多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

日清食品

即席麺試食記(373) これはこれだが… 日清のどん兵衛 あさりとはまぐりのW貝だしうどん 


にほんブログ村

カップヌードル・新味の強烈デビューで、かすんでしまっているかのようなほかの新商品だが、もちろん、出さないわけにはいかない。
決算公告は、意外にも、利益が上がっていなかった由。おかげで株価は少し下落傾向にあるが、『まんぷく』効果が出てくるのは今期。

ほかのチーム……どん兵衛もUFOも、切磋琢磨している。そこから出てきたのが、今回実食した「あさりとはまぐりのw貝だしうどん」だった。→製品HPはこちら

スープはやる気満々の液体!だが、その反動は当然のように具材に現れる。立派な固形物の無い頼りなさ抜群のラインアップ。ということは、かなりスープに原価がかかっているとみるべきだ。
いつものようにお湯を入れ、規定時間で液体スープを投入。
一口目の印象は「塩味うどんだからだけど、しょっぱい」ということだった。エキス分が勝って、塩味が感じにくくなるかと思いきや、それが逆に出た格好だ。ただ、食べていくうちに、口が塩味に慣れてくると、二枚貝特有のいい出汁を感じられてくる。「癖になりそう」とまでの中毒性はないが、おとなしく、上品な味である。

総評ということになると、俄然「おすすめですぜ」と持ち上げるまでには至らない。たまにしょうゆベースの味に飽きた時に食べるのがちょうどいいと思う。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    8.0/10   スープ   8.0/10    具材  6.5/10    総合計 22.5/30
 価格補正  なし     合計   22.5/30     格付け   B+(飽きた時の変わり種)

即席麺試食記(372) こりゃ、バカ売れするわw 日清 カップヌードル 味噌


にほんブログ村

そりゃぁ、確かに安藤百福の生涯を描いたとされる連続テレビ小説『まんぷく』効果は、日清食品にとって追い風なんていう一文字で過ごせるはずがない。
スポンサードしている選手の活躍ぶりも大きいのだが、カップヌードルは増産に次ぐ増産。チキンラーメンの袋めんも棚から消えるほどではないにしても、うりあげが急伸長していることは報道等からでもうかがい知れる。
→この商品が売れすぎて、需給にまで変化をもたらしたのだから、おそるべしである。4/11のプレスリリースより

もちろん天下のNHKなので日清の製品とは一言も謳っていないし、まして安藤百福という個人名も出していない。それでもここまで売れてしまったのだから、テレビの効果というものは恐ろしい。早くにCEOの一代記でもやってくれないかな、と思うのは私だけだろうか……。

そのバカ売れすぎて棚から一気に無くなったという評判の「カップヌードル味噌」。当方は、コンビニ店で一個見つけて「おお、これが噂の」となって購入後、しばらくレビューをしないでいたのだが、ここに来て、そろそろ、という機運もあって、GW明け後に実食。
ふたを開けた時の感覚は、いつものカップヌードルだな、というくらいしか思い当たらない。相変わらずの油揚げ麺に具材とスープが混然一体に表面に載っているいつもの風景だ。
お湯入れ3分。ふたを全開する。

そこに広がった、味噌独特の風味、少し豚の油身分をまとったような甘ったるさが場を支配する。今までのカップヌードルの味噌味といえば、欧風と和風の折衷案的な味で、まさにどっちつかずの味だったり、みそ汁が念頭にあるかのような味付けだったりと、パンチのある味には一度も出会ったことがなかった。
だが、今作はその方向性をがらりと変えてきた。カップヌードル麺には似つかわしくないかなりヘビーな味付けで挑んだのである。だが、その方向性がかなり有用に機能している。

とにかくスープの手の入れようが半端ない。製品HPには、麦みそをベースに赤白を含めた3種の味噌をブレンドした、とあるのだが、奥行きが思いっきり出て、一口スープを飲んだだけで引き込まれてしまう。生姜のすっきりさと、にんにくのコクが引き立て役のはずなのに前面に出てきているところも面白い。
もちろん、麺は相変わらずのカップヌードル麺、と言いたいところだったが、醤油やシーフードとは、明らかに麺の太さが違う。だが、ここで太さを変えたことでスープの持たせが大きく変わり、かなりぐいぐい食べられる。麺の組成を変えられたことが、このカップヌードルに賭ける日清の並々ならぬ意地を感じさせてくれた。
具材は、コーンの黄色が目立つものの、キャベツやニンジンは没入してしまって存在感がなかった。

実は、ミニ市場での味噌ヌードルはかなりの支持を得ていたからこそのレギュラー昇格、となったわけだが、それがここにきてここまでの大爆発ぶりを発生させるとはだれも思うまい。奇しくも、『まんぷく』効果で業績や売り上げもかなり好調。そのタイミングで売り切れさせるアイテムが世に出せる。本当に日清という会社は「持っている」と常々思う。

 購入店 ローソン 某店
 麺    7.5/10   スープ   8.5/10    具材  7.0/10    総合計 23.0/30
 価格補正  なし     合計   23.0/30     格付け   A+(ニュー定番、爆誕!)

即席麺試食記(316) コラボ麺ながら 日清 AFURI 限定柚子塩らーめん


にほんブログ村

ハズレ続きの日清製品。まあ、「個人的感想」の範疇なので、あれが気に入っている、という方には響かないレビューになっていることは否定しない。

そうは言っても、「当たり」を知りたいと思うのは当然のこと。AFURIシリーズはハズレが少ないのは知っていたのだが、なかなか手に入れられずにいたのだが、ようやく食べることに成功する。

麺は、なんと、全粒粉を練り込んだもの。ところどころツブツブが見られるわけだが、この麺を採用したのは店舗も同じ。ここまでの再現度で迫ってくるとは予想していなかったし、それは大きくプラスに出ている。麺は軽快そのもので、新食感と言い切ってもいいくらい。こうしたチャレンジができるところは、さすが大手、といった貫録を見る。
柚子塩とうたっている柚子の香りだが、これは、ゆず皮が入っていることで、いつまでたっても香りが消えない。人工的な香料ではなかなかこうはいかない。ここもポイント高い。スープの塩味加減も、予想よりしょっぱさが前面に出てきてはいるが、ふぬけた感じのスープとは違い、最後に入れた黄金香油の効果もあって、複雑に感じられた。具材は、想定よりは少なく感じてしまったが、ロースト鶏肉はこの手のラーメンの具材としては珍しく、食感・彩りも悪くは見せていない。

首都圏にしか店舗がないAFURI(阿夫利、と漢字が当てられている→公式サイトはこちら。山の名前だったのね)。なかなか食べに行く機会は得られないが、一度店舗にお邪魔してみたいと感じている。

 購入店  ダイエー 神戸三宮店
 麺    8.5/10   スープ 7.5/10    具材  7.0/10    総合計 23.0/30
 価格補正  なし     合計   23.0/30     格付け   A+(店舗の味が知りたい)
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ