多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

炎上

読書感想文…あるフリーアナウンサーのブログを読んで

「BLOGOS」に参入しているブロガーは結構いるわけだし、今回の件についても、基本的に炎上する気満々な筆致と、ドヤ顔での言い切り、極論が議論を呼べばいいというまさに炎上マーケティングさながらの物言いがここまでの事態を引き起こしたと考えている。

さて、人工透析せざるを得ない、腎不全という病気全体をDISったかのような当該ブログなのだが(当初とはタイトル等加筆もされているので、過激さ度合い…「死んでしまえ」、とか言うものいいが拝めなくなってはいるが、ほぼ掲載当初のままだそうだ)、当方は「ホーン」程度で放っていた。
なんとなれば、この文面をよく読めば、現在の社会保障制度の弱点を見事にあぶりだしているところもあるからである。
もちろん筆致があまりに過激になってしまっているところは本人もやや反省しているようであり、怒りに任せて、というよりは、「今のところ医者にほぼ掛かっていない健康体の人」なら怒って当然でしょう、という擁護も予想しての物言いだったと推定する。

『果たして、ぜいたく・医師の忠告を無視した挙句透析を受けなければならない人と、先天的・病的要因によって腎機能が失われたために行う透析がイコールで結ばれている現状は、歪んでいるだろう?!』

これが読み取れない人たちの多さには、書いた本人も驚いたのではなかろうか。

とはいうものの、氏にも落ち度はいくらでも出てくる。ソースがわずかに聞き取りによる何人かのインタビュー止まりであること、よほど怒った感情のままにつづってしまって、推敲や、不都合な表現に思いが至らなかったところなどである。

せっかくの問題提起も、暴言同然では、説得力も半減、いや、まったくなくなってしまう。それどころか、今回の炎上事態で、またぞろ"炎上の達人"的な称号を戴くことになりはしないか、と危惧することしきりである。
言葉を職業にしている人が炎上させるのは、天性のものなのか、それとも、我々はそれに載せられてしまっているのか…

「自業自得」を実証する自虐作家のしたかったこと

ツイッターなどのSNSに投稿する人の大半は、ネットリテラシーをお持ちであり、問題視されるような発言や画像の投稿は普通ならしないものである。
ところが、店舗冷蔵庫に寝そべる/メニュー外の創作丼/恫喝動画の投稿など、本当であれば「公開してどうなるの」というようなものが次々にアップされてしまい、炎上→会社謝罪→身元確認→投稿主アボーン、という行動パターンをしてしまう層も一定数いる。巷では「バカッター」というらしい。

自己顕示欲が強いとか、公開することがステータスに感じているような向きがバカッター民には備わっているからこその結末なのかな、と思っていたのだが、今回の「放射脳作家」の、福島県産作物に関する暴言は、相手が曲りなりでも「作家」という、まともな職業の人物からの発言ということもあり、物議を醸している。

ところが、さすがにTOKIOファンが猛烈にたたいたのか、いや、まるで日本中を敵に回したかのような発言だったことも影響したのか、ツイッターは炎上状態。たまらず謝罪した模様なのだが、反省している文面には見て取れず、まるで入店直後に頼むビールよろしく「とりあえず謝っとけ」という風にしか感じ取れないのである。→別の言葉でいいかえると「はいはいすいませんでしたwwwwwwww」人殺しと言い切ってしまったことは消えないし、そういう浅薄な、表面的なところからしか物事を見られないということは、その人の作家としての立ち位置にも影響することにまでどうして考えが及ばなかったのだろうか…あ、放射脳だから仕方ないのか…

そう。謝るくらいなら、最初っから発言しなければいいのである。ちょっと投稿を発信する前に一呼吸でも置いて、「人殺しって文言がまずいかなぁ」などと推敲もせず、感情に任せてつぶやいてしまう。物書きとしては、あり得ないほど軽率で、文学的な薫りも、理路整然とした説得させるような響きも何も感じない。いかに彼がノーベル文学賞の候補になるほどの大作家であっても、こんなことをつぶやくようでは、「書いた本もレベルが低いんだろうな」と想起させてしまうところが痛々しい。

当然の成り行きとして、自身の著書にも悪い評価や論破する書き込みがなされる結果に。デマどころか、何の根拠もないこのツイートは、福島県に対する侮辱…ヘイトスピーチ以外の何物でもない。
我々は笑いや批判に飢えているわけではない。あえて、自虐ネタを提供してもらわなくても日々それより面白いことは転がっているし、胸糞なネタは本当は御免蒙りたい。しかし…阪神淡路の被災者でもある当方にとって、福島に対する侮辱は到底許されるものではない。
本当に何がしたかったのか…理解に苦しむツイートだったことは間違いない。

騙るに落ちるA氏の浅はかさ

もうすでにネット上では、炎上を通り越して爆発状態になっている、「どうして解散するんですか」サイト問題。

はっきり言えば、解散に疑義を提起するにしても、である。なぜ自分の身分を小学校4年生に設定したのかがよくわからない。「小4に化けた俺が解散論じてる、それってかっけー」と勝手に脳内変換してのことなのだろうか、あるいは『子供にまで馬鹿にされる解散だよ』ということを言いたいがばっかりに、自縄自縛になってしまった可能性も否定できない。

某NPO団体の代表を務めていたA氏が"主犯"とされているわけだが、ここまで手の込んだ"仕掛け"をにする必要があったのかどうかも疑問である。だいたい、小4で「お友達と作った」とはいえ、サイトの体裁が妙に玄人じみているところも、自作自演臭を漂わせている。
素人感を先に出さずに情弱といわれる、ネットリテラシーの少なめの引っかかりそうな人を対象にした、提灯サイトであることを、今の情報化社会、皆2ちゃんねらーといってもいいネット住民が気づかないわけがない。そこに思いが至らなかった、また独自ドメインまでも所得してしまって、「小4に無理ゲー」なことを次々成し遂げている=なりすましであることを暴露し続けている。

結局、さんざんこきおろされた挙句に、矛先はズブズブではないか、とされる、あの野党にまで波及。そりゃあそうである。幾人かの議員がさっそく飛びつき、ツイッターでつぶやいたりしているから、始末に負えない。(某政党のマスコットキャラまでもが天才少年現る!なんてリツイート。かくして野党も巻き込んだ自演劇と確定されてしまうことに)
そんなに選挙がしたくない、とは、本当にミンスは骨の髄まで腐ってしまったのか、と憤慨せざるを得ない。

政党がからんでいる、という決定的な証拠はないが、このNPOに名を連ねている面子や、今回リツイートした面々を見ていると、状況証拠は腐るほど出てくる。一般人、それも子供を使ったまさに"子供だまし"で世の中をかく乱しようとする狡い戦術。こんな、正々堂々と戦えない野党なら、"夜盗"にでもなってヒャッハーしてくれた方が、駆除できてすっきりする。

こうまでして解散に大義がないと言い募る野党側。だからこそ、「大義」はここにあるのである。
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ