にほんブログ村

実は、私自身はマヨラーではない。
もちろん、お好み焼きにかけたりはするが、「マヨネーズがないと日も夜も照らない」「マヨ塗れこそ至高」などという味覚障害者と一緒にされても困る。適度に使うのが当方のやり方である。
しかし、「一平ちゃん」でマヨ添付が一種当たり前になりつつある焼きそばカップにあって、日清のUFOは、ドノーマル版ではそれはしていない。それはそれで清々しいし、ソースで食べてもらうコンセプトの表れだろうとも考えている。

では、明太子を練り込んだマヨで仕上げるこの製品はどう出るのか?興味津々であった。

ソースは、UFOそのものであり、マヨをかける前に一口食べてみたが、まごう事なきUFOだった。
そこにマヨ投入。一気に玉というか、まとわりつくような団子状に変化する。粘度のあるマヨネーズが加わったのだから当然といえば当然。それでも何とかほぐして、最後にふりかけ投入。

結論から言うと「うーん」であった。
別にマヨがどうとか、明太たらこふりかけもいいアクセントとかは言いたいのだが、ソースが強すぎるのだ。
それでも何とか「入ってますよ―――」と自己主張する明太子の辛さを感じられるくらいにはできている。でも、
UFOなのだ。どうしても別物を食べているとは思えなかった。

醤油味−−和風仕立てだったら、どうなっていたか、は分からない。UFOと謳っている以上ソース味なのも仕方なかろう。だが、ソースに比して味の弱い明太子が負けるのは自明の理。何かアクセントは欲しかったところだ。

 購入店 ダイエー 神戸三宮店
 麺    8.0/10   ソース   7.5/10    具材  7.0/10    総合計 22.5/30
 価格補正  なし     合計   22.5/30     格付け   A(味と評価は別物)