多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

消滅

シリーズ 飲みこまれるダイエー 何度「命日」を経験するのだろう…

NHKでやっていた、「その時、歴史が動いた」でおなじみの松平アナウンサーの声が、またしても私の脳裏に響いてくる。

  「そして皆さん、いよいよ今日のその時がやってまいります・・・」

これが「いよいよ」という時に発する、松平アナウンサーの導入セリフなわけだが、彼がそのあとに続けて言うなら、こんな具合のセリフになるだろうか。

 「度重なるリストラに、大株主の変動と、疲弊を重ねるダイエー。売り上げは伸びず、利益も上がらない状態は、イオンが完全子会社化しても改善する見込みすら立たなかった。
 2015年4月、イオンは、ダイエーの店舗の統廃合を発表。北海道と九州地区・名古屋市内の店舗の大半をイオン本体に吸収することで、事業の再構築を図ることを決定する。また、翌年にも、関東・近畿地区の一部店舗を合流させることも発表した。

 そして、2015年8月31日。

 翌9月1日にイオン店舗として再出発を図る、北海道地区16店、名古屋地区5店、九州地区38店の合わせて59店舗が、ダイエーとしての最終営業日を迎えることになったのである。」

私にとってみれば、確かに既存店が減る=訪問対象店が減るのと同意義であり、完全踏破をもくろんでいる当方としては、複雑な心境ながら「行かずに済むわ」という方が勝っている。
もちろん、企業としてのダイエーの未来予想図を描こうとしたときに、一部は黒字店舗もあったであろう、地区の店舗をまるまる飲みこまれるのは、正直、完全敗北に等しい屈辱的なものである。

コングロマリット化したイオンは、ダイエーがそうであったように、仮に傾いても完全に斃れることは考えにくい。しかしながら、堅実という路線からは離れつつある企業の太り方は、脳血栓でも患えば、一撃で死に至ってしまうであろう。1999年3月時点では、他社の軍門に下ることなど、ダイエーともあろうものが・・・という筆致も見え隠れするのだが、失われた20数年は土地本位主義・GMSへの固執で自らの寿命を縮めたダイエーの末路そのものを映し出しているようで仕方ない。

前回の命日は「株式上場廃止」の2014年12月26日。今回の59店舗の命日…2015年8月31日も、ダイエーシンパとしては記憶にとどめておかなくてはならないのだろうか…

最後の名古屋シリーズ イ茲發篆慧垢泙如ゞ盪嚇


にほんブログ村

中部地区のダイエー店のイオン移管が伝えられた時、私が一番びっくりしたのが、建て替え直後と言ってもいい金山店(0762)の処遇である。

当たり前のことを言うようでなんだが、建築計画が持ち上がった時、イオンの足音はひたひたと迫っていたとはいえ、よもや、地区ごとイオンに異動するなどとは、誰一人思っていなかっただろう。それが証拠に、B1から1階に上がるエスカレーターの左側の壁には、ダイエーのロゴをかたどって、壁紙をくりぬくなど、意匠もかなり凝らしている。こういったお金をかけた工事が一瞬で無駄と化すのである。新たなダイエーカラーと位置付けている、ブラウンとオレンジの配色も、恐らく様変わりするのだろう。
開店当日に訪れ、2か月後にももう一度。今回で3度目となる金山店の訪問だが、新たな発進のつもりがこういう結末になろうとは…

しかし、店舗に訪れて、天候が回復した空をバックに写真に収めて、改めて、その威容に触れた時、「まあ、建て替え復活しただけでも良しとせねばなるまいか」と、半ば『店舗として存在している』ことへの感謝の方が上回るから不思議である。
金山


店内も様変わりしていた。サービスカウンターの左隣にあったセルフレジが、有人レジの左側(今までと逆側)に位置。精算系が一か所に収まった関係で、すっきりした印象を受けた。多分に、そこにセルフレジがあった背景には、惣菜系をワンストップショッピングできるようにする意図もあったと思われるのだが、導線的に具合が悪いとなった結果ではないかと思う。

とまあ、いろいろと書いては来たが、ダイエーとして訪れる金山店はこれが最後。開店から1年で3度も訪れた遠隔店はそうそうないだけに、脳裡に深く焼き付いた店舗を背に、名古屋市を後にする。

 訪問店舗データ
 店舗名  金山店         店舗コード   0762
 購入品  パンほか3点      購入金額   259円

最後の名古屋シリーズ じ鼎良き時代のダイエー店 上飯田店


にほんブログ村

名古屋東店(0680)の至近の停留所を12:23発のバスで離脱。猪子石西原というバス停で降り、基幹バスに乗り換える。

この基幹バスというシステムは、いわば、バスが市電のようになっているという、一風変わった方式をとっている。
停留所は道の真ん中。基幹バス専用に近いレーンも存在しており、左端をのろのろ走るバスとは一線を画して結構飛ばす。バスの塗色も変化しており、カラフルにも見える。
ここから、茶屋ヶ坂まで一気に。とはいえ、地下鉄の駅に向かう案内板とかには乏しく、ここは改善の余地あり。

ここからは、バスとは別れて、地下鉄オンリーに。名城線は、環状線状態になっている、地下鉄としては異例の配線。なので、右回り/左回りという表記になっている。
平安通で下車。その昔は、接続していなかった、名鉄との接続が可能になった、一駅区間を上って上飯田駅まで。ちなみに、地下鉄線ながら、名鉄以外の車両は配備されていないという、車両を持たない鉄道(神戸高速が有名/要するに施設だけを持っている)的な扱いになっている(小牧線との接続は2003年から。wikipediaなどを参照のこと)。

しかし、昼間は15分に一本の体制。やや帰路に不安も残る。
駅から南にやや下って、上飯田店(0254)が見えてくる。
上飯田


建設時期は、まさにダイエーが全国展開を見据えて、各地で建設ラッシュになっていた時期。この当時としては珍しい、ワンフロアが広めの店舗にしたことで、そのあとの展開もやりやすかったのではないかと思う。

懐かしいダイエーの残り香が感じられる店舗ではあったが、ここもイオン一色に塗り固められてしまうのだろう。今一番ダイエーっぽい店舗といっても過言ではない、改装前の上飯田を見て、一時代を築いたダイエーの隆盛と没落を一度に味わった気がした。

 訪問店舗データ 
 店舗名   上飯田店            店舗コード   0254
 購入品   あられ系2点を含む3点   購入金額   280円
 
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ