にほんブログ村

エースコックの屋台骨を支えているのは、はっきり言って、他社の出しているような、麺質改善型の製品ではない。泥臭くも昭和を感じさせる「わかめラーメン」シリーズであり、「スーパーカップ」シリーズである。
麺の量が多いことで、そこそこに満腹感を演出できるからこそ出番があるのであって、ここがまともに味にまでこだわり始めると、途端に迷走し始めるから面白い。
本当のことを言うと、ここにはもっともっと頑張って、牙城・日清を脅かしてもらいたいのだが、今回のこの製品を食して「まだまだ道半ば」を感じずにはいられない。

毎度おなじみのCoco壱番屋とのコラボ製品。春夏はラーメンで、秋冬はラーメン+うどん、と住み分けはできているが、同じようなラインアップで食傷気味である。
で今年は「野菜カレーラーメン」と「魚介カレーラーメン」なのだそうだ。→製品HPはこちら
二つ並んでいたので両方買うという選択肢もあったが、あえてここは魚介の方を選択。
だが・・・具材は「イカ焼きそば」で見たことのあるようなイカのかけらに、カニカマ風かまぼこ/卵/ねぎと、まあ貧弱そのもの。せめてイカだけじゃなく海老ぐらい入れとけよ、と言いたくなった。

いざ実食。
だが、ここでも、「めっちゃうまい」とまで持ち上げるには及ばない、物足りなさを感じる。スープの辛さ加減が中途半端なのだ。だからトビ辛を入れるわけだが、入れてもさほど変わらない。複雑でいろいろなうまみが入っているようにも感じず、通り一遍。HPで謳われていた、「ホタテやイカ等の魚介の旨みを利かせたカレースープ」(抜粋)も実現しているとは到底感じられなかった。
麺もまあまあレベルで取り立てて凄いとも感じず。

大外れではないが、大当たりでは決してない。一種の安定感の現出といえば聞こえはいいが、進歩がない、という言い方もできる。突き抜けた何かがないといつまでたってもこんな調子なのだろう。

 購入店  ダイエー 神戸三宮店
 麺    7.5/10   スープ   7.0/10    具材  7.0/10    総合計 21.5/30
 価格補正  なし     合計   21.5/30     格付け   B(可もなく不可もなく)