多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

宮崎駿

僕たちはそんなことをいう君に投資してきたわけではない

完全に怒り心頭に発した状態になってしまっている小生がいる。

すでにブログにもしたためているので、ご存じの方も多かろうが、東日本大震災に絡んで、脱原発を言い始めたあたりから、いやぁな空気を感じ取っていた。
そして、2013年。自身の引退作となる、「風立ちぬ」に絡んで投稿したコラムで、こんなことを言い出している。
こちらの記事がそれ。ちなみに、アーカイブ等で残っているかもしれないが、当の本人の文章を読むと、かなり胸糞が悪くなるので要注意である。

そして、当方の「決別宣言」。
http://matsukiyo.blog.jp/archives/51983109.htmlこのことをもって、彼を一アニメーション作家ではなく、一左翼活動家と呼ぶことに決めている(多分に苗字+氏で呼ぶことももうないだろう)。

その活動家氏。腐っても一映像作家である。外国特派員協会(これがまた、マスコミの巣窟=ヒダリマキがウヨウヨ、ならぬサヨサヨwww)での記者会見で言いたい放題を繰り広げたのだ。
ニュースソースはこちら。

だいたいにおいて、政治に首を突っ込むとろくなことがないことぐらい、このくらいの年になったら気が付きそうなものである。もちろん、自発的にあれやこれやと放言しまくっているので確信犯なのは疑いようがない。
彼自身は、国際社会の中での日本の立ち位置を理解せず、9条をはじめとする憲法がある限り戦争に巻き込まれることはない/それを変えようとしているのは愚劣である、という固定観念でしか物事を見ていないという、浅薄ぶりを露呈しているのである。

戦争は、相手がいないとできないことぐらい知っているはずであり、好むと好まざるとにかかわらず、状況が戦争に向かわしめることもあり得る。今の中狂の混乱ぶりは、経済面だけで収まるとはとても思えず、内戦→外向きの戦争に発展する可能性は大きい。つまり、今までは憲法を変えなくてもすんでいた世界情勢だったが、そうも言っていられない、ということがわからない。今の首相を愚劣呼ばわりするあたりに、自身の理論が完璧であるかのように思わせる鼻持ちならない上から理論である。

今まで変えなくてすんでいたのは奇跡的でもあり、また、日本が牙を抜かれたままで居続けて、アメリカにべったりになってしまっている状況に、アメリカもうんざりしているとも考えられる。「もういい加減、おまえらで自立してくれよ(軍事的に)」というメッセージは何度となく官邸に伝えられていることだろう。
その前段階の「集団的自衛権」なわけだが、「グンコクシュギガー。グンカクガー」と言い出すブサヨがわいて出てくるのは当然の帰結。結果的にあぶりだされた格好となってしまった。

辺野古移設は、昨日今日に決まった出来事ではない。むしろ、停滞させてごめんなさい、とっとと工事を推進します、という方向性ではなく、また一からひっくり返そうとする。日米両方に喧嘩を売っている俺カッケー、と本人が思っているかどうかは別にして、本当に左翼脳の人は、前に進ませようとしないのが特技である。
以前にも書いたが、そんな政治的主張を朗々と述べてもらうために、作品を支持したり、劇場に足を運んできたわけではない。「お金返して」とまでは申し出さないが、日本に仇成す行為・言論を弄するのなら、もはやすべての評価は大きく見直さなくてはならない。

その意気や良し!これで決別できますわ

日本国に住み、日本国籍を持っていながら、日本国に反対する、行動をする…人はそれを「売国奴」と呼んだり、「反日日本人」と呼ばわることもある。

以前のこの人の文面で堪忍袋の緒が切れた小生。
タイトルにも表れてますわね。

これ以後、彼の物言いや、アニメーション作家にあるまじき『思想』を前面に押し出すところに嫌悪感を抱いていたのであるが、とうとう、こんなことにまで首を突っ込み始めた、というではないか!!
ライブドアニュースより

言っていることがこれまたすごい。

 『沖縄の人たちがそういう覚悟をするなら、支援するしかないと思いました』


ふーん、である。

沖縄の人たちの何を知っての上での『覚悟』なのだろうか?そもそも、辺野古移設反対を掲げているのは、プロ市民たちである(もちろん、環境保護団体系もいるだろうが、彼らにも「赤い血」が流れているであろうことは火を見るより明らか)。要するに、この老人は、移設させない=普天間に固定化すること の方が正義だとおっしゃっているのと同意義であり、もちろん、これは国の方針と異なっている。普天間から基地がなくなった方がより安全であるはずなのに、それが気に入らないとは、面白いことを言うものである。

ヒダリマキ脳におかされているであろうこの人。『覚悟』の意味もその本質も理解できずに、「国にたてつく、俺ってかっこいい」とばかりの、変なヒーロイズムで満たされてしまっているのだろうか。

いっそのこと、大江何某とか、坂本うんちゃらとかと肩を並べて、辺野古デビューしてもらいたいところである。それが彼にとっての晩節を汚すことになるとか、そういう「色」が付いた目で見られることになるとか、一切関係がないように『振り切って』しまわれたとみる。
あちら側に行ってしまわれた氏。これでかすかに残っていた薄皮一枚も切れてしまった。ご愁傷さま。

売国局VSサヨク脳www 勝つのはどっちだ?!

訃報に接するとき、残念な気持ちにさせられるのと同時に、その人が培ってきたものの大きさに心を奪われることが往々にしてある。

俳優・高倉 健(享年83)さんの訃報に接したときに抱いた、率直な感想はまさにそれである。
日本を代表する俳優でもあり、仕事に対して一切手抜きをしない姿勢というものにも、凄みを感じる。中国映画(単騎、千里を走る)やハリウッド(ブラック・レイン)でもその存在感をいかんなく発揮し、今回の訃報を受けて中国政府が公式に哀悼の意を表明するなど、まさに世界的な俳優であったといっても過言ではない。

その彼の一番のヒット作(もっとも観客を呼べた)が、「南極物語」である。フジテレビが全面的に映画に進出するきっかけになった作品でもあり、実際の大雪原でのロケーションなど、3年余りを費やしての大作でもある(興行収入としては、110億で歴代7位/実写映画では2位。配給収入は59億円。以上wikipediaより)。

著名俳優が死去すると追悼企画として、出演作とかが再放送されるわけだが、今回、フジテレビは、一番のヒット作を放送することにした。フジの本気度がうかがい知れるところでもある。
それでも、当方は、「幸福の黄色いハンカチ」とか「鉄道員」とかがよかったんじゃねーの?とか考えていたのだが、この記事を書く直前になって、ラテ欄を見て「あーーーーー」となったのである。

そう。裏の金ロ枠で「千と千尋の神隠し」をやっているではないか!!歴代観客動員/興行収入第一位の、押しも押されぬトップ映画である。相手がこれでは、南極物語にせざるを得ないな。フジの編成局員でなくったって、そう思うに違いない。
ちなみに、当方は、この映画を境に、宮崎シンパでなくなっている。それどころか、彼のいろいろな思想的な部分を知るにつれて、むしろアンチに転向したといってもいいくらいである。
→当方の変貌ぶりを知る記事も挙げている。こちら
この作品は、ぎりぎり老害的な薫りを漂わせない、しかし、言いたいことが何だったのかがわかりづらい作品であったといわざるを得ない。これで日本映画No.1なのである。

千尋の頑張りが制するか、それとも、タロ・ジロの感動が勝るのか…勝敗の行方が気になって仕方ないところである。
(蛇足:なんでも千と千尋はノーカット放送らしいのだが、今回は録画対象としなかった。もう見直すこともないだろうし、だらだらとした後半は見るのも苦痛である。)
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ