多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

週刊文春

捨てられる「軽い神輿」…鳥越俊太郎氏の場合

前の知事の、ぶざまなまでの、失職に等しい「石もて追われる」かのような退職劇から1か月余り。
予想通り、いろいろな候補が出てきて、玉石混交状態となってはいるが、主要候補は3名に決まった感がある。

なんといっても、野党は4党相乗り推薦で候補者を一本化、対する与党は、これに失敗。これで勝負あったか、と思われたが、日が経つにつれて、当方も予想していた構図とはかけ離れた結果が生まれてきそうである。

もうすでにさんざん言われていることなのだが、最高齢の76歳、街頭立ち合いはほとんどせず、やったかと思えば自身のしゃべりはわずか一分足らずという、巣鴨の"伝説"を生むことになり、またその際に応援に来たゲストが、芸を披露してしまう、選挙違反を犯すというおまけまでついている。
(筆者注:当方がうだうだ言っても始まらないので、参考の記事をどうぞ。ちなみに直近の参議院選挙の際、応援に駆け付けた元speedの面々が、歌わなかったのはそういうわけなんですねぇ)
「聞く耳を持っている」と大見栄を切る割には自身の疑惑には、まるで聞こえないふりのフル無視。弁護団を使って裁判沙汰にするとは言っても、見えてくるのは「告訴した=正義はこちらにあり」という、わけのわからない勝利宣言。仮に本審まで行き、事実認定されてしまえば、計り知れないダメージになるはずであり、都知事になってしまえば、週刊誌の報道もさらに過熱することは必至。こうなってしまうと、「この人を選ぼう」という有権者は一気に醒めていくとみられる。

この人をはじめ、バリバリの左翼オールスターズのジャーナリストどもは、まさに反日の巣窟の住人であり、とてもではないが彼らの意見に賛同できない。特にニュースをありのままに伝えることをしなくなった90年代以降のマスコミの左傾化は、まるで日本人を痴呆化・弱体化させるかのような低俗ぶりを発揮していた。従軍慰安婦・南京大虐殺・731部隊…そのいずれもが、日本のマスコミによってなぜか裏打ちされ、真実として受け止められている。
反日のお先棒であり、たきつければホイホイ出てくる、尻の軽さは、この人の「覚悟のなさ」をうかがい知れる証左にもなるわけだが、実は、この人が刀折れ矢尽きた時に蒙るダメージは、本人にしてみれば「どうせダメだろうし」で済む話だが、野党4党にとてつもない亀裂を生むであろうことは察しが付く。
今回の週刊誌の集中砲火に等しい"攻撃"は、身から出た錆、身内に打たれるという最悪の状況を作り出しているわけで、かなり苦しいところまで追い詰められてしまったのではないか、と考える。
なぜ、やる気満々の弁護士氏を押しのけて、この人に一本化したのか…こんなことなら最初っから辞めときゃよかった、と野党の選対関係者の嘆き節が聞こえてきそうである。
→巣鴨証拠映像はこちら。ちなみに「ドリンクを」などと強要している聴衆もいるようだが、これも立派な選挙違反です。もうね。支持者自体が染まってますから、それだけでアウトなんですけどね。

センスプ砲に粉みじんにされた"詐話師"の末路

元ハーフ的な風貌も実は単なる「彫の深い」日本人、学歴はことごとく嘘八百、それに騙された大手証券会社の後ろ盾もあり、ここまでの地位を獲得するに至った、この人…川上 伸一郎(通名ありww本人はビジネスネームと言っているそうだが…)の経歴のねつ造ぶりは、本当にすごい。
目くそ鼻くそだが、この人にまでぼろくそに言われるようでは、世も末である。て、タイトルにつられただけでした。申し訳ないwww

つまり、我々は本当に「一杯食わされた」のである。そして、良くも悪くも、このテレビ局にとってみれば「致命傷で済んだニダ」と思っているに違いない。→もし番組が始まっていたら、と思うと、良くぞこのタイミングで、と週刊誌に足を向けて寝られない局員もいることだろう。

FMの番組降番の際には涙ながらに謝罪したとのことだが、これを聞いたリスナーは擁護の声を上げているとか言う気持ち悪い記事が挙げられている。
確かに人柄はいいかもしれないが、嘘に塗れる人生をこれまで歩んできて、それがたまたまばれるのが遅かっただけの話である。実績がめちゃくちゃあるとか言うのなら百歩譲りたいところだが、彼クラスで、弁の立つ社長クラスはいくらでもいる。変な肩書と、ハーフっぽい風貌/そして見事なまでに自称していた"芸名"の存在・・・これで一介のコメンテーターはおろか、冠番組までもたせようとしていたのだから、某局の危機管理能力も落ちに落ちたものである。もっと言えば、冠を持たせるタレントを何の調査もせずに使い続けていたFM局は、さらに無能ということもいえる。

私は、この人、胡散臭いというよりも、通り一遍のコメントしかしない(深堀できない)から、使い勝手がいいのかな、なんて思っていたりするのだが、案外ファーストインスピレーションって当たっていたりするんだな、と感心したりしている。

ウム。やっぱり、今年の芸能界は、生き急ぎ過ぎている。何かがはじける、又暗部が暴露される…毎日が刺激的過ぎて、ちょっと怖い。

もはや「公器」などとぬかすんじゃねーぞ!!

goo辞書で「公器」を引いてみると、例文が示されている。

           おおやけのもの。公共のための機関。「新聞は社会の―である」
→gooの「公器」の意味のUrlはこちら

この例文に従うと、新聞は、「おおやけのもの」で「公共のための機関」でもあるということらしい。

しかし、そろそろ、この例文は取り下げたほうがよくなってきていると感じている(ちなみに、当方、この例文はふさわしくない、とgooに申し入れます)。
つまり、公共の機関であるという認識を持たなくなった新聞が存在しているからである。

もういわずと知れたことだが、朝●新聞である。自分のところのねつ造記事を訂正はしても謝罪をしないという姿勢に、ややおかんむりの週刊誌2誌が渾身の特集を掲載。いざ朝日に広告を出稿したところ、断られただけでなく、「謝罪と訂正を求める」と逆ギレしてきたというのである。
→「保守速報」のまとめ記事より。

もうね。「どの口がァ…」といいたくなるこの対応にもはや「この新聞にだけは公器という言葉は使えないわ」と思ってしまったものである。
実際、これで言いたいことはすべてである。この新聞のお説教じみた上から目線の発言も、したり顔の政府批判も、中韓に阿る内容も、何もかもが信用ならない。たとえ同じ内容を報じていても、「吉田調書」のように真逆に伝えることしかできない新聞は、存在価値がない。

百田氏ではないが、「消えてなくなってもらいたい」ところである。今回の対応ばかりは、さすがに腹に据えかねている。
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ