多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

安倍晋三

アベガーの行く末を案じる52歳最後の日

ちょっとだけ、私が「いやな予感」を抱いていたのは偽らざる事実だ。
2週連続の病院訪問。ただ検査結果を聞きに行くだけなら、秘書官あたりで十分だ。深刻なものでなければ……。
だから、というわけではないが、ちょびっとばかり、売りで入っていたFXは、綺麗に大幅プラスをもたらしてくれた。そう。木曜日深夜のドル円のV字回復とそれにつられた買いにのせられた人たちを手玉にとれたのだ。(ちなみに、午後イチで付けた106.94円を頭にあっという間に106円割れ。105.20まで実に1円70銭のくだりっぱなし。)

まあ、成功体験をここでひけらかすのが目的ではない。
任期を全うできるかどうかが8/17の時点で怪しくなった、という予想ができていた識者(政界内部含めて) がどの程度いただろうか?それどころかやめろコールを日夜激しくしているパヨク界隈は、意外なほどに静かだった。
それはここまでの結末を予想できていなかったからだ。まさに政治は一寸先は闇。
でも、辞めさせることに傾注している界隈は、いざ辞めるとなると、恨み節とも「やめないで~~」とも取れるヘンテコな叫びをツイッターにあげている。
→その最たるものが、高校に風評被害を与え続けている芸人のこのつぶやき
要約すると、「("´_ゝ`)フーン」と無関心を装っているようで、攻撃相手がフィールドから急に去ることに戸惑いを隠しきれていない様子がうかがえる。飯の種(ちやほやしてくれるお仲間と、バカにするネトウヨとのバトルが見れるんだもの、面白いに決まっている)が居なくなるんだからそうなる。
普通なら「#安倍辞めろ」までやってきた張本人なのだから、どういう結末であれ本懐を遂げたんだから大喜びするのが筋だ。私だって、今の野盗のトンデモ野郎が辞任するか、失職したらやんやの喝さいを浴びせるところだ。ところがそれがない。本文では「喜びも感慨もない」となっている。攻撃対象が姿を消すとどうなるのか……いみじくもこの芸人はその心情を露呈してしまったようだ。

口汚く安倍辞めろ!!と言い募っていたアベガーパヨクたちは、両手でも足りないくらい思い浮かぶ。彼らは「アベ憎し」が行動原理になってしまっている。アベが居なくなった後の世界を思い浮かべられないかわいそうな人たちなのだ。
任期を全うできなくて、むしろよかったのかもしれない。だってあと1年近くアベガーを言い続けないといけなかったんだから。
次が誰になるか、で彼らの言質がどう変わるのか、目が離せない。

「うちで踊ろう」問題は致命傷になるぜ

この動画が物議をかもしている。
あえて原版ではなく、解説動画を載せさせていただく。


この方……「世相のうっぷん晴らしチャンネル」さんの解説は、実に的を得ているし、当方の考え方と一緒である。
→うまく事象をとらえているし「アベのせいではないけど、安倍(とその取り巻き)の失策」ときっちり論破していらしゃるのだ。よかったらフォローしたってくださいませ。

この方が言っていることがそのまますぎて、私の出る幕はなくなってしまった感は強いのだが、こういうポカを時々安倍晋三一派はやらかす。それでも、支持率がそこそこあったのは、経済に対する手当て・政策がそれほど失敗しているわけではないからだ。
ところが、この、コロナウィルスが発生してからのすべての政策や指針には疑問符が次々に起こってしまう。全員に給付するのが手っ取り早いのに、条件を付けた30万円給付にするし、雇い止めに対する対策もあとになって政府の保証額を引き上げる「最初からしとけよ」状態。緊急事態宣言をしたら、お金に困る人も続出するのに、自分だけは優雅に過ごしてまーす♪アピール。僕自身はPCR検査にはかなり否定的なんだけど、政府が推奨しない理由をメッセージとして出すことはしていない。
厚生/財務/経済再生と、省庁間がせめぎ合う状況になっているから、柔軟に対応できないし、スピードも遅くなってしまう。そのうちに、コロナで死ぬ人より、経済で死ぬ人の方が増えることは間違いない。今日は生き延びれたけれども明日はどうなるかわからない状況の中で、自分だけいくら休日とは言っても寛がれてしまっては、怨嗟の声の方が大きくなってしまう、ひいては政治不信、政権不信に到達するのはあっという間だと断言する。実際、明日からのワイドショーは、この動画をしつこいくらいに取り上げ、「アベがこれでは」「緊張感無さ過ぎ」「ほかにやることあるだろ」といった批判一色に塗りつぶされるだろう。

麻生政権は、「漢字の読み間違え」「カップ麺の価格」で命脈が絶たれた。直近の政権交代といえる野田政権は「消費増税」が致命傷だった。7年近くの長期政権となった安倍政権が、よもや「動画投稿」でフィニッシュを迎える原因になったら、それはそれでエポックメーキングな出来事だろう。今回の動画投稿(星野源とのコラボという形ではあるが)が、安倍政権の終わりの始まりを告げたのではないか、とひそかに思っている。
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ