多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

政治資金規正法

辞めてもらわないと筋が通らないけど辞めてほしくない複雑な心境

映画ブログみたいになっても仕方ないので、別の内容の記事も書かせてもらう。
さて、野党議員の金絡みの醜聞は、ぶっちゃけ今に始まったことではない。もう例を上げるのもうっとおしくなるくらい、多すぎる。
ただ、今回の件は、額の大小はむしろ問題ではなく、影響力の大きい"ドン"クラスの大物議員の失策なので、本当であれば蜂の巣をつついたような騒ぎになっていないとおかしい。

そう。ネットや一部夕刊紙で話題になった辻元清美議員の寄付金疑惑(モリカケと違うところはもう疑惑ではなくホンモノだったということ)についてである。
相手は在日の弁護士。外国人の議員への寄付行為は政治資金規正法に触れる「犯罪」である。

舌鋒鋭く、与党議員の違法行為には攻撃の手を緩めなかった御仁だが、いざ自身の身に降りかかると、のらりくらり。同僚でもあり、同等の違反行為をして大臣の座を自ら辞した前なんとかさんの例を引かれても「私は辞めへんで(意訳)」と開き直る始末。

寄付行為そのものを問うているのではなく、相手を見極めて受け取れば済む話。どうせ外国人との認識がなかったとか、少額だから大勢に影響ないとか言ってかわしたいつもりだろうが、我々国民からしてみれば、大なり小なりこういった悪さをしているのでは、と思わせる野党議員の金の汚さが浮き彫りになることばかりである。
私にしたって、彼女が野党にいることで十分与党が引き立つので、止めてもらう必要はないと思っているし、与党を攻撃しようものなら返す刀でバッサリ切られるであろうことは本人も自覚しているだろう。今は嵐が過ぎ去るのを待つばかりでお口にチャックを決め込んでいることだろう。

だからこそ「辞めないと野党の支持率が地に落ちる」ところまで行かないとわかってもらえないと思う。ことほど左様に立件民主党(誤字ではない定期)は役者ぞろいなので、本当は辞めていただきたくはないのである。
こんな面白いおもちゃは、壊れるまで遊びつくさないと面白くない。セメントいて~~~

もしこれが彼の筋書だったら…

とうとう、彼も「ただの人」を選択せざるを得ないところまで追い込まれてしまったようである。
→まあどこでもニュース記事は転がってますが、一応こちらを選択。

とはいうものの、しどろもどろな答弁や、「第三者www」を使った自己正当性の証明など、すべてのことは「時間稼ぎ」に使われたとしか言いようがない。実際、彼の中では「よく戦ったけど刀折れ矢尽きたか」と自画自賛しているのではないかと思う。
そもそも公用車疑惑をはじめとする政治資金の不適切使用/公私混同疑惑に、第三者を使ったとはいうものの、明確に「ごめんなさい」した事実は見られない(一部の返金や、収支報告書の記載訂正はしているだろうが、それも「はいはいや・り・ま・し・た」というレベルであり、真摯に反省している様子はなかった)。
6/13の都議会総務委員会集中審議でも、一種「出来レース」「同じことの繰り返し」的に感じた人も少なくなかったろう。新たな疑惑や舌鋒鋭く迫った議員はほぼなく、そのまま時間が過ぎるだけで本人的にはよかったのかもしれないが、口は禍の元。「リオ五輪まで不信任決議案は出さないで」と"命乞い"する様はまさに往生際の悪さを印象付けた。
遂には子供までだしに使う始末で、とにかく知事の椅子にしがみつくことだけに執着したこの1か月間だったといっていい。

すでに6/1まで在籍していたのでボーナス(400万弱と言われている)も確定し、さらに退職金ももらえるというのである(2200万円ほどだとか。どういう計算方法か知らないが、迷惑をかけてももらえるというのが恐ろしい)。
6/1までに辞めていても、それ以降に辞めていても「辞める」ことは同じ。ならば、一日でも長くその座にとどまりたいと思うのは"さもしさ"からくるのだろうか。それとも自身の出自がなせる業なのか…。

もちろん「リオ五輪での引き継ぎ」という彼にとっての最大の栄誉に、都民ならず、国民は待ったをかけたかったに違いない。その分では、胸をなでおろしている人も多かろうが、「なぜここまで引っ張ったのか」は、やはり謎な部分である。
ここまでのらりくらり交わしたのに急にやめるとなったのは、やはり「百条委員会」を恐れてのことではないかと思う。執着していたリオを諦めさせる効果があったと思いたいが、本当にそれだけか、今後、「辞めたからもういいや」ではなく、都議会には「都知事だった人」の税金の不可解な支出については追及の手を緩めていただきたくない。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ