多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

東洋水産

即席麺試食記(371) 沖縄土産を食する。 マルちゃん 沖縄そば


にほんブログ村

「新海誠展」を見るためだけの沖縄行。だったはずなのだが、結局あっち行ったりこっち行ったりできたのはよかったと思っている。ただ、せっかくご一緒したフォロワー氏がよもやの「召される」事態に立ち入って、当方も暗澹たる気持ちに苛まれていた時期があったのは偽らざるところである。
あの旅行から数カ月。買い置きしていた沖縄そばのカップ麺が目に留まり、「そう言えば」という感慨も含めて、食べてみようと思い立つ。
→メーカーHPはこちら。尚、当方実食製品は、リニューアル前のものとなります

スープは、まるで普通の和風うどんかそばのようなかつおベースの出汁が勝ってしまっており、もう少し複雑で「沖縄風だね」を感じさせてくれる仕掛けは欲しかったところ。それでも、幅広の麺を売りにできるところは、製法うんぬんよりも、沖縄そばの特徴を見事につかんでいる。具材は味付け豚肉がなんちゃってであっても、ソーキ風に見せるところが悪くは感じない。別添の紅生姜のアクセントはポイント高い。

いろいろな味のある沖縄そばだけに、どの店舗/味付けを参考にしたのかは知りたいところだが、あっさり味のスープといい、いわゆる王道系の店舗を知っている当方からすれば、この味付けは納得のいくものであったと解釈している。

 購入店 イオン 北谷店
 麺    7.5/10   スープ   7.5/10    具材  7.0/10    総合計 22.0/30
 価格補正  なし     合計   22.0/30     格付け   B+(雰囲気だけ味わう製品)

即席麺試食記(367) 旨い味付け マルちゃん あつあつ牛すきうどん


にほんブログ村

またしても、カップ麺系のレビューの間隔が少し空いてしまっている。
理由は言うまでもなく「食べていない」ことによるものが大きいのだが、新製品に接する機会が極端に減ったことが大きいと思っている。

ビビッドな話題を提供してくれて「それは食べないと」というような内容の商品が見えなくなっていることがかなり大きいのだが、それでも「見知らぬ/けれど食べてみてもいいかな」という商品を見つけた時の気分の高まりは何物にも代えがたい。

そんな中見つけたのが゜、この「マルちゃん あつあつ牛すきうどん」だった。
企業の商品紹介HPはこちら
そのうたい文句である、「すき焼きをイメージした濃厚感のある甘辛つゆ」にかなり惹かれる。要するに「すき焼き終わりの〆のうどん」が浮かび上がればそれでいいということだ。
というわけで実食。
肝心のスープだが、甘みと醤油辛さがお互い主張し合う看板に偽りなしの濃厚さを提示。脂っこさがやや控えめで、コクという点では少しだけ物足りなかったが、十分やっていける。牛肉、ねぎ、刻みあげのみのかやくは、そこまで原価をかけられないから致し方ないともいえるが、アピール度はそれほどでもない。麺はいまだに幅広麺で、毎度おなじみと言った感。
たまに毛色の変わった商品を、というのなら、これはこれでありだが、スープの単調さ、というかやや濃すぎるあたりは好き嫌い別れそうだ。私的には「あり」としたいが、定番化/何度も何度も食べたくなるところまでは達しなかったことは記しておく。

 購入店 ダイエー 神戸三宮店
 麺    7.5/10   スープ   7.5/10    具材  7.5/10    総合計 22.5/30
 価格補正  なし     合計   22.5/30     格付け   B+(まあまあ)

即席麺試食記(342) 廉価版の限界 マルちゃん麺づくり 醤油


にほんブログ村

「麺職人」の全面リニューアルで劣勢に立たされることになるマルちゃん「麺づくり」。
ノンフライめん/価格帯ほぼ同じ、という、ライバル同士の一戦は、全粒粉を使った麺に移行した「麺職人」が、一定のアドバンテージを持ったまま、市場を独走しそうな勢いがある。

私の場合、同じ価格で二つ並んでいたら、日清の方を手に取ってしまう。たしかにどっちもどっちなのだが、パッケージングの妙で買わされてしまうのである。
今回は安売りの目玉にされていたことで購入に至ったが、レベルとしても、もう一ランク訴求するところがないと厳しく写ってしまう。

いまや、カップ麺の中心価格帯は150円前後(希望小売価格ではなく実勢価格)。そこより安い製品に購入する/させる原動力が生まれ得るかというとそこまでではない。通常価格より安い、といった動機がメインになってしまう。
だからこそ、リニューアルして飽きさせないようにするわけだが…麺づくりにそこまでの気概とコンセプトが存在するのか…フツーに終わってしまった実食を終えて、今後の製品の行方に一抹の不安を覚える。


 購入店舗   関西スーパー 大開店
 麺    7.5/10   スープ   7.5/10    具材  6.5/10    総合計 21.5/30
 価格補正  なし     合計   21.5/30     格付け   B(これ以上は無理か?)
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ