宣戦布告」をされたと日本政府は認識していると思われる。
一応官房長官氏も抗議の意思はあるようだが、政府が出張ることで政治的意図を持っていると深読みされることを恐れてか、積極的な行動には映らないとみられる。

AFCとか言う、汚鮮された団体からは早期に撤退するか、韓国の関わらない組織を独自に立ち上げるべきだろう。連中が入り込むとなんでも反日、侮日の道具に使われる。もうたくさんである。

2016年スタート! ここからどうなる? 日韓関係

新年、明けましておめでとうございます。

当弱小かつ、個人のマスターベーションの域を出ないブログにお立ち寄りいただき、感謝に堪えません。

さて、ここからは平常運転。

昨年末に急転直下の"決着"を見たと思われる、韓国との従軍慰安婦問題。
一部右傾/護国系の人々からは、「祖先を踏みにじる」といった論調が数多く寄せられているし、実際、妥結に至った翌日には、早くも国会前で抗議集会も開かれているという。

だがしかし。

そう。韓国のすぐに切れる(俗に言う、ファビョ~~~ンww)民族的資質もそうだが、日本人の中にも、精査した結果とはいえ、「これで自民党も終わりだ」とか「アベ政治を許さない」とか言う論調に至る人がいるというのは、いささか残念といわざるを得ない。
これまでの布石を考えれば、すでに安倍政権こそが「未来志向でいる」ということに気が付かないといけないということである。

ではその論拠はどこにあるのか?。
2015.8.14の安倍談話に、今回の決着に至ったヒントが隠されているように感じて読み直してみると、意外にも、すべて腑に落ちる、共通点が記されているのである。
語られた内容を抜粋で示す。
【戦後70年にあたり、国内外に斃れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の、哀悼の誠を捧げます。】
【私たちの子や孫、そしてその先の世代の子供たちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。】
【(質疑応答の内容)先の大戦における日本の行いが侵略という言葉の定義に当てはまれば駄目だが、当てはまらなければ許されるというものではありません。かつて日本は世界の大勢を見失い、外交的・経済的な行き詰まりを力の行使によって打開し、あるいはその勢力を拡大しようとしました。その事実を率直に反省し、これからも法の支配を尊重し、不戦の誓いを堅持していくということが今回の談話の最も重要なメッセージであると考えています。】

すみません。もうこの時点で、「先の戦争には大義がなかった」とおっしゃっているのと同じなんですよね。特にこの質疑応答で応えている部分…外交的・経済的な行き詰まりを力の行使によって打開し、あるいはその勢力を拡大しようとしました…と先の大戦を認識しているのだとすれば、日本は「侵略した」と広義的に認めているのも同然である。
となると、英霊として祀られている、靖国に一度しか行かず、事あるごとに真榊だけの奉納で済ませている、というあたりも納得できてしまう。「あ、戦争を賛美してしまっているかもしれない」と。安保法案の前後で参拝していないのも、ここに論点が集約できる。

今「この合意はけしからん」という人々の多くは、・嫌韓→嵩じて朝鮮人系の排除をもくろむほんまもんのレイシスト ・先の大戦に大義がある(戦争行為は悪だが、日本の戦争は悪くない)と思いこんでいる層 ・保守の分断を狙う、反日工作員 と色づけすることも可能となっている。
では実際の「普通一般の」日本人の感覚はどうなのか?
"もう関わりたくない""(財団資金の10億は)一種の手切れ金みたいなもの""日本を関係なくさせられたのだから大勝利"と、冷ややかながらも総じて反対しているような人は少ない。

そこにあるのは、戦後世代の意見の方が多勢を占めているからに他ならない。過去、現在、未来と続く日本の歴史の中にあって、動かしがたい過去(=固定された真実)よりも、どうとでも作り上げられる未来の方に軸足を移す発言になるのは、仕方のない話でもある。だから、「軍が関与」といった、通り一遍の軽い印象しか与えない表現に収まっているのである。
では、海外でやたら言われている現象はどういうことか?これも「日本がまた台頭すると厄介だと考えている層」の仕掛けたディスカウントジャパン作戦と考えれば、理解がより進む。そもそも、日本に復活してもらっては困る、一部の白人至上主義者にしてみれば、「俺らの売春はいい売春」と脳内変換していることは明らかである(朝鮮戦争時に当時の国連軍=米軍に追軍慰安婦=洋公主がいたことは事実/基地周辺にもいた)。どこの国のマスコミも、相当に偏向している(裏どりしない/自分の足で記事を書こうとしない)。その新聞、そのニュース番組は信用に値するものなのか、というところから入らざるを得ない。

というわけで今年最初の"預言"をしたいとおもう。
・日韓合意は、早速の様になかったことにされる。
→韓国側のルール違反が要因だろうが、それも「ニホンガー」で打ち消そうとするに決まっている。そして何より、大使館前にある慰安婦像は、1ミクロンも動ずることなく、ふてぶてしくも居座ったままであろうことである。
・ところが、仲介・仲裁役のアメリカがブチぎれて、3月にあるとされる、一種の"手打ち式"で無理難題を吹っ掛け、韓国終了。
今文書のない合意に至っているのは、第三者であるアメリカを介して、調印するから。余程、日韓が反目し合うのは具合が悪いとアメリカが思っている証拠であるが、戦勝パレードにのこのこ出かけるかの国の大統領にアメリカがどこまで寄り添えるのかは未知数。突き放す可能性もわずかにある。
・それ以前に、経済ボロボロで、IMFリーチ/デフォルト待ったなし。
まだ国債の金利はそこまで高くない韓国なのだが、ぼろが出始めている。利に聡い海外の投資家は、韓国株を売り越している。これが何を意味するのか…謎の国債格付け上げもぷんぷん匂う。

としたい。
ここまで反日・嫌韓が当たり前になってしまっている国民同士が、そう簡単に和解に至ることはないし、未来に向けても、それはないだろう(特に反日については、苛烈に進化することはあっても、沈静化することは考えられない)。なのに動いた安倍政権。確実に報道や表にさらされている以外の「裏」を感じずにはいられない。

巷で噂の7/9より、8.31でしょ?

普通なら、すんなり決まって当たり前の、『明治日本の産業革命遺産』の承認が、例の国がごちゃごちゃいったおかげで、すんなり決まらず、一日遅れでようやく承認された。

普通の国なれば、隣国の歴史建造物やいわれのあるものの登録とか言うことになれば、歴史観点からも、普通に歓迎するはずだし、妨害するとか、ほかの国にネガティブな根回しをするといったことをするのは、異常である。

だいたいにおいて、強制収容されたという証拠も、書類も何もないのに、外相クラスの人間までもが「嘘の歴史」をさも本当に起こったかのように喧伝しているのである。それはまさに「わたしの証言が絶対」と言い張る従軍売春婦の言い分と同じである(絶対、なはずの証言がぶれまくっている件wwww)。

ことほど左様に、かの国がかかわってくるとろくなことが起こらない。スポーツでも、対戦相手になったとしたら、 勝っても負けても誹謗中傷、大会の主催地だったとしたら、適当な運営にトラブル続き。アウェー感満載の応援風景に、「風」まで味方する体育館を作り上げてしまう。知れば知るほど嫌いになる…それが「Kの国の法則」でもある。

そして、そんなに日本が嫌いであるはずなのに、コバンザメよろしく、居座り、たかり続けているのが在日、と言われる種族である。もちろん60万と言われる全員がそんなメンタルでいるはずもないが、DNAは争えないものだ。そんな彼らにとって日本が安住の地で無くなる"かも"しれないときが後数日後に迫っている。
→7月9日でググってみると出るわ出るわwww うまくまとまっているのがこちら

このブログ自体は、別に嫌韓をあおるものでも何でもない。むしろ、事実を述べただけにすぎない。

ただ、そんな直近のイベントごとより、8/31が気になってきている小生がいる。

そう。ダイエーからの直営店の分割"統治"が実施される前日だからである。今まで全国チェーンを標榜していたはずのダイエーの、ここまでの没落を、鬼籍に入ったCEOであっても予測不可能だったはず。会社の栄枯盛衰は世の習いとはいっても、「中の人」的には非常に複雑な心境でいる。
人生の5周目に入る誕生日はその2日前。いろいろと思うところありそうな8月を迎えることになりそうである。
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ