多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

閉店

2019.2.11 結果的に選択ミスらず グルメシティ四条大宮店閉鎖当日訪問記

できる店あれば、閉める店あり。
ここ最近、商業施設の閉鎖/建て替えの頻度が上がってきているように思う。ダイエーに限らず、歴史のあるイトーヨーカドーや、旧ジャスコ店、地元に根差した店舗も報じられたり知らないだけで、次々に姿を消している。

事ダイエーに関して言えば、2019年にはわかっているだけでも、横浜西口(0239)、GC四条大宮(0816) 、GC八幡町(0527)、GC神崎川(0832)、ダイエー由来の店舗でもある、旧千葉長沼に旧SP横須賀も閉鎖の対象になっている。最近、九州の旧原店が閉めたのもツイート等で流れてきていた。

2019.2.11 に閉鎖が確定した横浜西口店。すでに何度も言っているように、ここ無くして、今のダイエーどっぷりの生活は考えられない。社会人一年生ながら、ダブルワークをしたいと支配人に直訴し、土日祝限定のレジ課員としての3年余り。当時の社員と昵懇になったことも含めて、自分の中ではあの頃の一種青春的な動きが思い出されて時々胸を熱くする。
ここまでの感情を発露させたのは一組の接客によるところが大きい。初老の夫妻だったと記憶しているのだが、何気ない当方の心配りにこちらが感激するような言葉をかけていただいた。それがいまだに私の心に憑りついて離れない。

だから、当方は当初の予定では、2/10・11に東上を計画。2/11は0239の最期をこの目に焼き付けようと考えていた。だが、手元不如意が発生。1月の沖縄でのちょっとした散財が影響して旅費のねん出がかなわなくなってしまった。
少しがっかりしたのだが、2/16に執り行われる、ダイエーファンの集い的な催しに企画/制作側で参画することが決定。2/11に打ち合わせをすることになったのだった。
ツイッターをしない方に一応告知。ダイエーファンでならす、若干20代前半の彼がどう熱弁を振るい、私がどうフォローするのか! 見たいと思ったら、現地集合よろしくっ!
京橋で打ち合わせすること一時間余り。「それはそうと、四条大宮、行くの?」と問う私に「はい」と言葉少ななフォロワー氏。私としては、この店舗にはそこまでの思い入れもないうえに、往復1000円越えの交通費をかけてまで見たいと思える店舗でもない。
それでも「閉鎖日に休みが取れ、いける範囲にある」とわかった時、「そう言うタイミングってなかなかないから」とばかりに私も一路京都に向かうことにした。

でも現在地は京橋。当初は大阪→梅田まで上がって阪急、というルートを取ろうと思ったが、目の前の京阪がいざなう。京都まで行ければ祇園四条で下車すれば、阪急・河原町から行ってもいいし、バスで流れる手もある。
どっちにしても、営業終了時刻とされる18時には余裕で間に合う時間帯。結局京阪→京都市バスで四条大宮まで流れてバスを降り、あとは徒歩で現地に向かう。
途中のラーメン店で喫食。午前営業終了寸前の飛び込みだったが、何とかクリアしていざ店舗へ。
だが、いわゆる閉店間際のラッシュ、という感じが見当たらない。生鮮もじっくり選べるほど残っているし、何より青果の残り具合は半端ない。それでも冷凍系はほぼ完売状態で、名残で選べるほど潤沢なラインアップではなかった。
ワンフロアで、ぐるっと回ったらおしまい。まだGC住吉(0634)の時の方が、入れ込みも、活気も商品量もあって、面白かったのだが、あと3時間余りは苦痛に思えた。なので、大宮駅至近のファミレスでケーキセットなどを食べて時間をつぶす。

17時を回ったので再び店舗へ。それでも残しきらないで売ろうというラストスパートをかけるには少し遅く感じられる。生鮮の棚は、この時点で何とか死滅状態。デイリー系の棚に集約されつつ、そこが主戦場に生まれ変わっている。デリカ/パン系は、比較的早めに売り切り対策を取っていたこともあり、この時点ではそれほど残っていなかった。
それでも店内の喧騒と、退場に気を使った当方たちは、17:30時点で購入を、ラスト5分前に店内ウォッチングをして一部空になった棚を納めて店外に出る。ここからは、いわゆる割引乱れうちの館内に、対峙する客の争奪戦という趣がふさわしい時間帯となっていく。それほどでもないと思っていた喧騒も、18時の時点でより一層高まりを見せる。そのころになると、店外ののぼりや一部の黄黒垂れ幕も回収。店外の掲示物まで引っぺがし始めたりしていた。
18:15ころには入店も禁止され、完全に売り尽くし体制に入った。18:45頃の退出客と同時に店員たちがぞろぞろと出てきて角店長のあいさつが一分程度行われる。

観ていた人たちは50人ほど。一部、商業施設クラスタらしきバシャバシャ撮りまくっていた(フラッシュお構いなしなのには閉口したけど)御仁もいたようだが、平穏無事な閉店あいさつとなった。
Youtubeの当方チャンネルに動画を上げました(2019.2.15頃見られます)
ここから二人して阪急で梅田まで行き、ここで別れた。

閉鎖を見届けられた、という意味ではGC住吉以来。閉鎖日当日訪問も3店舗目となった。
本当のことなら、横浜西口で、その時を迎えたかったのだが、近畿の閉鎖店の"その時"に立ち会えたことも実は大きかったりする。同日、八王子(0190)跡地のマンションに入店するであろうことも発覚。大攻勢はこれからのダイエーで考えても望むべくもないが、「ダイエーは死なず、ただ消え去るのみ」というエンディングだけは避けなくてはいけないと思っている。

2018.11.23 京都惜別シリーズ(3) ここだけは外せない GCヒカリ屋山科店

西大路を終えて、当方が考えていたのは、全て市交通局で回る方法。途中までバスを使い、そこから地下鉄東西線を利用する、というやり方だ。ところが、乗換案内を見て少し不安にとらわれる。駅数が多いこともあって、山科到着が13時を回ってしまうのだ。出町座到着にはどうあっても京阪の利用は外せない。そうなってくると、ぎりぎり椥辻を13:30には出る電車を使わないと間に合わない、と乗換案内は表示する。店舗に回る時間が捻出できないのだ。

ここで逡巡する私。JRで山科に出れば、最低、13時前には着ける。よし、これだっとなって、数分待ったバス停からJR西大路駅に。
だが、ついていないときはこんなもの。目の前で快速(西大路時点では各停)に行ってしまわれた挙句に、別路線の架線支障を引きずって、本来の時間より10分近く遅れた電車に乗らざるを得なくなる。
よって京都でホームを移動しなくてはならない乗り換えが発生。あたふたしながら新快速に乗り、山科で下車する。
地下鉄の乗り継ぎに救われ、なんとか13時前に店舗に到着。さっそく撮影に入る。
山科181123_01

山科181123_02

山科181123_03


店内で恐ろしく香ばしいものを見つけてしまい、テンションはマックス。
山科181123_04

最後に忘れちゃならない、金看板を収める。
山科181123_05


「ヒカリ屋」という京滋地区では名の知れたスーパーも、ダイエーに飲みこまれ、あえなくその名前を消そうとしている。本来であれば、11/30の当日に名残を惜しみたいところだが・・・さすがにそこまでのバイタリティはない。

【店舗訪問記録】
店舗名 グルメシティ ヒカリ屋山科店         店コード   0841
購入品 3階 文具一点 1階 缶コーヒー他一点    購入金額   計 329円

2017.1.31 住吉店惜別店舗訪問 12店舗目 GC住吉店(2) 

店舗外観写真は撮り切った。
もともと塔屋など必要のない仮設建築物なので、ぐるっと回ればそれで終了。とはいえ、これだけでこんな収穫があろうとは夢にも思わなかった。

いよいよ店内入店。
おっと、その前に!
こんなもの、記録に残さないでどうする?!
住吉_11

個別にピックアップ。
住吉_12

住吉_13

住吉_14

住吉_15

住吉_16

住吉_17

この写真のみ、各葉の詳細は押さえなかった。
住吉_18


店舗内は、まだ従業員が大勢たむろしている時間帯でもあり、写真の撮りにくいこと。
それでも何とか棚のがら空き具合はいくらかは押さえることができた。
閉店一時間前の入り口からの一枚。
住吉_19

写真ではよくわからないが、レジ前が日用雑貨品のワゴン、その後ろに衣料品が並んでいるのだが、これの食いつきが悪すぎる。せっかくの閉店セールなのにもったいない。
仮設の建物であることを示す天井の状況。配管むき出し、ケーブルラックもそのまま。
住吉_20

何とか人のいない棚を探してパチリ。
住吉_21

住吉_22

ついさっきまで商品のあったパン類の棚も気が付けばガラガラに。
住吉_23

閉店名物、トレーも販売されている。とはいえ、青果担当のパックだけ。
住吉_24

少し買ってはレジに並び、レシートを稼ぐ作戦。途上で、店をやっている母親相手の仕入れも行いつつ、時間をつぶす。
しかし、閉店40分を切る頃に、店内の混雑度合いが激しさを増していることに気が付く。レジはわずかに4台。並ぶことを考えて、少し早めに切り上げるつもりにしていたが、私の体感が「それでも並ぶぞ」と教える。
結果的に最終店舗閉店時刻である、18:30(予定より30分近く余分にかかった)より一時間近く早めの17:33のレシートが当方の最終購入となった。
そして、それ以後は、店外で待機。
当方最終レジ通過後の棚状況。
精肉コーナー。最後見切っていたのは、日持ちもする炭焼きの真空パックもの。
住吉_25

日配/チルドデザートは見事に完売。
住吉_26

デイリー系の棚も死滅寸前。
住吉_27

私時点で10人弱/3分くらいかかった待機列だが、点数の増加とそれこそ籠数杯に及ぶ大量購入が災いし、いくら2人制でやっていても追いつくはずがない。
17:40時点で、このありさま。
住吉_28

後はチラシとかを画像に収めて「その時」を待つ。
忘れちゃならない金看板w
住吉_29

表示が1979年6月22日となっているが、このレベルでは大規模店舗とは言い難く、大店法が施行されてからの届け出とみられる。

待機列は結局閉店とされ、入店制限が行われてから、30分ほどまでかかってようやく解消。
その後、当方初の「閉店挨拶」を動画で収めることに成功する。ちなみに、意外と動画に収めていた人は少なく、6、7人という寂しさ。


かくして、長い一日は幕を閉じた。
跡地が何になるのか…私の予感だが、ここにダイエーが戻ってくることはほぼないであろう。そう考えつつ、後ろ髪をひかれながら店を後にする。
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ