多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

都知事

もしこれが彼の筋書だったら…

とうとう、彼も「ただの人」を選択せざるを得ないところまで追い込まれてしまったようである。
→まあどこでもニュース記事は転がってますが、一応こちらを選択。

とはいうものの、しどろもどろな答弁や、「第三者www」を使った自己正当性の証明など、すべてのことは「時間稼ぎ」に使われたとしか言いようがない。実際、彼の中では「よく戦ったけど刀折れ矢尽きたか」と自画自賛しているのではないかと思う。
そもそも公用車疑惑をはじめとする政治資金の不適切使用/公私混同疑惑に、第三者を使ったとはいうものの、明確に「ごめんなさい」した事実は見られない(一部の返金や、収支報告書の記載訂正はしているだろうが、それも「はいはいや・り・ま・し・た」というレベルであり、真摯に反省している様子はなかった)。
6/13の都議会総務委員会集中審議でも、一種「出来レース」「同じことの繰り返し」的に感じた人も少なくなかったろう。新たな疑惑や舌鋒鋭く迫った議員はほぼなく、そのまま時間が過ぎるだけで本人的にはよかったのかもしれないが、口は禍の元。「リオ五輪まで不信任決議案は出さないで」と"命乞い"する様はまさに往生際の悪さを印象付けた。
遂には子供までだしに使う始末で、とにかく知事の椅子にしがみつくことだけに執着したこの1か月間だったといっていい。

すでに6/1まで在籍していたのでボーナス(400万弱と言われている)も確定し、さらに退職金ももらえるというのである(2200万円ほどだとか。どういう計算方法か知らないが、迷惑をかけてももらえるというのが恐ろしい)。
6/1までに辞めていても、それ以降に辞めていても「辞める」ことは同じ。ならば、一日でも長くその座にとどまりたいと思うのは"さもしさ"からくるのだろうか。それとも自身の出自がなせる業なのか…。

もちろん「リオ五輪での引き継ぎ」という彼にとっての最大の栄誉に、都民ならず、国民は待ったをかけたかったに違いない。その分では、胸をなでおろしている人も多かろうが、「なぜここまで引っ張ったのか」は、やはり謎な部分である。
ここまでのらりくらり交わしたのに急にやめるとなったのは、やはり「百条委員会」を恐れてのことではないかと思う。執着していたリオを諦めさせる効果があったと思いたいが、本当にそれだけか、今後、「辞めたからもういいや」ではなく、都議会には「都知事だった人」の税金の不可解な支出については追及の手を緩めていただきたくない。

流行語が狙える?「ファーストクラス症候群」

以前、当方は、「ブログPVで東京オリンピック寄付をしよう」と画策していた。
証拠ブログ記事。 ただし、当初はいわゆるPV稼ぎとして何がいいのか、と考え、「仮にF5アタックでもいいから話題になってくれれば」という意図があったのだが、結果的に急伸することはなかった

理由は、膨大になる運営費を一国民として陰ながら支えたいというおもいからだった。
ところが、五輪誘致の立役者と言ってもいい前知事は、数千万の不適切な資金の流れが判明して、辞任に追い込まれてしまう。
この時点では、当方はこの寄付自体を止めるつもりはなかったのだが…
次の知事が決まった瞬間、当方は、このPV寄付を一切白紙化すると再宣言するに至ったのである。

単に人間性の問題で、この人は信用ならない、と思っていたのだが、知事に就任してからの"奇行"には、もはやあきれるを通り越して、憤りすら感じる。特に民間外交と称して、外国に出かけることがあまりに多いことが問題視されている。
私の感覚で言うと、「なぜ東京都知事が、あちこち外遊する必要があるのか」「旅費をなぜ圧縮できないのか」という基本的かつ素朴な疑問がどうしても浮かんでしまう。

特に気になるのは、外遊の回数もさることながら、どうあっても「豪華でないといけない」と間違った観念を持っている彼の素養そのものである。
フライトは必ずといっていいほどファーストクラス、泊まればスイート、通訳に車両費、おつきの人も二桁が当たり前という豪華絢爛ぶり。もしこれがポケットマネーで催行されているのなら、誰も文句は言わないだろうが、すべて都民の納める税金で賄われている。
→当方もお勧め!!まだの人は、この人のブログの読者になることをお勧めします。Coffee氏のブログ記事で詳細がわかる。ちなみに今回のアメリカ訪問も、ファーストクラス/スイートというコースは変更していない

こうなってくると、「ファーストクラスに乗らないと変な病気にでもなる」かのような偏狂ぶりと言わざるを得ない。方や、動きが固定化され、できた血栓が死に至らしめるとされる恐ろしい「エコノミークラス症候群」。今回の知事のこの行動には、見事に対をなす「ファーストクラス症候群」と名付けてしまいたくなる。

いい加減リコールなり、公金支出の異常性をお恐れながら、と訴える気骨のある都民は出現しないのか、と思わずにはいられない。この知事で東京オリンピックは迎えたくない。

晩節を汚す「最悪の仕事ぶり」…舛添要一の場合

一応、内閣の構成員でもあったこともあって、「俺は外交だってできるんだ」と大見得を切りたいばっかりに、今一番関わってはいけない国・韓国に行ってしまった舛添都知事。
すでにネット上のみならず、この訪韓自体を疑問視する声はますます高まりを見せている。

だいたいにおいて、所詮は一都道府県の首長が、一国の大統領にあって会談することの意義があるのかどうか。国と国との間のやり取りなり、合意なり、援助()を取り付けるにした所で都知事風情では役不足である。せめて外務省の役人あたりでないと、話のしようがない(金の無心をするのなら、当然首脳会談にして白日の下にさらすべきであり、おそらく「韓国サン、お断りします」という安倍氏の回答を聞くことになってますますファビョーーンすればいいとは思うけど)。

国賓待遇という扱いにも韓国の頓珍漢ぶりが目立つ。ここまで歓待したところで、どんな”お土産”を期待するというのだろうか…。まあ機嫌よくしてもらって、相応のものを引き出そうとする魂胆は見え見えであり、実際、地下鉄の運行ノウハウを無償提供するといったことも漏れ聞こえている。

彼の出自がそうさせるのか…。それはわきに置いておくとして、今の日韓関係を俯瞰してみた時に、こじれてしまった発端は韓国側にあることは明らかである(特に前大統領の任期末期における暴走ぶりは異常という言葉だけで片付けられない)。それをとりなそうとせずに外遊すれば「ニホンガー、イアンフガー、ウォンダカガー」の一点張り。そんな今の女性酋長にあったところで何が得られるというのだろうか…。舛添氏を前にしても依然としてレキシニンシキガー、と言い放つさまを見て、この病気、治らないところにまで進行しているわ、とさじを投げてしまいたくなる。

要するに「行かなければ問題にもならない」はずなのに行ってしまったがために大問題に発展する。ぶっちゃけリコール、などという物騒な話も持ち上がってきている。

あの国と組むと負ける・・・ご存じ、Kの法則は、ここでも健在だといわざるを得ない。もしリコール成立となったら、「Kの法則、おそるべし」。また一つ伝説が生まれることになりそうである。

livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ