多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

記者会見

「嵐」休業会見は平成最後のベスト記者会見

携帯の速報が入ってきたとき、「誰か死んだのか」と色めき立った(あのグループに限って誰かが捕まったとかはないだろうしな)ほどであり、そんなことは一切感じさせなかっただけにただ驚きの方が強かった。

記者会見は、冒頭、リーダーの大野君が「僕が休む、それに伴い嵐の活動を休止する」と宣言しての会見のスタートだったわけだが、彼の「群れて行動したくない」性格を今の今までよくぞ4人は支えてきてくれたものだと思う。リーダーになってしまったから、「抜ける」といい出せなかった20年間。グループの空中分解の危機も一度や二度ではなかったようである。

しかも驚くのが、その発表を内々でしていたが2017年の6月。イベントの最中にリーダーの呼び出しがあってのことだったようだが(大阪で、という話から、このイベント・・・嵐のワクワク学校2017〜毎日がもっと輝くみんなの保健体育 であることはほぼ間違いない)、それからの約一年半、沈黙し続けていた(もちろんほかにリークもされていなかったことから、よほど情報管理の統率が取れていたのか、と思う)。そして2020年末までの約1年11か月間は普通に仕事をしていくと宣言したのは、その準備期間や告知するタイミングとしても、絶妙であるといえた。

その一方、質問する記者の側に、悪意や恣意的なものを感じずにはいられなかったのも事実だ。特に「無責任」と聞いた記者の方こそ、そこまでファンを想い、20周年も祝えるようにスケジューリングしていることを分かりもせずにそんな言葉が言えたものである。
そんな煽りに冷静だったメンバーたち。だからこそ、この会見はひときわ大きく報じられ評価も高いのである。ただ実績に胡坐をかいたアイドルやタレントなら、つかみ合いの喧嘩になっていてもおかしくない言動であり、それでなくても、そんな失礼な質問に答えないという選択肢もあったはずである。そこをぐっとかみしめ、自分たちの立場を朗々と述べるその姿勢。私も感じ入ってしまった。

某山口メンバーが放逐された際のグループと同じ事務所とは思えないこの対応力。これからの一年11カ月、彼らがどんな"伝説"を作るのか、今から楽しみで仕方ない。

受かる阿呆に入れる阿呆。同じあほなら…

当方が所属している兵庫県の、一議員の釈明記者会見が、全世界を笑いの渦に巻き込んでいる。
この意味不明な文言の羅列に、「ネタフリ」ともいえる冒頭の「平常心で質問を」と、記者にくぎを刺すところなど、お笑い会見の要素がたっぷり。5日に放送された生のラジオ番組で、明石家さんま氏までもが完敗、と”評価”する凄腕ぶりを披露した。
(もう面倒くさいので、彼の動画は張りません。そこらへんにいっぱい転がってますので、ニコ動でもYoutubeでもお好きにどうぞ/さんま氏の発言に関しては、こちら

会見の模様ばかりがクローズアップされてしまっているのだが、この県議、かなり悪質と考えている。
もうすでに言われているように、同じ場所に年に数百回も向かうなど、尋常ではない。しかも温泉地と来ている。こんなことがまかり通る/少なくとも見逃してくれるとどうして思ったのだろうか。
「政務調査費」というお金=自分が好き勝手に使えるもの という認識がなければ、こんなヤタケタができるはずがない。そもそも議員になったということは、税金で禄を食んでいるという公僕としての自覚が芽生えないといけないはずである。

それがこのありさま。会見では謝罪するでなし、自分の言いたいことを変に感情に任せて述べただけでもあり、結局内容はないに等しいものといえる。これでも、辞めないで生きていけるのだから、いったん議員になってしまったら、よほどのことがない限り、失職しないのだから、いいご身分である。

例の女性都議といい、今回の”お笑い”県議といい・・・。有権者にしてみれば、ここまでのヘンテコな人格者であるとまでは見抜けなかった、で済む問題なのだろうか?
基地外とまでは言えないものの、議員としてふさわしくない、と分かった段階で、即失職、もしくは議員資格停止の処分など、早急に措置することはできないのだろうか?

あ〜〜〜〜、それにしても同じ兵庫県人として、恥ずかしい人材が出てきてしまったものである...
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ