多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

訪問

2015.8.29 誕生日に回ってみる 新生・ダイエー 神戸三宮店 1F


にほんブログ村
初日に立ち寄ってみたものの、やっぱりすごい人波に辟易して、1時間足らずで退散。
どこも「見て来れました!」と、胸を張れるレポートにならなかったこともあって、前回は一応テキストだけで取り急ぎ状況をアップしたにとどめていた。

休日がよもやの当方の誕生日とは、神様も余計なことをしてくださる(実際は、当方の申し出によるものではなく、テキトーに休日を当てはめてたら、こうなったというのが実際。8/中旬の店舗周りが頻繁にできたりしているのも、有給消化という側面が多かったりする)。
というわけで、1階からのフードスタイルストアを中心にもう一度見て回ることにする。
ただし、店内写真は膨大に及んでいるため、フロア別で記事を分けたのでお断りしておく。
(基本、8/29撮影分で構成するが、獲り忘れ等に対応した、8/27撮影分は、紹介文を色分けしてある。また、携帯カメラとデジカメの画像が混在している。)

・1階 フードスタイルストア
ボタニカルショップ(自然派を謳う商品が並ぶ)/ジュースバー/ワインを中心としたリカーショップ/花卉類/焼き立てベーカリー店が軒を連ねる一角。
注目はなんといっても、メイン通路に出っ張って主張する、チーズなど、ワイン食の提案コーナーである。
06220829_001

逆側から
06220829_002

もちろん、お酒類のラインアップは半端ないもの。「酒に関連した」ドライフルーツや缶詰と言った品ぞろえも、価格帯と言い、特別誂えに近いものが見受けられる。
ドライフルーツの量り売り
06220829_003

なんと、オリーブオイルも安価なものからまともな製品まで、棚2本分を占拠。
06220829_004

チーズ売り場すぐ横には、テイスティングスタンド。ダイエーにはない試みと言える。
06220829_005

レジ横には、ワインのうんちく本もズラリ。これまであった、雑誌関連の販売は、B1階のレジ横でもやっているようだが、取り扱いがなくなったと思われているのか、売れているようには見受けられなかった。
06220829_006

エノテカという、ワイン専門店からも出店。まあ、こじゃれた棚に入っていることもあり、値段も相応。
06220829_007


ボタニカルショップも(2枚)。
06220829_008

06220829_009


お酒関連のおまけ。タイガースコーナーもあるところは抜け目ない。
06220829_010


ベーカリーショップの全景。
06220829_011

ちなみに、ジュースバーはあまりに人が寄っておらず、写真に収められなかったので割愛。

サービスカウンターは1階奥に移動したのだが、免税受付もここ。最後の一押しと言える、日本土産で攻勢をかける(2枚)
06220829_012

06220829_013


・感想
ドラスティックに変わりすぎだろ!!と言いたくなるのは当然として、本当にうまく在庫が回転していくのか、と考えた時に、ここまでおおっびろげに1階を変えてしまったのはどうかと思ったりもする。
テイスティングバーは、あくまで『味見』なのだが、そこそこの場所も取っているだけに、早晩、ちょい飲み需要が勃興してこないとも限らない。いや、むしろ、それをやったら、受けるのでは、と思ったりもする。まさに「二十歳以上限定」に1階を変えたことで、日銭を無視するやり方をとって、大丈夫なのか、とは思う。
<2015.9.11 付記>
…と、上でも書いているのだが、リーズナブルな価格設定(一杯200円(税込)から)もあって、夕刻には、コーナーがいっぱいになるほど、ワインの試飲コーナーは受け入れられつつあるようである。11月にはボジョレー解禁があるが、どういう施策を打ってくるのか、非常に楽しみである。

2014.7.3 愛知シリーズ(2) モックンの実力か 上飯田店


にほんブログ村
何とか定刻通り、と行きたかったが、レンタカーのもったりとした説明にややイラッとする場面もあって、スタートは11:15。
と言うわけで、何とか愛知シリーズがスタートしたわけだが、ナビどおりに進めると、どういうわけか、信号に引っかかりまくるルートを選んでいる模様。20分はかからないと思っていたらさにあらず、11:45着。

まだ天候は荒れるほどまでには至っておらず、パラパラ程度の小雨状態。
でも若干暗めの天候でお写真となると、突き抜けた感じに映らないのは仕方ないところか・・・
D上飯田1


実は、愛知/名古屋市内では、大型店と言うくくりでこれまで栄店(0223)が旗艦的な役割だったのだが、老朽化に加えて立地が芳しくなくパチ屋になってしまい、歴史的にも「古きよき時代の大型店」的であるここあたりが、往年のダイエーを感じさせるモデル店舗になっている。
それが証拠に低層/3階建て。1階に衣料品と食料品が同居している、延べ床面積が取れていたころのダイエーそのままの配置。奥を食料品にしてあるところなんかも、導線を意識した配置といえる。

さて、いつもながらの「おなじみ品」ラインアップチェックをするのだが、あの小原製菓のあられはとうとう見つからなくなってしまっていた。ショックを隠しきれなかったのだが、ぱりんこの徳用袋が2つで500円だったので、思わず脊椎反射。レジを通る際に袋云々を言わなくなっていたことに後で気づき、「袋有料地区だったのか」となって、勢いで買ったぱりんこ2袋が一気に荷物化してしまう事態に。1店舗目でこういう失態は無かったのだが、今回はキャリーケースを持参しないでいけると高をくくっていたのが失敗の元だった。
結局「何とかなるか」でダンボールに仮入れ。今後を考えると大変なことになりそうな予感である。

訪問店舗データ 
 店舗名  上飯田店             店コード  0254
 購入品  食料品7点            購入金額  1075円

2014.7.3 降ってわいた愛知シリーズ(1)プロローグ


にほんブログ村
すでに、東海地区の店舗については、コンプリート済みの小生。とはいっても、90年代にさかのぼる、言ってみれば「あやふやな記録」でしかなく、レシート自体も残ってはいるが、写真記録が不完全なところがある。
すでに店舗のない鳴子(0708)や、かなり前に閉鎖し現在は別の店舗になっている高辻(0259)にも立ち寄る余裕はあるにはあるが、今回は、本当に、見に来ていただいた方のご報告も兼ねた、ダイエー金山店(0762)の詳細レポートの方が重要と考えている。

それにしても、偶然というには出来過ぎている。
木曜日を休みにする、ということは、「中の人」的にはあまりほめられたものではない。まあ、私の代わりはいくらでもいるので、休めないというわけではないのだが、今回の7/3を休みにしたのは一か月以上も前に、提出したシフト。もう一つの仕事関係で、いければいいなと思っていたら、雨降りでそれもできない(まあ、晴れであってもこっち優先なんですけどねww)。
つまり、ものすごい、「ついている」といえるのである。もっとも、大昔であれば、ドライブと称して、夜っぴて名古屋に向かい、一番乗りでも目指そうか、という気概すらあった(それに近いことは、旧・泉佐野店(0691/現在のGCのオープン時ではない)や、今や建て替えで建物すらない、メディアバレー町田店(0657)で経験済み)。

一応、大阪発の高速バスで名古屋入り、というスタイルは今回初めて。その昔であれば、「東海シリーズ」となって、岐阜やら三重やらに行かないと落ち着かない、また、愛知シリーズと銘打つにしても、豊橋やら瀬戸やら、東郷やらまであるとなると、本当にあわただしい(新幹線で乗り込んで本腰入れないと回りきらない)ところなのだが、名古屋市内に集中しているおかげで実質のドライブ時間は、既存店回るだけなら一時間強。お亡くなりの店舗回りを含めても3時間もあれば完遂できそうである。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ