多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

殉愛

おおっとぉ、これは意外な展開かぁ?

と、リングサイドのアナウンサーよろしく、書き始めてみたのだが、この展開は、さすがに予想していなかったものである。
http://news.livedoor.com/article/detail/9495382/

名誉毀損、ということで提訴するらしいのだが…。大なり小なり、故人が吐いていた彼女に対する感情の吐露は、誇張して書かれているものではないと感じる。むしろ、もっと激しい憎悪や怒りの対象になっていてもおかしくない。だいたい、生みの親を金づる同然に見ていたのだから、当然といえば当然である。

ということは、である。提訴することによって、白黒はっきりしてしまうことになってもいい、と判断しての(=裁判での勝算がある、という判断の元の)行動とも見て取れる。被告人席に百田氏を座らせることができるだけでも少しは溜飲が下がると思っての行動なのだろう。

下世話ながら今回の裁判、私が判断してみたい。
ズバリ、「却下」になりそうである。理由としては、・毀損された名誉の対象者が実名で明かされておらず、特定できないこと(たかじんの娘であることはわかっているだけだが、実名を上げてはいない) ・虚偽で書かれた内容と断定できない(未亡人の証言がもとになっており、著者は書き写しただけ。脚色も必要以上にしていない) ・第三者の証言も多数得られる(もちろん、原告に不利な情報ばかりになるはずであり、どの面下げて裁判にしようとしているのか、と諭される可能性すらある) を上げたい。

本当のことを書かれて逆上して裁判にする。第三者機関である裁判所に判断してもらう方が、すっきりするし、これがネタにされて、また百田氏に面白おかしく書かれてしまっても、当方は一切の責任を負わない(ああ、うまいこと引っかかりやがったwww、とほくそ笑まれているかもしれない)。まあ、好きにすれば、で生暖かく見守りたいところである。

さあ、百田氏バッシングの始まりかぁ?

いちおう簡単に(3枚ほどww)したためさせてもらった、「殉愛」関連の記事。
早くも当方の中で話題沸騰のようである。

と、思ったら…
見ている人は見てるんですねぇ。かなぁり『アンチ百田』と思われる方の、強烈なジャブが百田氏に入っている模様である。
こちらがその記事。ま、でもジャッジはこの筆者に上げたいと思いますね。

この方は搦め手、というよりどちらかというと本質に迫っている。つまり、未亡人の来歴に関する部分が記述として甘い(むしろ書かなさ過ぎであり、ネットに比べて、過去に対する取材が実際少なすぎるところも疑問だった)点を執拗にあげているところである。

「執拗に」というと、厭味ったらしく、というか、ネチネチと攻めているような風に聞こえるが、この本はそもそもが『ノンフィクション』という触れ込みで発売されている。もし、本当にここまで言われていることが本当だとするなら、この物語はすべて真実である、とエピローグで語った看板が根底から覆されてしまうほど重要な書き漏れ/取材不足であるといわざるを得ない。

もちろん、過去は過去、である。書かないことで、過去のしがらみに縛られている実の娘や、それほど仲がいいとはいえなかったマネージャー氏との関係を疎遠に書いたという部分も「過去のことだから」でつじつまを合わせようとしたのだろう。
しかし、「この物語はやしきさくらの物語である」とするならばどうだろうか?実際、主人公はイタリア帰りの女性であり、やしきたかじん氏の妻である。しかも直近の男性遍歴を含めた事実関係を百田氏は知っていたというのである。こうなってくると、本の内容(特に闘病生活にかかわる部分)が真実であったとしても、そんな簡単に異国のダーリンを捨てられる、尻軽女とみられても仕方ない。また、遺産目当て、と揶揄されてしかとした説明ができるのかどうかも疑わしくなってくる。

この記事の筆者の矛先が、週刊誌を含む大手マスコミに向かっているところも興味深い。確かにここまでノンフィクションといわれるものが、書かれていない真実を暴かれるといったことはこれまで記憶にない。ネットの情報から百田氏が白旗を上げている状態は、売れっ子作家の醜聞として格好のネタになりそうなものなのだが、動きがないというところも引っかかる。

それにもまして、私が一番に疑問を呈したいのは「あまりに慌てすぎな百田氏の行動」である。エピローグにかかれている未亡人氏の一言で半年で書き上げると決め、ほかの題材をほっぼり出して一冊の本にまとめている。実質ほかの本との並行作業だったろうと思うが、それでもここまでの内容にするのにかかった時間は半端ない。そこまでして、早く出したかった理由が、ほかにあるのではないか(例えば出版元の要請とか、未亡人サイドのたっての望みとか)・・・。一周忌に改めて、というのならわからないでもないが、このあまりに短期間に出てくるものとはとても思えないのである。

結果的に拙速だった部分がこうやって浮き彫りにされ。火消しに回らなければならなくなっている百田氏。出したもの勝ちであるとはいえ、こうも基本的な部分がぶれている女性だったとわかってしまうと、書評もやはり1ランクは下げざるを得ない。いったいどっちの「さくら」が本当なのか…。しっかりとした答えを私は待っている。

殉愛騒動(3/終) 全方位取材にしなかった意図

「殉愛」を読み終えて数日がたつ。
奇跡のような出会い、末期がんの発覚、度重なる手術、予後が思わしくないありさま、そして結婚、直後に急変する体調、そして死・・・。ノンストップに過ごした2年余りのすさまじい闘病記という側面がありありと浮かんでくる。

書評としては、私も現金掛け値なしに、感動できる部分が多かったし、妻目線で見るやしき氏の思わぬ暖かさというものが垣間見えて意外性もあった。だが、それまで付き合いの長かった人たち、そして何より、肉親に対する取材というものは作者である百田氏は行っていないように感じている。

あえてしなかったのか、できなかったのか、取材したのにそぎ落としたのか、それとも・・・。いいように書かれていない、実名を伴わない数名に関して、もっともっと言及すべきではなかったのか、と思わずにはいられない。実際、彼らの証言というものは一切掲載されておらず、妻との会話が妻の口から明かされる程度で終わっている。

妻の献身的な看病・・・いや、献身的なんてものではない。それをはるかに超越した神がかり的な面倒見を見せる彼女に対して、このマネージャーと思しき男性の書かれ方は恐ろしく凡庸で、仕事も何もできない、あいさつもロクにできないやつ、というものだ。そういった使えないやつを今まで使い続けてきたところに、やしき氏の暖かさというものを感じずにはいられないのだが、結果的にトラブルの巣窟と化してしまい、晩節を汚したのは間違いない。
文章内の扱い含めて、最後の使い込みなどに関しても事実無根だ、と言っているようである。このことから、百田氏がしっかりとこの男性に取材していないことがはっきりとわかる。

本筋ではないにしても、取材をしなかった・・・妻の発言を一方的に盲信しているのはおかしい!! と声を上げているこの男性。そでにされたことで、また実名が挙げられていない=許諾の話すらしていないことは明白で、ここまでこのストーリーの中でのけ者にされる意図がよくわからない。同じ土俵に上げたくないのはわかるのだが、関係者の発言がほぼ網羅されている中で、彼らのものだけが悪意に満ちた、感情を伴わない、そっけない書かれ方をしているのが気にかかる。

ここは百田氏の画竜点睛を欠いた部分だと感じている。彼らにも救いの手を差し伸べることは可能だったはずである(もちろん全面的にいい人的に書くことは無理だろうが、ここまで貶める必要もなかったのではないか)。ノンフィクションなので嘘や大げさに書いていることはないと信じたいが、本当に彼らが、ここまでの人たちだったのか、しっかり取材もしてほしかったところである。

「殉愛」考察はここでいったん打ち止めとしたい。某アニメーションを対象にしたように重箱の隅をつつくようなところまでは読み込む気はないので、ネww 
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ