多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

応援上映

2019.9.15 参加不可避 「天気の子」応援上映鑑賞記

個人的には15回目。単独鑑賞回数・2位作品となった「天気の子」。
もちろん連続鑑賞記録も継続できるわけであり、ましてや発声可能、応援上映となるとガチ勢が集合し、その一種顔見せ的なイベントが催されるのでは、とは考えていた。

だが、当方は少しだけ逡巡する。昼イベントに参加後の懇親会と天秤にかけなくてはいけなかったからだ。本来ならばあとから降ってわいた応援上映。とはいえ、「大事なものの順番を、入れ替えられなくなるんだよな」(須賀談 p.186)ではいけない。キャンセル自体はそう難しい話ではなかったが、自分から行くと言い出している手前、バツが悪いのも仕方なかった。

昼イベントは、奇跡的にオンタイムで終了。普通、時間が押して、伸びることが多いはずなのだが(スピーチとかが大半を占めたので、絶対終わるわきゃないと思ってた)、そのタイムスケジュールは、大いに見習うべきところだろう。
電車に揺られること小一時間。久しぶりの大阪駅に降り立つ。そこから現場であるTOHO梅田までは徒歩5分程度。その前に、少しだけ腹ごしらえ。駅そばで小腹を満たす。
既に広島の有名フォロワー氏はスタンバイをしていた。筋肉ムキムキなうえに陽菜パーカー。この恐るべきミスマッチに笑いを禁じえない。だが、本当の衝撃はここからだった。
実は劇場に上がるエレベーターに乗り込む際、混雑を避けて先に行かせた籠の中に「なんか、妙に既視感のある」人物が載っているのをちらっと見てしまったのだ。
「ま、まさか」
自分が次の籠に乗り込み、遅れて劇場に入ると、その疑念はすべて明らかになった。
ライトながら、その再現率が半端ないコスプレ集団だった。そして私の既視感があるといっていたのはRADWIMPSの主柱・野田洋次郎その人だった。しかも、かなり寄せている陽菜(もちろんパーカー着用)、帆高似の青年もいる。さすがに凪/てるてるはいなかったが、なかなかの再現力だった。劇場のロビーがちょっとした撮影会場と化す。
実はほかの会場では、コスプレまでして見に来ている、という報告はほぼ聞かれていない。つまり、梅田だけは、間違っている人も含めてw形から入っていく人もいたということだろう。

2番にはいる。480席。最終入れ込みは3割強という「せめて200は来いよ」状態。だが人がいないということは、声が通る。自身の着席するC列から後ろを見渡し、ステージと化す箱をぐるりと見渡し、感触を確かめる。
ちなみに前方列は集団を形成せず、A/C/D/Eくらいまではきれいにど真ん中の16が埋まっていた。「ははーん、演じる部隊はこのあたりに陣取るのか」。ワイワイ見る層は後ろにスタンバっている感じだったが、位置的にはこんなところだっただろう。

さて本編に入る……前の映画泥棒から、手拍子が入る。これがいわゆるエンジンあたための効果を醸し出す。そして「天気の子 応援上映」の留め画が挿入され、館内が拍手喝采に彩られる。東宝のロゴ、STORYロゴもすんなり。CWFあたりは静かに流れたが、陽菜初登場で拍手。オープニングロゴでもかなりの拍手。
そこからしばらくは帆高の初登場シーンや須賀の登場で拍手も起こる。
「バーニラバニラ」は意外にも歌う人少なめでびっくり。「どん兵衛のキツネ食べてても」は実質私だけじゃなかったかな?「おお、歌あるやん」となって慌てて歌い出したのだが、新宿あたりは網羅していたんだろうな。
アメ登場はマジでかわいい。もちろん私も声に出す。「ニャー」www
マクドシーンは、かなり盛り上がった。制服姿の陽菜ちゃんも何気にカワイイ。
凪/アヤネ・カナシーンは「カワイイ―」や「センパーイ」が入り乱れる。もちろん夏美・帆高の初絡みも爆笑に包まれる。
占い師場面では演じる声優に対する掛け声が飛ぶのだが、まあ、本編とはかかわりないのでどうなのか、と。それでもここを越えると最初の歌唱シーンだ。
「風がぼくらの前で急に舵を切ったの感じた午後」〜〜〜。「風たちの声」の最重要課題は、どんどん音程が上がって行くところ。しかも最後の小節はかなりまくしたてた歌詞になっている。ここはかなり苦心したが、館内は、前半は歌えても、後半になるにしたがって声が小さくなる中、当方は張った声量を落とさず歌いきる。

そして、突っ込みいれ放題の帆高の工作物一覧。傘にてるてる。誰かも書いていたが、あれだけ完全な球体を作り、しかもかなりの強度を持たせてあるとは。帆高、なかなかのものだ。
お台場の晴れのシーンは、晴れていくにしたがって場内が歓喜の拍手に包まれる。そして当方も「やったー」を発声させてもらいつつ、「祝祭」の準備に入る。
とはいえ、ここはセリフも絡み、実際には突っ込みを入れたいところでもあったのだが、当方は歌唱に専念。これはほぼ手の内に入っていることもあり、難なく超える。ここから「愛にできることはまだあるかい」まで歌はないのがなんともはや……

不思議と今まで泣ける場所であったはずの神宮外苑花火大会とかで感情の発露がない。それは、多分内にこもらず、外に発散しているから、そうなるのではないかな、と思ったりしている。「しなくもなくもなくもなくも」はほぼ全員がつぶやいていた。
気象神社での神主の言葉を諳んじてみたりするなどして遊び、クライマックスに向けて準備する。

「あの人のところに……行かせてくれよ!」
銃声が響く。洋次郎の息遣いを感じて当方も歌い出す。セリフがかぶってくるが、お構いなしにボルテージを上げていく。
「愛―にできるこーとはまーだあーるかーーーい」
最後の帆高の「どうか!!」と同時くらいに歌唱を止める。音を伸ばせるのが当方の持ち味なのだが、これができてかなり気持ちがよくなっている。
さあ、もう皆さんも温まっている。「グランドエスケープ」はこの作品の中でも歌いやすい名曲である。もちろん「夢にぼくらで帆を張って」からは、手拍子も入って館内は大きく盛り上がる。
そして曲タイトル上は、「ふたたびの、雨」(サウンドトラック29曲目)も歌いきって、当方のクライマックスに突入する。
レインボーブリッジの水没に対する突っ込みをだれもしない中で(みんな達観しているんだろうけどね)、それでも帆高がK&Aプランニング を去り、日常が映し出される中で当方は座りなおしまさに襟を正す。

この一曲のためにここに居る。これを歌いきることができて私は僥倖に浸れる。もうこんな機会は二度とないといってもいいだろう。それをものにできる。帆高と陽菜の再会を祝う意味からも、この曲で失敗は許されない。画面に集中する。今までなら、ピアノソロが入ってきた段階で感涙にむせんでいてもおかしくはない。少なくとももうスクリーンは正視できていない時間帯だ。それでも陽菜が祈る姿が入ってくる。
「せかいがー」
自分でも神がかったくらいのタイミングで歌い出しを決められた。もちろん声を張れる一オクターブ高めで決める。あとは上ずらないようにテンポを押さえながら歌唱する。
「くずーれそうなのは―きみーなのにーーー」
ここで危うく落涙しそうになるが画面上の彼らに負けまいとする当方。もちろん第2パートも難なくこなす。場内でも歌っている人はいただろうが、当方の声量が段違いで誰の歌声も聞こえない。声帯だけで歌うと当然のどがやられてしまうのだが、当方は腹式呼吸。だから伸ばせるところもきっちり伸ばせるのだ。
いよいよラスト。
「大丈夫になりたい 大丈夫になりたい 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての大丈夫に―」
ここは確かにしんどかった。少し上がるところはさすがにかすれ気味になったがそれでもパワーで押し切る。
「なーりたーい」
ラストは、自分で納得のいくまで伸ばし倒し、大きく深呼吸する。
歌いきった。私は絶対「大丈夫」は涙まみれになるだろうと思っていた。感情の発露なしで歌いきるなどできるわけない、と思っていたからだ。だが、やはり決意が上回ったのだろう。歌いきり、後奏が流れる中で少しだけ当方はぐずった。だが、これで終わりではない。最後の「愛にできることはまだあるかい」を歌わねばならないからだ。

そして私は少しだけ油断していた。
「何もない僕たちになぜ夢を見させたか」からの一連の歌詞のあたり。ここで少しだけ涙声になってしまう。ここだけはちょっとだけやらかしてしまった部分だった。
「愛にできることはまだあるよ 僕に出来ることはまだあるよ」
すべての歌唱を終える。場内は、拍手だけでなく「ありがとう」や「最高」といった掛け声がいつまでたっても鳴りやまない。もちろん拍手は30秒くらい続いていたと思っている。

こんな作品、そうそうないのではないだろうか?退出前に第二弾パンフレットも購入。フォロワー氏との歓談を終えて帰路についた。



2018.8.23-25 「キミコエ」応援上映鑑賞記 げ里Α突っ込む、そして泣く。

実は、応援上映系の、発声可能鑑賞は、当方は初めてである。
「映画は黙して、たまの感情の発露以外は音出し厳禁」なのがルールだと思っているので、この「突っ込み入れ放題、歌ってOK」なんて、素晴らしいことだと思わざるを得ない。
そもそも当方は、テレビなどの映像に対しても一人突っ込みを欠かさない。それこそ『思ったことを口に出す』ことを止めないできている。
それが巨大スクリーンに対峙してなお、その声だしが許される。黙って映画を見る層には難しい話だが、企画ものであり、主演のNOAの面々も見に来るという部分も大きいと思う。

さて、当方が一番期待していたのは「歌唱」の部分である。歌いたい曲はオープニングに当たる「本当の私になりたくて」と、「Wishes Come True」、ラストの「キボウノカケラ」の3曲であり、「優しい夜」や「Pure Song」までは考えていなかった。この二曲は、正直「聞く」曲だと思っていたからである。
だが、いきなりのタイトルロゴ。「東北新社、ありがとう」などという謎の掛け声がかかる。また、いきなりの拍手。場内が一気に混とん、無秩序に覆われる。序盤の落ち着いた場面ですら、あちこちから声がかかりまくる。仕方ないので、当方は、このストーリー中真っ先に顔を出した彼にちなんで、「鉄男さぁん」と声を出させてもらった。そこからは、しばらくセリフをいろいろと追いかける。「悪かったね、手ごたえ無くて…」とか「やばい、旨そう!」とか。あ、別にかえでが好きとかではないのでwwww
そしていよいよ「ころんじゃえばいいのに」のコトダマが浮かんだところでピアノソロ。もちろんスタンバる。

          「あなたは信じて―ますか―」

カラオケで培った、というか自然に会得していた腹式呼吸での歌声は、ほかに歌っている人がいたとしても当方の耳には入らない。おそらく声量が段違いだったのだろう。それはすべての楽曲で言えることでもあった。「本当の私になりたくて」は、結構歌詞が混濁する部分が多く、実際9割程度の正答率。よっぽどカエルさんとエンカウントしているときに「思いを声に出した瞬間にぃ」と歌ってやろうかと思ったが、そこは自重した。
かくして、当方の応援上映も幕を開けた。一曲歌ってもはや恥ずかしがることもない、いや、自分の中では、これほどの大箱を自身の声で振るわせられることに大いに感動していた。
そしてなぎさがレコードを設置したときに当方はにんまりとする。RECORDの文字がなぜか鏡文字になっている=劇場公開版を上映してくれていることを知ったからである。となると「あのシーン」は突っ込めるなw

時々合いの手を入れたり「おいおい」とか言ったり。そうこうするうち、ストーリーは進んで、あやめ=藍色仮面が出てきてさらに沸騰する場内。本人役の神戸嬢がひたすらに声を出しまくるのがここからである(ことあるごとに乙葉チン、と言いまくる定期ww)。
そして当方の中で歌唱に値するかどうかで迷った「優しい夜」。ここは逆に歌うと目立つか、と思い直し、これまた声量無視でガンガン歌う。ここは歌詞の再現度は9.5割にまで。「あ、歌えるものだね」となったし、この曲をレパートリー(歌詞見ずに歌えている)に入れているほどの猛者はいなかった、ということだろうか。なぜか拍手が起こったが、私に対する評価の拍手か?
そうなってくると「Pure Song」は、当方が歌手としての価値を見出しているみんひとの曲だけに、歌わずにはいられなくなる。周りでは、ペンライトも振られていたようだが、それとはお構いなしに当方は歌うことに専念する。ここも歌詞は9割越え。まあ、あれだけ耳コピーできているから、これくらいはできて当然である。まあ、それ以前に自信たっぷり、声量MAXで歌えていることに驚いた観客が多かったと思われる。
そして物語はクライマックス手前。かえでと夕との確執が表面化するシーンだ。「これから、賭けをするから」の直後に当方が発声する。

      「ON AIR」のロゴッッ

実は円盤でも修正されなかった稀有なシーンである。ここだけ、太めの文字なのだ。
なぎさと夕の最後のスタジオシーン。なぎさが出て行く際の「ケータイ!」が言える人は初級者。なぎさが泣き、濡れながらすれ違った日ノ電を見てこれが言えた人は私以外にいなかった。

      「前照灯っっ」

感動のシーンであり、本来なら気がつかなくても不思議ではない。ちなみに予告シーンで使われているので気になった方はそちらを参照してみるといい(上記2点、どちらも見られる)。
お寺の鐘がゴーンとなる。今までの元気な私はどこへやら、眉間を押さえて号泣に近い感情を発露させる。このなぎさの泣きのシーン。これがあるから、この作品を私は一生をかけて推せる。そんな破壊力のある作劇をできた片平美那嬢一世一代の芝居だったと断言できる。
そして当方はまたしても準備にかかる。そう。名曲を歌いきらなくてはいけないからだ。今回の応援上映に参加した最大の目的と言っても過言ではない。
「紫音ちゃんも歌ってね」
乙葉のひくキーボードのピアノソロ。ついにこのときがやってきた。この名曲をスクリーンを前にして歌うことができるのだ。感無量の面持ちで当方も滑りだす。
    
     「こーころのー、限りなん―ども―」

歌うこと、劇場を振るわせることに集中していたことが、感情の発露=泣きの感情を抑え込んでいる。もちろん手の内に入っているこの曲の歌詞で間違うわけにはいかない。だが、それはふいに訪れた。
「かみしめたい、Wishes Come True~~」
言霊がスクリーンいっぱいに広がる。トゥルーあたりが感動で震え声になる。ここから泣きの感情に支配されては後半グダグタになる。間奏の間に感情を立て直すことに成功し、2番を歌い始める。
いつもなら、顔面涙まみれ、鼻汁もだらだら出ていてもおかしくない通常鑑賞。だがこの日は感情を抑え込むことに成功し、号泣ポイントを結果的にスルーできた。それどころか、完全に吹っ切れた声量で歌う当方。周りの迷惑お構いなしで最後まできっちりと歌いきる。

紫音とみんなが合流するあのシーン。自然と拍手が出る。それは自身の歌唱に対する最大の褒め言葉でもあった。
そしていよいよエンディング。当然のように十八番級と化したこの曲はどうあれ間違えられない。きっちり歌い切り、応援上映を完遂する。

10回目。二桁鑑賞2タイトル目がこの作品、というのは偶然でも何でもない。それこそ、必然だったのだと思う。みんなで突っ込み、一人リサイタルのごとく歌い、あの屈指のシーンで涙にくれる。普通に見ても感動できる作品が、アトラクション的な要素を入れるだけで得も言われぬ感動を紡ぎ出すとは思いもよらなかった。

NOAが登壇して、さすがに私の歌声に言及あるかと思ったが、華麗にスルーwww意外に私以外にも歌えている人がいたからかもしれない。まあ歌手としては、ここまで歌える人を目の前にして、2曲披露しないといけないことに妙なプレッシャーをかけてしまったのか、と思わないでもない。
でも、2曲生歌を聞けて当方も満足。「まだまだこれからだな」と思わせるところが、2年前までシロートだった彼女たちの立ち位置を浮かび上がらせてくれていた。

   

2018.8.23-25 「キミコエ」応援上映鑑賞記 ついに時は来た!

午前8時半過ぎに「ワンカラ 秋葉原店」を出る。
残念ながら「初回会員登録時のHP見せての無料」サービスは華麗にスルーされてしまい、きっちり登録料とヘッドホン利用代が付加されていた。
朝っぱらから600円ごときでとやかく言うのも何なので、ここはぐっとこらえてHPにでも垂れ込むことにする。まあ、それもするかどうかは微妙なんだけどね。

事前に目をつけていた「小諸そば」に突撃、2枚もりを堪能する。ここのいいところはねぎ入れ放題なところ。それを済ませて秋葉原駅に向かう。土曜日で人だかり、ということで、なんかの発売日か、と思いきや、萌えスロ・パチ専門店の並びと判明。ウム。つくづく日本は平和だなあ、と思う。

アキバ→新橋からのゆりかもめ。ここでキャリーバッグをコインロッカーに収納し、少し身軽に。10時前のゆりかもめは意外なほどいっぱい。お台場海浜公園で下車し、アクアシティに向かう。
途中でマルエツお台場店によったりしながら、アクアシティに。以前「モニタリング!」で、スタントの達人が老人に化けて、スゴ技を披露したサーフデッキを確認しながら向かう。
劇場は珍しく1Fに。ここで早速フォロワー氏にばったり遭遇。買い物があると退出しようとして、これまた「キミコエ界の重鎮」のフォロワー氏とすれ違い。私もたいがい、東京に着いてからはつぶやいている&正装で向かうと宣言しているので、目立ってしょうがない、という側面もあるのか。

そして、これまたこの作品のキーパーソンの一人である脚本担当の石川氏ともエンカウント。がたいもしっかりしている氏のことゆえ、結構目立つのだ。そこへやってきたのは、キャラ原案担当の青木氏。いかにも日本人体形の氏ならでは。このお二方は、本当にどこのキミコエ関連の行事であっても出没するから、本当にすごい。

10時30分開場だったが、当方は10時45分ごろに入場。すでに60人くらいが着席している3番スクリーンは、はたせるかな、当方が鑑賞した当該作品の最大規模で見ることができる。
かくして、応援上映が、東北新社の担当氏の司会進行でスタートするのである。
花束
3番客席

3番スクリーン

livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ