多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

東京モーターショー

2013.11.23 東京モーターショーレポ(9) 日本で売るの? ヤマハ編

ヤマハが自動車を作る・・・。そう聞いてもぴんとこなかったのは当然である。
何しろ、今トップメーカーでもあるトヨタにしても、100年近い歴史がある。その結果が今の隆盛につながっているわけであり、ただの2輪メーカーが何を言っているのだ、と言われても仕方ないとさえ思う。

もっとも、エンジンを作る技術はあるので、あとは車体の問題。これがクリアできれば、リッターカー、最低でも軽クラスの車は作れることになる。ヤマハをエンジンメーカーと考えたときに、今の今まで、よく自動車を作ろうと思わなかったな、と思い返すのであった。

パンフレットによると、ちょっといかつい感じのオフロードスタイルの3人乗りは、すでに北米中心に活躍しているのだそうだ。そして、ちゃんとした軽自動車っぽいフォルムで登場したMOTIVは、外面だけ見たら、悪くないデザインで、二人乗り/荷室はほぼ絶望的ながら、乗り回すだけならこの程度でいいかもしれない。

量産化などやるべきことは山積している。それでも自動車を作ろうと思うのかどうか・・・。ヤマハの本気度がうかがい知れる。 <評価:☆☆☆☆☆>

TMS_yamaha

2013.11.23 東京モーターショーレポ(8) 何でもござれ ホンダ編

僕自身、自動車メーカーとしてのホンダは、日産の次に好きなメーカーである。
どこに惹かれるかと言うと、やはり創業者・本田宗一郎氏の存在である。
もちろん手広くやっている、と言う点も見逃せないし、今回の展示でも「え、あれもそうなの」「この分野もやってたわ」と気づかされることしきりで、単に自動車メーカー・二輪メーカーとだけ認識していると、見逃してしまいかねない。

実は、当方も肝心要の車・・・S660コンセプトを撮り損ねてしまった。これだけブースも広いと、隅々まで回らないとお目当ての車を見落としてしまうと言う例でもある。
とはいうものの、新型NSXはいやがうえにも目に入ったので当然押さえる。

コンセプトカーとはいえ、他社が出すか出さないか・・・もっといえば売る気もないのに作ってみたレベルの代物を出してくるのとは一線を画し、ちゃんと市販化も視野に入れた車作りができている。このあたりも好感が持てるところである。
二輪車にもみんなが次々またがり、ホンダの強さを感じさせた。<評価:☆☆☆☆☆>

TMS_honda01


TMS_honda02

2013.11.23 東京モーターショーレポ(7) 今回も売る気無し 三菱編

引き続いて、西ホールに移動する。ここは、はっきりいって、1・2ホールだけ見れればそれでほぼ終了。ただ、一番面積をとっているホンダに行く前に、三菱ブースを経由することに。

今回のコンセプトカーも、「市販する気ゼロ」のゴツゴツしたSUVばっかり。骨太で、肉体美あふれると言う部分では、いかにも三菱らしいと言えばそうなのだが、セダン型がほぼ死滅状態の中にあって、燃費など経済性がとやかく言われる中で、この手のSUV/しかもプラグインハイブリッドなんか、なかなか手が出ないと思うのだが、作れば売れるとでも勘違いしているのだろうか・・・

唯一の救いは、ガルパンとのコラボ企画。当方はあえて参加はしなかったが、こういう試みは評価しておきたい。とはいえ、ガルパンはそもそも戦車。「重工」の展示ならそれもありだったろうが、回りまわってのこの企画・・・。ここら辺にも、今の三菱の中途半端振りがうかがえる。パジェロがバカ売れしたあの隆盛を取り戻すのはいつのことだろうか・・・<評価:☆☆☆☆>

TMS_dia01


TMS_dia02
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ