多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

映画

2019.12-2020.6 暫定ランキング発表。

2か月余りの上映中断は非常に痛かった(なにしろGW映画が壊滅してしまったのは痛恨の極み)。それでも、40タイトル近くを見ることができたのは奇跡といえなくもない。
6/30の鑑賞がほぼなくなったので、一応上半期の暫定ランキングはこのようになった。

−−   世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男ホセ・ムヒカ
40位  男はつらいよ お帰り寅さん   
39位  ひつじのショーン UFOフィーバー!    
38位  グリンゴ 最強の悪運男  
37位  ラストレター  
36位  カツベン!  
35位  イーディ  
34位  水曜日が消えた
33位  ドミノ
32位  エジソンズゲーム   
31位  弥生、三月 −−君を愛した30年−−
30位  ストーリー・オブ・マイライフ  
29位  ヒックとドラゴン 聖地への冒険
28位  ラストディール
27位  黒い司法
26位  ムーンライト     
25位  嘘八百 京町ロワイヤル  
24位  プレーム兄貴、王になる
23位  屍人荘の殺人
22位  劇場版新幹線変形ロボシンカリオン 神速のALFA−X
21位  決算!忠臣蔵
20位  レ・ミゼラブル
19位  リチャードジュエル
18位  ミッドサマー
17位  ジョジョ・ラビット
16位  サーホー
15位  1917 命をかけた伝令
14位  夜は短し歩けよ乙女
13位  記憶屋
12位  プロメア
11位  SHIROBAKO
10位  映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
 9位  ぼくらの7日間戦争 
 8位  一度死んでみた 
 7位  羅小黒戦記 
 6位  フォードvsフェラーリ
 5位  ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝
 4位  天気の子
 3位  この世界の(さらにいくつもの)片隅に
 2位  前田建設ファンタジー営業部
 1位  君の名は。

現状41タイトル鑑賞したのだが、こうなった。
邦画実写のトップはやはり「前田建設」だった。男の子大好きな空想世界を実世界にクソ真面目に落としこむ姿勢が面白い。
洋画実写トップは一応「フォードVSフェラーリ」になった。洋画は、玉石混交状態で、チョイスに失敗している部分も大きいか。
邦画アニメーションは文句なしの「君の名は。」がトップ。「長尺版の片隅」は、リンさん絡みの作劇のいずれもがヒューマニズムにあふれていて、加点されていった。ヴァイオレットの4位はややできすぎかもだが、このランキングで悔いはない。
6月は基本新作を目当てに見に行ったつもりだったが、下半期は、旧作が鳴りを潜めそうなので(7月のサンサン企画は除く)、これから一気に新作を積んて行きたいと思う。7/1は多分ソニックのレイトになるかな?

仕方ないのでここまでの映画ランキング作ってみた。

2019.12.1から2020.4.12までで、結構なタイトル見ていることに気が付く。
それらをいったんすべてランキングにしてみようと思った次第である。

−−   世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男ホセ・ムヒカ
34位  男はつらいよ お帰り寅さん   
33位  ひつじのショーン UFOフィーバー!    
32位  グリンゴ 最強の悪運男  
31位  ラストレター  
30位  カツベン!  
29位  イーディ  
28位  ドミノ   
27位  弥生、三月 −−君を愛した30年−−  
26位  ヒックとドラゴン 聖地への冒険
25位  ラストディール
24位  黒い司法     
23位  嘘八百 京町ロワイヤル  
22位  プレーム兄貴、王になる
21位  屍人荘の殺人
20位  劇場版新幹線変形ロボシンカリオン 神速のALFA−X
19位  決算!忠臣蔵
18位  レ・ミゼラブル
17位  リチャードジュエル
16位  ミッドサマー
15位  ジョジョ・ラビット
14位  サーホー
13位  1917 命をかけた伝令
12位  記憶屋
11位  SHIROBAKO
10位  映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
 9位  ぼくらの7日間戦争 
 8位  一度死んでみた 
 7位  羅小黒戦記 
 6位  フォードvsフェラーリ
 5位  ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝
 4位  天気の子
 3位  この世界の(さらにいくつもの)片隅に
 2位  前田建設ファンタジー営業部
 1位  君の名は。

現状35タイトル鑑賞したのだが、こうなった。
旧作の部類といえる「君の名は。」を再びスクリーンで見たのだが、この作品の酸いも甘いも知っている当方からしても、この作品に出会えたインパクトは、他を凌駕する。それまでの永世第一位は「火垂るの墓」だったのだが、ここ数年でこの座を奪取するのは確実だ。
外国映画の方は、大作にほぼ出会わないまま自粛させられたこともあり、ベスト10に2作品どまりと寂しい状況。「一度死んでみた」は、いろいろと裏をかかれたこともあってギャップから評価が上がってしまった側面は否定できない。
去年の年末から今年の年始にかけてみた作品が総じて下位に沈んでいったのも仕方ないところだろう。注目は「ラストレター」の急落ぶり。前回のランキングからの新入り作でも封切作のトップが「一度死んでみた」なのは驚きでも何でもない。
一応6月まで当方は鑑賞を休止しようと思っている。それでせめて劇場だけでも開いてくれればいいんだが……

映画鑑賞ランキング 2020.2.11 暫定版

2019.12.1から今日までで、25スクリーン、20タイトルを見ていることになる当方なのだが、早くもランキングを作るべきタイミングが来たと思ってさっそく記事立てすることにした。

20位  男はつらいよ お帰り寅さん
19位  ひつじのショーン UFOフィーバー! 
18位  グリンゴ 最強の悪運男
17位  嘘八百 京町ロワイヤル
16位  ラストレター
15位  カツベン!
14位  屍人荘の殺人
13位  劇場版新幹線変形ロボシンカリオン 神速のALFA−X
12位  決算!忠臣蔵
11位  リチャードジュエル
10位  ジョジョ・ラビット
 9位  ヒックとドラゴン 聖地への冒険
 8位  記憶屋
 7位  映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
 6位  ぼくらの7日間戦争
 5位  羅小黒戦記 
 4位  フォードvsフェラーリ
 3位  天気の子
 2位  この世界の(さらにいくつもの)片隅に
 1位  前田建設ファンタジー営業部

天気の子が一位ではない?! に驚かれた方も多かろう。
実際、この中では唯一の旧作(グリンゴの初出は2018年らしい)。大感動をもたらした「すみっコぐらし」もベスト5位すらおぼつかないという大混戦。その立役者は言わずもがな、「前田建設ファンタジー営業部」の恐ろしく映画的手法によらない、漫画的な手法ががっちりつかんでくれたからだと思う。
見て外れだったと認定できるのは、下位3タイトル。特に寅さんは、もういろいろな意味でがっかり感が半端なかった。
去年の今頃は「雪の華」みたいな、トンデモ作品もあったので、予告での取捨選択を間違わないようにしないといけないのだが……グリンゴははっきり言って予告詐欺の部類に入るだろう。
洋画トップの「フォードvsフェラーリ」は、逆に予告から名作臭を感じ取れなかったのだが、これは見れてよかった部類の作品だった。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ