多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

改装

2017.8.16 全国制覇再達成記念店舗訪問 (3)四条畷店

旧の片町線…学研都市線を西に向かって乗車する。
沿線には結構店舗も多いわけだが、そのいずれもが、駅から徒歩5分圏内。しかも、四条畷駅からは、本数も増えていく。忍ケ丘―四条畷の移動にさえ気を付けていれば、潤沢な本数が店舗訪問をたやすくする(とはいえ、データイムは、各停は15分間隔。野崎は各停しか停まらないので、ここは少しだけ時間のロスが発生したが)。

今回の訪問店舗の中では、「是が非でも」という衝動に駆られたのは、ここ四条畷店(0228)である。その理由は、ここもフードスタイルストア化されているからである。

自社持ちの建物であるからこそ、塔屋も、特徴的なデザインの外壁も、完全にFSS仕様。特に塔屋の押し出し感は一種異様ともいえる。

四条畷01

四条畷02

四条畷03

四条畷04


店舗内は、デリカコーナーを隔絶した扱いにしたことが、逆にそこでの賑わいを作ることができていて意外な効果を発揮している。
ほかの売り場は、キープコンセプトが売りのようであり、突出した企画だとか目を引く陳列とかには当たらなかったが、買い慣れた人には戸惑い無く受け入れてもらえただろう。
お盆中日でもこの賑わい。改装から約4か月(4/29がリニューアルオープン日だそうだ)。築年数の立った店舗でもなんとかやっていけることが証明されたことにもなる。

【店舗訪問データ】
 店舗名  四条畷店(フードスタイルストア化)  店コード   0228
 購入品  見切りチルドコーヒーほか2点           購入金額   269円

2017.5.3 大阪市営地下鉄沿線店舗訪問 FSS東三国店


にほんブログ村

本日最後の店舗周りは、意外にも直近で3度も訪れている東三国店(0807)である。

ワンフロアですべてが完結する、異例な店舗。なにより、改装前は、軽衣料などもおおっびろげに扱っており、ワンフロアならではと言える半面、食品の構成比率はやや少なめに見えた。
そこをドラスティックに改装。しかも、「Food Style Store」化しているというではないか!

そう思って、ダイエーのHPに飛んでみると、ここ最近、改装した店舗がほぼFSSを名乗っている。一番驚いたのは、今や最古参の部類に入るといっていい四条畷店(0228)のFSS化。これには肝を冷やした。
調べてみると、大阪の店舗で数軒FSSを名乗っている店舗がある(上記以外で上穂積/西中島)。多層階な四条畷の展開ぶりは注目してみたいところだ(ほかはどれもワンフロア)。

ともあれ、改装後の実力とやらを調べに行く。
惣菜がメインとなる、東側の入り口から入店。さっそくばら売りにご対面だが、ショーケースの中に入っていて、意外に衛生的に感じられた。ほかの店ではむき出しが当たり前。まあすぐに取り上げられる部分は否定しないが、安心安全を謳うならこれくらいの保護はあってもしかるべし。
パン売り場には、インストアベーカリーのパンも陳列しての多面展開。商品を知ってもらうことも重要だ。
ワイン系は今までのFSSの中では抑え気味。それでも生ハム・チーズなどの関連食材の手配に抜かりはない。

まあそれ以外は、ダイエーと何ら変わることのない品ぞろえ。
衣料などがなくなった分は、イートインに割かれているが、ここまで大規模に座席を設定する必要があったのか…金を生まないどころか、無料充電スポット化しかねない状況で、これが吉と出るとは考えにくい。

もちろん、神戸三宮(0622)ほど品ぞろえ重視で、も土台無理な話。まだ改装して日も浅いこともあり、手探り状態なのだろうと感じた。多店舗展開の始まったFSS。この新業態が定着するのか、見ものだ。
FSS東三国01

FSS東三国02


 訪問店舗データ
 店舗名   東三国店(フードスタイルストア改装)   店コード   0807
 購入品   パン2点ほか計4点             購入金額  449円

2017.1.31 住吉店惜別店舗訪問 10店舗目 神戸三宮店

今日は、GC住吉店(0634)の最終営業日。
地元と言っても過言ではない店舗の最終営業日に立ち会えるのは、願ってもないこと。

以前は、旧和歌山店(0342)の最終日に訪問したものの、閉店から3時間程度前のことで、それほど喧騒というものは感じられなかった。
その「閉店前の訪問記録」も塗り替えることができる願ってもないチャンス。と思いつつ、まずはもう間もなくオープンする三宮オーパ2の出来具合を確認しに神戸三宮店(0622)へ。

すると、メインの出入り口には足場がかかり、それを囲む保護版に恭しく、開店予定日などが掲げられている。
神戸三宮17013101


そして、はっと上を見上げると…
塔屋にも足場とシートがかかり、大規模な意匠替えを示唆している。
神戸三宮17013102

以前、「イオンフードスタイルストア」としてオープンするときに、この塔屋も変更する案が浮上していたという。
改装から2年経たずに、よもやの上部階の借り上げが実施されるとは、当時の計画にもなかったはずであり、そう考えると、拙速に塔屋を変えなくてよかった、という話にもなる。

ダイエーとして生き残るのは、3フロアだけ。たしかに上が埋まって、人の流れが変わるか、といわれると、いったん離れた顧客がいそいそ戻ってくるとは言い難い(ヤング/ミセスファッションがメインターゲットであり、男性・シニア層はほぼ切り捨てた格好)。早晩、テナントの見直しを迫られるのは目に見えている。
まあ、お手並み拝見、と言ったところである。

購入品は、住吉での大量購入を考えて、缶コーヒーと、ジャムパン一個。

 訪問店舗データ
 店舗名   神戸三宮店             店コード   0622
 購入品   缶コーヒーとジャムパン       購入金額    157円
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ