多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

来日

2014.6.23 テキサス☆ナイト、終わりました

百田氏独演会wwwwは、冗談だが、存分にその雰囲気になった会であった。
とにかく、あのトニー氏をたじたじとさせる話術は健在。旭日旗を社旗にする某新聞社に対しては即座に戦闘モードwwその度に拍手喝采ということの繰り返し。ホストを食ってしまうのは如何なものか、とは思うが、かれの集客能力は侮れない。実際、800人(事務局担当の発言)も来場したのだから、その破壊力は、さすが作家大先生、だ。
むしろ、反日の実態を知らない層には刺激が強すぎたかも。
トニー氏のしゃべりをもう少し聞きたかったという声も散見されたが、相手が悪すぎますwww

こりゃすごい。もうコリャ「作家大先生」並だなwww

さて、この6月は、後半戦も大忙しの当方である。
もう来日している、テキサス親父ことトニー・マラーノ氏とのご対面を6/23に控えて、いろいろ準備も怠りない。

そうした中で、Amazon様からこんなメールをいただいた。
題名:トニー・マラーノ『テキサス親父の大正論...』発売のご案内

な、なんだってぇぇぇ!!とりあえずリンクを踏んでみる。→これ



ぐはっっっww敵刺式紙製頭巾(丙種)が表紙を飾るとはwwwwwwwでも表紙だけで驚いてはいけない。ナナ、なんと、室谷克美氏との対談3時間分が収録されているというのである。
でもここで疑問が出てくる。「あれ?室谷氏がアメリカに行ったのか・・・」その代わり、親父殿が前回来日したのは5月初旬。2ヶ月で本をだすと言うことは十分可能だ。つまり、前回の訪日は、書籍のネタの仕込みも兼ねた来日だったのである。だから、あんまり詳細を明かせなかったのだろう。

これだけではない。
もう一冊気になるタイトルを見つけた。→こちら



こちらは7月発売で、今のところ表紙も何も出来上がっていない模様。それにしても、前回の西村幸祐氏との監修本も含めてなんと年に3冊も、トニー・マラーノ著と冠される本が出るご時勢になった・・・いやはや、スンゴイ事である。
当方はこうやってレポートするだけで精一杯だが、事務局はものすごい仕事量になっていると一目で分かる。どうなっていくのか、注目も欠かせないところである。

みんな集まれwwwwあの「おやじ」が帰ってくる。

親日過ぎて、今や雑誌/夕刊タブロイド紙にいくつもの連載記事まで書くようになっているテキサス親父こと、トニー・マラーノ氏。
当方がこの人の存在を知ったのは2008年ころだったと思う。このときはまだ動画も荒削りであり、当時は手弁当で和訳をつけた人がいたのだが、そこまで大きく話題になることはなかった。

テレビで「日本を愛するYoutuber」みたいな紹介をされて、認知度が上がっていったのが2010年くらい。ちなみにこの年、日本で初めて本を上梓している(その名も「テキサス親父演説集」)。このあたりから、現在の事務局を主宰する藤木氏(HN:Shun)がほぼ持ち出しで彼の行動をサポートし始めたと推察する。

2014年初来日の折には、靖国神社に参拝した姿がニュースにまでなるほど(とはいってもネットのレベルであり、今回はさすがにそこまで追っかけることはしないだろう)。ここまで話題になる外国人は、タレントやプロスポーツ選手であってもなかなかない話である。

その親父殿。前回は、共著本のプロモーションの一環というレベルのお忍びに近い行動になったわけであり、一部で「ディナーを一緒に」とかはあったものの、ほとんどスケジュールはオープンになっていなかった。緊急来日に近いものであり、準備もそれほどできていなかったように思う。
その親父殿の2回目となる来日スケジュールが発表になったのだが…
これが本当にすごいことになっている。特にホットな地区は九州。7月に固め打ちするのだが、なんと沖縄にまで上陸。6月下旬の講演会に関してはすでに既報してあるが、抜粋するとこんな感じで、実に9会場での講演会を行うことになっている。下手な歌手より、多いぞ、こりゃwwwww
1.なんといってもとっぱしの6/21 山口での河野洋平氏とのニアミス講演会は、マスコミも殺到する可能性があり、話題性十分。
2.6/23は大阪。百田氏とのトークセッションはもうワクワクが止まらない(当方観覧予定)
3.6/25は名古屋。 藤岡氏などゲストが2名になり、これも必見。
4.6/27は北海道。これまた今を時めくYoutuberのKAZUYA氏が絡むとなるとどんなすごいことになるのか。
5.6/29はメインといえる東京。ここでもKAZUYA氏参戦で、大盛り上がりは間違いない。加瀬氏の登壇もアリ。
6.怒涛の九州・沖縄シリーズの幕開けは7/2の沖縄。
7.7/4は熊本。
8.7/5は福岡。なんと福岡に行くのは初めてらしいのだ。
9.〆は7/6の佐賀。ここは後援・主催がすごい。佐賀は今親父ブームにでもなっているのかもしれない。
詳細についてはテキサス親父日本事務局ブログをご参照ください。各会場で、有料/無料/有料の場合のチケット購入方法なども異なっています。

精力的に回られる親父殿。いかに日本大好き、日本人大好き、とはいっても、ここまでやるかぁ???
まあ、個人的には、東北にも顔を出していただきたいのだが、招聘するところもないのですかね。まあ、一種「平和」なので、変な外人はお呼びでないのかもしれませんな...。

とにもかくにも!!素晴らしい来日となられるように祈念するばかりである。


月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ