多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

日清

即席麺試食記(360) 安定のコラボ 日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん


にほんブログ村

日清のラーメン店とのコラボ商品は、意外とはずれが少なく感じている。
私の中では、もう二度とこの会社の作ったコラボ製品には手出ししたくないと思えるこんなハズレを作ったり、毎度同じようなコンセプトで変わり映えのしないラインアップも食傷気味だったり、で面白く感じない。そんなメーカーだらけである。
そこへ持っていくと、例えば、季節定番化しつつある「えきそば」シリーズも安定しているし、ブランドを冠しているとはいえ、その再現度に度肝を抜かれたこの商品の凄さにも感服している。

その日清の「AFURI」ブランドのコラボ麺も、何タイトル目になるかわからないが、目にできたら意外と食べている印象を受ける。→直近の試食記がこちら
同じ柚子塩らーめんなのだが、今回はコロチャーを使った製品→当該製品のメーカーHPはこちら。
まあ、それだけといえなくもないが味にはハズレ感がないと思っているのでいざ実食。
スープは、やはりエキスだけではない、本物のゆず皮が入っているおかげで柚子の香りが最後まで持続するのが素晴らしい。成分量でいってもたったこれだけのはずだが、やはりすごい。スープが持つ、塩加減も、コクもうまみも、その香りが全く邪魔をせず、全てが主張している。
麺は全粒粉入り。以前ほど特殊感はなく、麺職人で培った麺製法がプラスに働いているのか、と思ってはいるが、物珍しさ感は薄らいだ。具材のチャーシューの数には感服。ここまで入っていたら何の文句もございません。

珍しく具材で高ポイントになった今回の試食だが、安定すぎるきらいもある。冒険しなくなって、同じメニューでしか責められなくなっているところも一考の余地はある。

 購入店 ダイエー 神戸三宮店
 麺    8.0/10   スープ   8.5/10    具材  7.5/10    総合計 24.0/30
 価格補正  なし     合計   24.0/30     格付け   A+(安定だが)

即席麺試食記(358) 侘しい… 日清麺職人 鯛だし


にほんブログ村

麺職人のラインアップは、リニューアル前に比べて格段にスケールアップした。特にいろいろな味のスープを出しているところは試食記を書く当方としてもうれしい限りである。

で今回食べたのは、鯛だしを使ったラーメン。澄まし系のスープなら、むしろ和風/そうめんあたりが最適だと思うのだが、「チャレンジしました」と言いたげな商品なのかもしれない。
そしていざ封を切る。次の瞬間、大きくがっかりする。今までで食べた麺職人をはじめとするカップ麺の中でも、最小量クラス確定のかやく袋に愕然としたのだった。緑はチンゲン菜なのだが、赤いツブツブは魚介練り製品だそうだ。シーフードヌードルとかで出てきた端材や機械にこびりついたものを使ったりしているレベルか、と思えるほどの粒の小ささに量である。
はぁぁぁっっとため息をつく。先にも言ったが、確実にかやくの量は今までのカップ麺で史上最強の少なさ。これは逆に、スープに原価を取られ過ぎて、割に合わなくなったからではないか、と推測する。ならば、スープが大失敗なら、実食点数はとんでもない低得点に…

にはならなかった。スープは確かに鯛の香りがそこはかとなく周りにも醸し出される。脂っぽさや、独特の香りもほぼほぼ再現されている。踏みとどまった、とは言えるが、どんぶりの中に舞う具材のわびしさに急に現実に引き戻される。
本当に具材である程度デコレーションできていたなら、ここまでの低得点にはならない。いかにスープが程よくても、ここまでの乖離する中身では、ほかの方にも勧め難い。

スープの芳醇度合いと具材のわびしさ。ここまでのアンバランスでも商品化しないといけない焦燥感というものを感じてしまった。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    7.5/10   スープ   8.0/10    具材  5.0/10    総合計 20.5/30
 価格補正  なし    合計   20.5/30     格付け   C(お勧めできません)

即席麺試食記(356) お久しぶりW 日清麺職人 海老みそ


にほんブログ村

今年に入って、ラーメン系の投稿を全くしていないことに気がついた。
もっとも、
・すでに食べたことのある製品ばかりを購入・喫食
・新商品に目がいかなくなった(冬季五輪絡みの製品も、全く響かずノータッチ)
・面白い企画自体も出て来ず

こういったわけで、まったく食べていないわけではなく、かくほどではなかった、というのが実際だ。

とはいうものの、食べたことのない製品が家の中に転がっていたことも確か。そう言った商品をあさっていて、真っ先に目についたのがこの麺職人だった。
麺職人は、前回のリニューアル(麺が全粒粉組成に変更)からこっち、多彩な味のバリエーションで棚を占領していく作戦をとっている。狡猾だが、新味を次々に送り出せる能力は、さすが最大手と言いたいところである。
で、今回の試食品は「海老みそ」ということになっている。
もちろん、廉価版製品なので海老がそのまま入っているわけではなく、エキス分だけ。具材もしょぼいわけだが、それでもうまければ何の問題もない。

結論から言えば、「可もなく不可もないが、合格ライン」というレベルに落ち着いた。肝になるスープも、通り一遍かと思いきや、なかなかどうして、深みがある。それもこれも、海老のエキス分によるところが大きいわけだが、それだけではない野菜のうまみも感じられる。具材はこの製品では望むべくもないところなのであえて何も言うまい。
実売価格100円前後の時すらある麺職人。スープ/みそ汁代わりにするにしても、十分に事足りるのだから恐ろしい。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    7.5/10   スープ   7.5/10    具材  7.0/10    総合計 22.0/30
 価格補正  なし    合計   22.0/30     格付け   B+(平均は十分ある)
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ