多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

山賢人

2019.4.22 素材をうまく料理 「キングダム」鑑賞記

邦画のビッグバジェット作は、そうそうお目にかかれるものではない。いわゆるスイーツ映画の場合、よう使って数億円、10億以上なら完全に赤字覚悟である。
であるから、壮大な歴史ロマンを感じる、そして中国の成り立ちにもかかわる、最初の統一国家・秦の誕生物語でもある「キングダム」が、中国ロケも含めて、そこそこの予算でもって製作されたことは日本映画界にとっても、またそれを見てもらいたいと思う中国の興行界にしても、一つの転換点ともみられるのである。
一人の奴隷の青年が、みるみる武功を上げて成長していくさまを描いた漫画「キングダム」は、すでに既刊50巻オーバー。だが、今回の実写版は、秦国王・政との出会いから王都奪還までを描いたにとどまっている。分量からしても1/10程度。主人公・信の成長物語の端緒としてはこんなものなのかもしれない。

というわけでストーリーは、皆様ご存知の通り。漂と信という二人の奴隷の少年が抱く夢は「天下の大将軍」。だが、漂はなぜか王宮に"スカウト"される。その先で待っていた、漂の運命が、信を更なる高みへと連れていくことになる。
漂が今わの際に託した布地に描かれた場所に行くと、そこには漂とうり二つの人物が。彼こそが秦の国王である政その人だった。刺客を排除した信だったが、目の前の政をどうすべきか測りかねていた。そこへもう一人の従者である河了貂が現れる。かくして3人の逃避行が始まる。
落ち合う場所で腹心である昌文君と出会える一行。ここで「山の民」との共闘が議論される。山の民の城での政の一大演説は、昨今の情勢をも反映したものではないか、とさえ思う。「遺恨よりも未来」を問うた政の説得に山の民も動く。
かくして王都奪還が議論される。騎馬で王都に向かう彼ら。50名の手勢だけとはいいながら、すんなり王宮に入った一行の激しいバトルがそこに展開する。もちろん、いろいろなことはありこそすれ、政たちの勝利で終了する。このあたりの描写は、あまりに無理筋なのだが、そこは突っ込まないでおく。
異母兄弟のこぶしでの和解もあってラストシーン。いよいよ奴隷の青年からの飛躍が誓われるところで終幕となる。

得点は96点とかなりの高評価である。
実は、この作品に限らず、「また○○」という、キャスティングに異を唱える人たちが意外と多くいたりする。今作の主役たる、山賢人にしても、「いや、これってプロデューサーが連れてきたから」と監督が暴露するなど、「この人を使っておけば安心」という固定化された観念も意識してのことだと思う。
だが、それこそもういい歳したオッサンが相も変わらず学生服来ているわけではあるまいし、いい加減「また山」なんて言う見方は止めた方がいいと思ったりしている。それは私自身が、「羊と鋼の森」で見た彼が、一皮むけた、新境地に至っていることに気が付いたからである。
もう彼がスイーツ映画の常連に戻ることは考えにくい。俳優としてのキャリアを積むべき時期にあって、この作品と出会えたのは「運命」のような気さえする。ただただ怒ってばかり、口も悪いし態度も不遜。しかしそういう一本調子の役をぶれずに演じるってほかの作品とは違う側面がある。テンションの保ち方が実に難しいと感じるのだ。なので「上手い」とは感じないのだが「凄い」とは感じられるのだ。セリフが今様になっているところはご愛敬であるとはいえ、そう言う芝居ができるようになったということなのだ。
脇を固める俳優陣の中で、MVPを上げるとするならば、一にも二にも王騎役の大沢たかおを推す。彼の怪演は、漫画の王騎の設定そのまま。ゆっくりとした少し艶っぽい口調や、矛を振り回しての一網打尽だとか、ほかのきっちり芝居している人たちを見事に喰ってくれた。そして長澤まさみ嬢の妖艶ながら、一糸乱れぬ殺陣は、本作のアクションシーンの中でも傑出の出来であると断言する。
壮大な原作のとっかかりだけ。それでここまで予算もかけ、大々的にPRもしている。東宝実写陣の並々ならぬ意欲は買うし、一か月で即終了、というレベルで終わりそうもない。「コナン」といい、今年のGWは、劇場がかなりの活況を呈しそうである。


2018.6.20 間違いなく「私の一本」になった 羊と鋼の森 2回目鑑賞記

今更だが、当該映画の予告編を張っておく。


このラストの殺し文句をここで再掲させてもらう。

「きっと、あなたの生涯の一本になる」

一度だけ劇場で見た予告編。「君の膵臓を食べたい」の予告編と同様の名作臭をありありと感じさせる。多分だが、「キミスイ」と本映画の予告を作った人、少なくともコピーを考えた人は同一人物ではないか、と思う。それだけ、このコピーは秀逸だし「どれ、そこまで言うなら見てやろうやない」と思わせるのに十分である。

私は、実はこの作品、「君の名は。」三葉役で一気に興行界にその人ありと認められた上白石萌音嬢(劇中では、佐倉和音(かずね)役)の芝居を見たいというのが最大の動機だった。事務所(東宝芸能)の方針か、テレビドラマにはほとんど顔を出さない上白石姉妹。東宝の箱入り娘化させるつもりなのだろうか、今年は「未来のミライ」で妹たる萌歌嬢が吹き替えに挑戦するという。
そんなかなりハードルを上げたコピーの作品がトンデモだったらどうしてくれよう・・・「キミスイ」や「かぞくへ」あたりで邦画の実力やこれまでの認識を改めさせられたから大丈夫だとは思うが…

そして初見で、当方の映画評で初めての100点をたたき出す(ちなみに「君の名は。」は、99点)。いや、もっと上げてもいいくらいだ。それくらいこの映画にはありとあらゆるものが詰まっている。

西宮OS3本目は、この作品にすると当初から決めていた。あの、犯罪者一味の映画には最大箱が充当されているのに最小箱に近い場所があてがわれる。しかし、観客はひきも切らない。レディースデイだったことが奏功して女性陣が次から次に。100人足らずの箱だったが、半数はきっちり座ってくる。

2回目になった当作品だったが、確認するべきところは山ほどあった。特に「本当に吉行和子はしゃべらなかったのか」はかなり衝撃で、「ホンマカイナ」と思っていた部分だったが、食卓のシーン、飛びだした高校時代の外村を迎えに椅子に座っているシーン。この2カ所が生きている出演シーン(あとは死体のシーンだけ)であり本当にセリフは一言もなかった。
はじめての外村の担当。引きこもりの男性宅でのシーンは、彼がピアノ弾き始めたら、今回も感極まってしまう。14年のブランクが、演奏にも表れているちょっとへたくそなタッチであるとかも、しっかり表現できている。そこが本当にすごいのだ。
調律師のストイックさ。それがあの映像だけで伝わってくる。マジで「あなたの、生涯の一本になる」とは思っても見なかった。


2018.6.11 羊と鋼の森 鑑賞記 ※読んだら観に行くことww

予告編で「良作臭」を感じ取れた作品を見た時の当方の打率はかなり高いと思っている。「キミスイ」などは浜辺嬢の熱演をあの短い予告編で感じ取れたし、「さよ朝」も、音楽面や岡田氏と言うスタッフ側面がありこそすれ、そこまでの感動作とは、というのが実際である。

そして、5月中旬ころに、一度だけ「羊と鋼の森」の予告編を見る。山賢人に上白石姉妹、三浦友和に鈴木亮平と、そこそこにビッグネームが名を連ねる。ピアノの調律師の話で原作は「本屋大賞」をとっている。「君の名は。」三葉役の上白石萌音嬢が実体で動く初めてのスクリーンでの拝見。そして何よりも、ピアノ関連にあの盲目のピアニスト・辻井伸行氏が関わり、エンディングは久石譲氏(音楽そのものは別人がクレジットされていた)。音楽映画になることは必至だったので、これは、という思いを強くする。

幼少期の思い出話になるのだが、当方の実家には、生まれた時からアップライトピアノが、姉が芸大で音楽を専攻するようになるころには分不相応ながらグランドピアノが一室に鎮座していた。当然、使う使わないにかかわらず調律という作業は必要になってくる。彼らの仕事が正確無比であったかどうかなどは今からでは振り返ることもままならないのだが、そういうわけで、調律師とピアノに青春をささげる姉妹の話は、私にもすんなりと受け入れられる素地があった。

暗い高校生活を終わらせようとした外村の元に現れる、ピアノ調律師の板鳥。彼の仕事ぶりに引かれていく外村。それを仕事にしようと板鳥の経営する楽器店に弟子入り同然で就職する。
彼のトレーナー役になったのは柳という先輩調律師。某大河では南の地で孤軍奮闘頑張っている鈴木亮平だが、この作品自体が北海道・旭川周辺が舞台。もちろん、クランクアップ後に大河に入っているだろうなので、あのような恰幅の良さはこの作品では披露していない。
いくつかの得意先に柳と同行して技や技術を会得していく外村。そんな彼らが訪れたのが佐倉家。ピアノ大好きの姉妹がいる御宅だった。けして美人ではない上白石姉妹だが、ピアノの前に座ると豹変するから面白い。役者であると思い知らされるシーンである。
独り立ちを勧められ最初に訪れた御宅は、引きこもりの男性がいる家。だが、この作品の最大の鑑賞ポイントを持ってくる。
そう。外村が言う営業セリフ以外、何も言葉が紡がれないのだ。あるのは、調律の終わったピアノを弾く男性の生き生きとした表情だけ。ピアノの間から出てきた、その男性の幼少期のトロフィーを持った写真で「そこそこの腕の持ち主」だとわかり、それでも14年間ピアノに触っていないことを調律記録から探り、影をまといほこりまみれだったアップライトを光り輝く仕上げで男性を迎え入れるシーン。まさに映像表現だけでこの間の男性の今まで(両親がどうして亡くなったのかの言及はないが)を想起させて見せたのである。
子ども時代の男性がピアノを弾くシーン。私は思わずスクリーンを指さす。こんな演出を持ってこられたら、私はどうすればいいのか…グジョグジョではないものの、あまりの出来事にじわわっと出てくる涙を止めることができなかった。そしてその瞬間、外村はこの仕事の重要性を悟ったのだと思った。
あらすじばかり書くと鑑賞の妨げになるのでここらで止めておくが、まずこの中盤のシーンは一つの山であり、感動もできるシーンであるとだけ言っておく。

それから佐倉姉妹の異変や、それに伴う自信喪失、祖母の死、職場への復帰や柳の結婚など、外村を取り巻く環境が矢継ぎ早に変わっていく。
最後は二次会パーティーのピアノはどうあるべきか、を外村が自分で答えを見つけ出し、「一人前」になれたと周囲らに納得させ、コンサートチューナーを目指すと言うところで終幕となる。

先に得点を発表する。見事100点である。
正直言って、途中に貼られた伏線が回収される最終盤。それだけでもうお腹いっぱい。「リズ」「さよ朝」などと同様に、ピアノのソロだけで感動のあまり泣いてしまうほどの出来だった。
何より、セリフの無い芝居の多いこと。ドイツ人のコンサートチューナーを終える板鳥の元に現れる外村。辞めるといって飛び出した際においていったハンドルを板鳥からつき出され、それを受け取る。去り際の板鳥も、ハンドルを抱える外村も、一切言葉を発しない。このシークエンス自体がほとんどセリフがないのだが、それだけですべてが伝わるのだ。
ああ、なんという「無言の重さ」よ。その最たるものは、外村の祖母役として出演していた吉行和子である。今までの映画で、出演したらなにがしかのセリフがあるのが当たり前の興行界にあって、吉行クラスに「一言もしゃべらせない」という大胆にもほどがある演出をやってのけたのである。これには度肝を抜かれた。
もちろん、先述したように「無言の重さ」…多くを語らずとも、外村を見守っている、唯一の理解者という書かれ方も納得がいくし、そこでの語りが余計なドラマを生み出しかねない。映像を見せることに傾注した監督の思いがひしひしと伝わってくる。

調律という仕事のストイックさ。それが伝わるからこそ、この映画は見てよかったといえるし、かなりの衝撃を持って迎えられた。興行という面で言えば、4日目/夕方回であるにもかかわらず、10名足らずというびっくりするほどの入りの悪さ。多分に犯罪者一家(血がつながっていないから連中でいいか…)を描いた映画にすべてを持っていかれているのだろうと思うが、この映画に悪人はだれ一人登場していない。こんな芸術的な作品があまりに入っていないのは「きみの声をとどけたい」がさっぱりなままで埋もれてしまったのに等しい。

なので、ぜひとも見ていただきたいのである。この作品の肝、というものは、あちこちにちりばめてある。それを探るべく、もう一回くらいは動員を積んでみたいとさえ思っている。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ