多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

0622

2015.8.29 誕生日に回ってみる 新生・ダイエー 神戸三宮店 B2F


にほんブログ村
1階を堪能してから、B2ヘ。
ここは、初日と一部様変わりしている部分もあったので、その差分も含めて紹介しておく。
(8/27撮影分は、色を変えて紹介している。)

まず、エスカレーターを降り切ったところ。すでに「ダイエー」とは違うことを強調する看板が出迎える。
06220827_001

まずはほぼ売り場配置の変わらなかった野菜関連の売り場から。
右手の平台には、地場野菜のオンパレード。変わり種野菜も多く、意外性が際立つ。
06220829_b2_001

今や、改装店舗の名物コーナーになりつつあるプチトマトバイキングは、入ってすぐ左手の、カットフルーツ加工場そばに。

06220827_002

そして、飾り野菜。ぶっちゃけ、誰が買うんだろう…
06220827_003

マツタケも結構な量の陳列。ただ、もう一つなのか、飛ぶように売れている気配はない。
06220827_004

野菜コーナーを抜けると、今度は精肉コーナー。8/29は「焼き肉の日」ということで、元気いっぱいのマネキンが、試食販売も兼ねて、店中に響き渡る声で呼び込みをしていた。実際、さつま姫牛でのすき焼きを試食させていたのだが、とろけるような味と甘みは、たとえ試食用で若干レベルを上げているとはいっても、買いたくなる衝動に駆られる。
当方が「これはっっ」と思ったのは、部位売り。しかも、ホルモン系を小分けの入れ物にして売っているさまは、一般の精肉店でもやらない芸当。これができるのは、一頭丸ごとさばいている証拠。
06220827_004

生ハムを冷蔵庫で恭しく飾る"展示"も、面積が増えた&取扱いしてますというアピール度満点。
06220829_b2_002

メインの通路には、高価格帯のブランド牛/豚/鶏を配置し、まるでそれ以外の肉はやっていないかのように錯覚させる手法は、現時点ではあたっている。ただ、これは鮮魚系も同じだが、高価格帯の弁当系は、動きが鈍く感じられた。

そして、一種B2の目玉、と言ってもいい鮮魚コーナー。ところが、8/27と8/29でレイアウトが変わっていることに気が付く。
まず、これが開店初日の中央のさばき場に置いてあったいけす。
06220827_005

精肉コーナーを抜けてすぐに目についたのだが、8/29は、逆側に配置。中で捌きをしている作業員の頭の位置と、映り込んでいる背景で方向が変わっていることがわかる。
06220829_b2_003

いけすがあった跡地には、煮・焼き魚や、それに適した食材を販売。いけすを探してうろうろしているさなかに販売員が出してきたのは、ナナナント、金目の煮付け、お値段、3980円なり!!!びっくりして、価格を二度見したほどである。
塩干も手を抜いていない品ぞろえ。なんといっても「これを売らなきゃしょうがない」と言える、刺身系の充実ぶりは、オープン記念だからなのかもしれないが、なかなかなものだった。
そして、和日配のコーナーへ。こちらも、どうしてもメインストリートに目が行きがちになる。そんな中で目にしたのが、酒の肴好適品。
06220827_006

アイテムを見比べるだけで、楽しくなってしまう。肉の赤、魚の白っぽさを認識している目にとって、この黄色系の塩辛などはまさに飛び込んでくる印象。
試食販売も精力的に行われており、8/29は、日清のチルドつけ麺をやっていた。8/27は、かねてつさんの、「ほぼ○○」シリーズが試食されていたが、ホタテは、味覚の面では、ほぼホタテとはほど遠い印象だったことは付け加えておく。

一般食料品系は、ペット飲料や紅茶などのし好品関係がB1に上がったこともあり、いわゆる「常温保存品」がメインとなっている。周りの冷ケースに圧迫される感じで、特にエンドの展開は、以前のB1の売り場よりは窮屈に感じられる部分もあった。
もっとも、通路は十分確保されており、お酒が1Fにあがった効果というものは感じられる。
06220829_b2_004

エスカレーター前には、紙系をはじめとする、日用消耗品がズラリ。B1に上がるエスカレーター前の踊り場から、店内を撮る。
06220829_b2_005


B2の感想:
今まで、食料品部門の売り上げの大半を占めていたのは、ドライと言われる、一般食料品群である。これはどこのお店でもそうであり、調理しないと食べられない、素材系の品群は、ともすれば、厄介者扱いされないとも限らない。ところが、今回の改装では、脇役化しつつあった素材系が主役に躍り出ている。特に「肉のダイエー」を印象付ける、精肉売り場の活気の良さには、並々ならぬ意欲を感じ取った。
一般食料品のコーナーはあまり、真剣に見てなかったのが若干心残りだが、変わった陳列などもあるやに聞いている。また日を改めて見て回りたいところだ。
<2015.9.11 付記>
脇筋なので書かなかったが、8/29当日に、とよすの社員らしき人がミックスおかきを陳列中。私の中で、一番のフェイバリットでもある「ハイカラット」の復活を強く熱弁。社員氏も感じ入った様子だった。
→CM/画像ともになく、残念。

2015.8.29 誕生日に回ってみる 新生・ダイエー 神戸三宮店 1F


にほんブログ村
初日に立ち寄ってみたものの、やっぱりすごい人波に辟易して、1時間足らずで退散。
どこも「見て来れました!」と、胸を張れるレポートにならなかったこともあって、前回は一応テキストだけで取り急ぎ状況をアップしたにとどめていた。

休日がよもやの当方の誕生日とは、神様も余計なことをしてくださる(実際は、当方の申し出によるものではなく、テキトーに休日を当てはめてたら、こうなったというのが実際。8/中旬の店舗周りが頻繁にできたりしているのも、有給消化という側面が多かったりする)。
というわけで、1階からのフードスタイルストアを中心にもう一度見て回ることにする。
ただし、店内写真は膨大に及んでいるため、フロア別で記事を分けたのでお断りしておく。
(基本、8/29撮影分で構成するが、獲り忘れ等に対応した、8/27撮影分は、紹介文を色分けしてある。また、携帯カメラとデジカメの画像が混在している。)

・1階 フードスタイルストア
ボタニカルショップ(自然派を謳う商品が並ぶ)/ジュースバー/ワインを中心としたリカーショップ/花卉類/焼き立てベーカリー店が軒を連ねる一角。
注目はなんといっても、メイン通路に出っ張って主張する、チーズなど、ワイン食の提案コーナーである。
06220829_001

逆側から
06220829_002

もちろん、お酒類のラインアップは半端ないもの。「酒に関連した」ドライフルーツや缶詰と言った品ぞろえも、価格帯と言い、特別誂えに近いものが見受けられる。
ドライフルーツの量り売り
06220829_003

なんと、オリーブオイルも安価なものからまともな製品まで、棚2本分を占拠。
06220829_004

チーズ売り場すぐ横には、テイスティングスタンド。ダイエーにはない試みと言える。
06220829_005

レジ横には、ワインのうんちく本もズラリ。これまであった、雑誌関連の販売は、B1階のレジ横でもやっているようだが、取り扱いがなくなったと思われているのか、売れているようには見受けられなかった。
06220829_006

エノテカという、ワイン専門店からも出店。まあ、こじゃれた棚に入っていることもあり、値段も相応。
06220829_007


ボタニカルショップも(2枚)。
06220829_008

06220829_009


お酒関連のおまけ。タイガースコーナーもあるところは抜け目ない。
06220829_010


ベーカリーショップの全景。
06220829_011

ちなみに、ジュースバーはあまりに人が寄っておらず、写真に収められなかったので割愛。

サービスカウンターは1階奥に移動したのだが、免税受付もここ。最後の一押しと言える、日本土産で攻勢をかける(2枚)
06220829_012

06220829_013


・感想
ドラスティックに変わりすぎだろ!!と言いたくなるのは当然として、本当にうまく在庫が回転していくのか、と考えた時に、ここまでおおっびろげに1階を変えてしまったのはどうかと思ったりもする。
テイスティングバーは、あくまで『味見』なのだが、そこそこの場所も取っているだけに、早晩、ちょい飲み需要が勃興してこないとも限らない。いや、むしろ、それをやったら、受けるのでは、と思ったりもする。まさに「二十歳以上限定」に1階を変えたことで、日銭を無視するやり方をとって、大丈夫なのか、とは思う。
<2015.9.11 付記>
…と、上でも書いているのだが、リーズナブルな価格設定(一杯200円(税込)から)もあって、夕刻には、コーナーがいっぱいになるほど、ワインの試飲コーナーは受け入れられつつあるようである。11月にはボジョレー解禁があるが、どういう施策を打ってくるのか、非常に楽しみである。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ