多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

店舗

2016.9.13-15 首都圏ダイエー店舗コンプリート(番外編その2) BA江東大島団地店


にほんブログ村

自信満々の分析が外れる…凹まないわけがない。

ダイエーを中心として考えた時に、3桁店コードは直営店であり、4桁店コードはグループ企業に付与されている。ビッグエーの6000番台の店コードが、会社独自のものなのか、ダイエーのシステム上のものなのかは判別しにくいところだが(仮に独自とするならば、あえて4桁にする必要がない/今で200店舗越えくらいなので、3桁/せいぜい1000/2000番台なら理解できるが…)、ダイエーの物流システムに乗っかっている風にも見せていない(段ボールに直打ちしている、エフ代わりの店コード記載だけで終わらせているところに、シールレス/たぶん伝票だけで完結しているシステムにしている=独自システムと判断できる)ところが話を見えにくくしている。

ごちゃごちゃいっても始まらない。内部通でないだけに憶測・推論で物事を結論付けるには、あまりにデータ量が少なすぎる。
本郷台を終わらせて、根岸線・関内駅に。ダイビング系量販店の本店に立ち寄った後に、横浜まで出て、総武快速線→馬喰町まで。今度は、大島駅からのアプローチを試みる。
徒歩5分余り。昭和の風情漂うダイエー大島店(0257)が見えてくる。

だが、大本命はここではない。華麗にスルーして(と言っても即座に立ち寄るわけだが)、目指すBA江東大島団地店へ。
ビッグエーに転換していなかったら、というより、今回の店舗訪問時期が少しでもずれていたら、直営店時点での雄姿を納められていたはずだったが、前回大島店に訪問したのは、2014年の8月。そう。GC関東の合流がアナウンスされる前のことだったのである。→当時のブログ記事がこちら。
存在自体は知っていたし、ご存知マックロード氏も訪問されている店舗。遅ればせながらの訪問と相成った。

BA江東大島団地


さて、血眼になって店コードを…もう探す必要はなくなっていた。
なんとなれば、本郷台に寄った時のレシートの最下部に店番号が印字されていたからである。
そりゃぁ、独力で探すことを辞めるわけではないし、すでに"見つけ方"はわかったのでそれを想いとどめておいて、レシートで答え合わせ、がちょっと面白かったりする。

それにしても激安なうえに、見切りパンがこれまた強烈。税抜この価格で売り出せることの恐ろしさをまたしても体感する。

閉鎖がニュースになる…一つの時代の終焉なのか

スーパーマーケットは、その黎明期、「スーッと現れて、パーッと消える」と揶揄されるほど、参入が相次ぎ、その多くが淘汰されて現在に至っている。
現在巨大チェーンとして生き残っているイオンにしたところで、母体はジャスコ。そのジャスコも、岡田屋や兵庫のフタギなどが合流してできた会社である。
由緒正しき一代で続いているのは、今やイトーヨーカドーくらいではないかと思うのだが、1975年、碑文谷店が登場したときには、ダイエーが流通業界を牛耳ってしまうのではないか、というくらいの勢いがあった。

関西発祥のチェーンストアでまともに営業できているのは、SM系ばかりになってしまっている。ぎりぎり、イズミヤが何とか生きながらえているとは言うものの、こことて、安閑としてられない状況もある。

そんななか、イオンリテールに異動しながらダイエー名義として営業を続けていた碑文谷店が、屋号ともども完全閉店することになったわけだが、全国ニュースになるほどの驚きを持って受け入れられている。
→ほぼ全キー局が取材に訪れたとみられ、リンクのヤフーニュースは、ANN(テレ朝系)のニュース映像を使っている  映像はこちら。

こんなことを言ってはナンだが、営業終了するからと言って、いちいちニュースにするほど、ネタがないのか、と思ってしまったほどである。当時としては、ダイエーという企業からしても一大チャレンジに等しい巨大店舗であったわけであり、最盛期には200億近くも売っていた店舗でもあった。
確かに当方のようなシンパからすると、寂寥感を禁じ得ないわけだが、単なる一消費者にしてみれば、「店舗が姿を消す」ことそのものがニュースになることに違和感を感じている人の方が多いのではないだろうか…


私自体が何かを創業したとかそういうことがないので、実感がわかない部分もあるのだが、創業者でもあるCEOがもしご存命でこの報を聞かれたら、どんな顔をするのだろうか、と思わずにはいられない。身ぐるみはがされていくさまを指をくわえてみている気性ではないだけに、その結末に至るまでに何らかの手は打っただろうし、とにかく悪あがきはしたであろうと思われる。
流通業界の礎を作り、一大グループにまで育て上げたカリスマ・中内氏。その象徴ともいえる店舗の営業終了は、ダイエーという企業の終わりの始まりを象徴しているかのようである。
碑文谷店

この中に一人(店)っ…ってどこだよww

ちょっと前にこんな記事を書いた。

「181」店舗…これでどう戦えと? 当方のブログ記事

そして、その記事の中で、今年2/20現在のダイエーの店舗勢力は184店であり、2店のずれが発覚したので精査したら…という内容がしたためてある。
そして「実はもう一店舗は、今のところどこかわからないというのが実情である。」(記事より抜粋)という風に記載していた。

実際、182店舗すべての店舗情報にアクセスするのもどうかと思い、3/1時点で発覚したらそれでいいや、となって、この記事を書いている時点まで放置していたのである。

そして迎えた3月3日。おお、お雛祭りの日ではないか。まあ、そんなことはともかく・・・
ダイエーの店舗情報ページにアクセス。各県ごとのトータル店舗を足し合わせて現有店舗を確認したところ…

    182店舗。

となったのである(内訳/神奈川22店・千葉7店・東京46店・埼玉9店:大阪45店・兵庫35店・京都10店・奈良1店・和歌山7店)

そうなってくると、堂々と書いてある「181店舗」との差異が気になるところである。(☆凸案件が出てきましたので、本社問い合わせは近々したいと思います)
当方の推察では、「衣料品しか扱わない、ヒカリ屋京都店(0842)では扱いがないのでは」と考えているのだが、もしかすると、4月くらいに閉鎖店舗があって、そこは取り扱わないのかも、と思っていたりする。
閉鎖店に関するアナウンスは、ここ最近全くしていないダイエー。気が付いたら閉鎖、は、いくらなんでも、ウォッチャー泣かせである。
ともあれ、当方のデータベースと現有店舗の数が久しぶりに合致した。あとは、未訪問37店舗を踏破するだけになってしまった(内訳/東京17店(関東の他県はすべてコンプリート):大阪8店・京都4店・奈良1店・和歌山7店:兵庫はコンプリート)。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ