レンタカーを返そうと、赤嶺交差点から331号線を南下する。
レンタカーを借りるときは、空港からこのルートを使って営業所まで向かう。このときの高揚感は、いつも同じところを利用していることもあるのだが、なかなか味わえない。
だが、自分で運転してこの道を通るとき、それはほとんど返却のタイミングでしかない。このときの寂寥感は半端ない。直前のスタンドでガソリンを満タンにしよう、と思ったのだが…交差点名にビビッと反応する。
「瀬長」。そう。瀬長島の入り口交差点なのだ。
ちなみにレンタカーの営業所はここ。南下すると最後の訪問地としても十分その役割を果たしてくれる。

交差点の配置が変わって、以前は大渋滞していたここもかなり整備された。小禄バイパス利用車が、南行きの場合信号に関わらず左折できるようになったため、その分だけでも大きなメリットである。
ここでは、荷物の整理や最終車両点検・・・CDの取り忘れや忘れもの自体の確認をする場所にもしているのだが、なんといっても飛行機の離発着を間近にもみられるスポットとしての価値も十分にある。
軍用機(ヘリコプター)の浮上に合わせて少し時間調整があったが、それでも一機の着陸を見事に動画に収める。
これにてマジで沖縄旅行は完遂。あとは空港に戻るだけとなった。