多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

詐欺

なんなんやさ…(少年談)

ここ最近の情報商材系は、いわゆる月6ケタではなく7桁という尋常ではない数値を目標に掲げるものが多数出てきている。

いわゆる検索系には引っかからないが、メルマガとかでうさんくさいものも含めて結構来る。

大抵が動画5話程度視聴させて相手にある程度の信用を植え付けたところで「ハイシステム料金支払ってね♥」が一種のテンプレート状態。恐ろしいほどに体系化されているので売り込む側…WEBマーケティングを仕切っているところも同一(同じ穴の狢ではないかと)だろうと思っている。
その昔はくそ長いセールスレターで見る方も飽き飽きしていたのだが、それが動画に変わっただけ。やっていることは昔も今も変わらないとみるべきだろう。

中でも面白いのは「FXで私が稼いであげる」というそんなことができるのか、という手法を用いている人。もっとも詐欺とまで言うつもりはなかったものの、うさん臭さが払しょくできず、結局途中で鑑賞も辞める。ご本人は何か儲けてもらうことが満足のご様子だが、それなら自身で「撒けば」いいのにそれはせずに、口座も作ってシステム買ってね、という。本当かどうかなんて探りようがない(出てきている体験者も、よくよく考えれば養成所の俳優さんを使えば問題ないし、そこまで仕込んでいる可能性も大)。
バイナリー系も何話/何タイトルか見させてもらったものの、そこまで再現性が高いものが本当にあるとは思えないし、実際無料レベルの講義で教わったスタイルとエントリータイミングでやっても勝率は安定しないとわかる。

「まぁたひっかかったwwwwww」。送り手は、購入後のその後まで追いかけることなどしないし、実際そういった「本当でした」という声はほとんど聞かれていない。それが証拠にほとんどの商材系で「稼げた」という報告のブログやSNSの投稿を見たことがない(セールスレター内には成功者の体験談が載っているが、こんなのいくらでも作文できる)。

ということはどういうことか?
詐欺ではないかもしれないし、あまりに母数が少なすぎて実績が拾えないだけかもしれない。だが、本物がそう簡単に流出したり、表に出ることはそうないはずである。
となると、例えば「勉強」にはなっても「収入・収益」と結びつかないのが現在の情報商材の世界であり、仮に未来の稼げるかどうかわからない月収7桁のためになけなしの数十万を払うことは一種の「ばくち」でしかない。

一時期「もうリンクを踏むのはやめよう」と思っていたのだが、ここ最近、変に高額収入を掲げる提案者=結局システムを売りたいだけ/参加者がどうなろうと知ったことではない ばかりでうさん臭さが消えていかない。
完全無料で稼げるシステムこそが至高であり、そんなものが存在するのかまでは知らないが、仮に有料でも廉価で多数に売り込んだ方が利益も余計に取れるのにそれをしない販売者の魂胆を見てしまう。

まあ、ふるい落とされる(あまりの高額に)のに慣れているので、「始まったwww(三葉)」で最近は動画を見るようにしている。でも、ネットリテラシーのない層が見たらイチコロに仕立ててある体裁。中には主催者のお涙頂戴(インタビュアーまで号泣しているのにはちょっと引いてしまいましたが)まであるという始末。普通では売れないのはわかっていても、ここまでやると食傷気味である。
玉石混交の情報商材の世界。ホンマモンには会えるのだろうか…

即席麺試食記(269) 看板に偽りあり 日清チキンラーメン BBQ風カレー味


にほんブログ村

日清食品の「チキンラーメン」と言えば、創業した製品そのもの。麺に味をつけて揚げる→湯戻しして食べるという”発明”は、日本のみならず、世界に食の革命をもたらした。

スープが別添えになるのは、チキンラーメンの発売からしばらくたったころなのだが、お湯だけで食べられる簡便性を追求したところは、チキンラーメンがいまだに支持されている証左ともいえる。

とはいえ、当方は、この簡便性とレベルの低さ=発売当初からほぼぶれないコンセプト にはもろ手を上げて賛成とは言いたくない。なんとなれば、すでにラインも元を取っているはずであるのに、高レベルの袋めんとほぼ価格が同じというところに疑問を感じているのだ。逆に言えば、かなりの高利益を上げている製品とも言い替えられるわけで、だから、5食パックが安売りの目玉になるのもうなづけるところである。

というわけでチキンラーメンは、ほぼ試食の俎上に上がることは無い。だが、新商品ということで、パッケージの写真にもつられて購入してみる。もしもう少し、諸元表に目を通していたら買っていなかったかも、なのだが…

嬉々として作りはじめようとかやくの袋を取り出す。あれ?すぐさま手が、あまりの軽さに驚く。
封を切って麺の上に…ああ・・・・・・・・・あまりの少なさに、声にもならない声が出てしまう。

言わずもがな、で時間通りだとヤワヤワになるので、2分弱で食べ始める。
まずはカレー粉末なしで。もちろん、チキンラーメンの味は十分にするし、脂ぎった感じもしない。いたって普通である。
カレー粉を入れてみても、想像以上にカレーとチキンラーメン味は両立しているし、決してスープはまずくはない。だが、ふたの写真とは2/3程度しかない具材の量には、残念を通り越してわびしさしか残らない。

最近、こういう、「2つの味のミックス」というやり方がインスタント麺業界でははやりなのだろうか?まあ、なんにせよ、この製品は、パッケージイメージ詐欺にあった感じしかせず、かなり評価は低くせざるを得ない。
だいたい、総重量88gでめん80g、の時点で気が付くべきだった。そんなに具材は入ってないですよ、と。

日清でここまでがっかりの試食記を書くことになろうとは…ほとんど最低評価に近いものではなかろうか?

 購入店 ダイエー 神戸三宮店
 麺    6.5/10   スープ   7.5/10    具材  4.5/10    総合計 18.5/30
 価格補正  なし      合計   18.5/30     格付け   C(騙された感ありアリ)

なにが彼らを掻き立てるのか? 競馬投資サイトの場合

物は試しで、ネット上にいくつか存在する詐欺競馬サイトに登録したことがある。
半年〜1年程度はまともに運営しているように見せかけるのが常なのだが、「諸般の事情」で突然店じまい。会員情報などを引き継ぐという経緯を経て、今、関わっているのが一社ある。

ちなみに前者からの引継ぎの内容がこれまた振るっている。メールは残してあるので抜粋すると…

社長直々のメールなのだが、「投資競馬管理協会」なる団体の監査が入ることになり、まったく利益の出ていない会員を擁していると、投資情報を提供すること能わず、となるので、是非とも参加してもらいたかったが、結果的に休業やむなしとなったので、こちらに引き継ぎます、というような内容のもの。

いまどき、仮にそういう団体があるとして、実態があるかどうか調べもしない、ネットリテラシーのない人ばかりが参加しているわけではない。そして、その実、こんな業界団体(笑い)は、存在しているはずがない(自分のところで予想をしていたという実績はあるようだが、業界団体では間違いなくない)。

引き継ぎ元が嘘を言っているのであれば、引き継いだ先も胡散臭いと思うのは当然の結末。メールは配信させたままで、一切の連絡をしないままでずっと放置していたのだが、見ず知らずの人まで巻き込んだような内容の情報を提供し始めるなど、少し目に余りだしてきている。

ただ、ストーリーとしてはどれもよくできているのだ。例えば、業界の凄腕馬券師・X氏が魅せる、とか、なんちゃら情報を提供、とか、突然何の実績もないのに会員レベルだけが上がるとか…
そこまで当方を稼がしたい、というのなら、「無理やり買っときました。配当金がありますので受け取っていただけますか?」くらいの”見せ金”でもあるのなら信用しないでもないが、どこまで行っても情報を買っていただき投資は自分でしないといけない。つまり、当たろうが外れようが、当局は一切関知しない、というのがどの競馬情報サイトでも謳われている項目である。ここの部分が、情報サイトが煽るわりには信用ならない点でもある。

今当方がかかわっているサイトも、「ほれほれ、情報どうりに入ってるじゃないですか(予想通りに入線しても、配当が想定より少ない場合のエクスキューズはなし)」のメールは散々受け取るわけだが、それがない場合もある。まあ情報そのものが結果通りなのかどうかを確認するすべがないので、「ふーん、それで?」「アー、ヨカッタネー(棒」でおしまい。そしてまた一週間、当方をたらしこもうと、いろいろな手口で迫ってくるわけである。

くどいようだが『当方の幸せを第一』に考えているのなら、疑いようのない実力を当方の前に提示してからにしていただきたいものだ。もちろん、こちらも欲得で話を進めているわけであり、完全無料は土台虫が良すぎる。であるがゆえに、外れたら即返金ができるくらいの度量があるのなら参加してもいいし、信用もできるということになるが、「情報ありき」で話を進めるその会社も結局同じ穴の狢、ということが言えると思う。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ