多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

17回目

2019.9.29 「天気の子」17回目鑑賞記

それにしても、毎週のようにニュースになる「天気の子」はすごすぎる。
金曜日だったか、インドで日本製アニメーション映画初プレミアという栄誉にあずかるし、それがNHKでも取り上げられる事態。
だいたい、「君の名は。」の1000万人達成あたりから、報道の仕方がおかしなレベルになっていたのは私も記憶している。「千と千尋」であっても、せいぜい日本興行記録達成くらいしか報道の記憶がない。
それでも、今年初めて(より正確には君縄以来3年ぶり)の1000万人動員映画になろうとしているのだから、もう少しヒートアップしていてもおかしくない。

4DX/MX4D 鑑賞は結果的に後回しになり、通常版をとりあえず積むことにした。
OSシネマズミント神戸の14:20回は、5割強の入れ込み。子供連れ家族/20代4人男性グループなど、やってくる客層もさまざまである。
ガチ勢といえる当方は、もうこの作品は「前より」で見ないといけない体になってしまっている。それはやはり、ところどころにちりばめられている小ネタを拾うためである。それともう一つ。いっぱいにならないということは前は敬遠される。よってほかの客と隣り合わせないということも大きく影響している。

しかし今回は今までの鑑賞の中でも、感情の発露の部分が大きく変わってきていた。
それは、グランドエスケープからの方に重きが置かれ、「大丈夫」の流れるラストシーンはある程度の耐性が付いたというところである。

「もういいっ」
帆高のどなりが貫く。
「青空よりも、ぼくは陽菜がいい」
もうこのセリフで号泣一歩手前である。陽菜の泣きがそれに拍車をかける。
「天気なんて、狂ったままでいいんだ」

異常気象が取りざたされた国連総会。あの史上まれに見る醜悪な、大人たちをdisった演説をしたのも、インドで「天気の子」を上映してもらおうと署名サイトを立ち上げたのも、このストーリー主人公たる帆高も16歳なのだ。
果たして自分が16歳の時、この選択ができたのか、どうか?そして、それができる帆高は実は本当はすごいのだとみるたびに思う。
今更ながら、この二人……ほだひなにはまっとうな人生を歩んでもらいたいと切に願うばかりである。

2017.3.14 権利なんかじゃない 17縄目

3・11という、節目であり、起源とも言える日に、初日を迎えた劇場での鑑賞から、わずか3日。某キチ縄氏の鑑賞回数…400回オーバーには、今からでは、対抗する気にもならない。

だが。
彼のパーソナリティーが、スレに書かれている通りだとすれば、彼にそこまでの出費を強いた作品。私と同様に大なり小なり、取りつかれていることに違いはない。

時間潰しに、店でスマホをいじっていると。
「今はもうない町の風景に、なぜ、こころを締め付けられるのだろう」
休憩室のテレビが、新規のCMを流していた。
本当のラスト直前のセリフ。壁際で触っていたので、実映像は見ていない。だが、「これはアナ雪超える気になったな」を実感した。
事実、またしてもTOHO伊丹が終了予告を出したが、ほとんどのシネコンは、時間帯の改悪こそあれ、なんとか残している。夏休み第二弾映画が、春休みにも上映される奇跡。恐らくこの先、同様の事象は起こる確率は皆無だろうとさえ思う。

春休み期間は、時間帯などで考えても、最後のチャンス。それでなくても来週も新作が目白押し。見られるうちに見に行くことは表題にもしたが「権利なんかじゃない 義務だと思うんだ」の心境に至っている。

18:10始まりの西宮OSに。95席の小箱があてがわれたものの、TOHOのサービスデーでもあるのに入りは1/3程度の30名強。こうしてみてみると、「さすがに30週目か」と思わずにはいられない。箱割としても最適だったと言ったところか。
ところが観客の中味はやや"新鮮"だった。そう。若年層の比率がアップしたのだった。
その証拠に、同姓ペアの比率が4割強に。二人とも初見とは見えづらく、すでにみた友人に連れられた初見者と思しき人々なのだ。その次に目を引いたのはグループ。3人/4人と席を連ねていたのですぐ分かった。これらの人々も構成内容はよく似たものとみられる。ソロが2割、カップル/夫婦が3割程度。

確かに1100円で見られる「旧作」ではある。もう少し入っていて、私をニヤつかせるといったところまではいかなかったのは正直残念だが、「それもムスビ」。
もう十分に稼いだし、一部の狂信的な「多重縄」の人々が動員を引っ張る局面に陥っただけであり、もはやネタバレもしまくっているこの映画を「初見だから見に行こうか」と考える人の方が奇特である。
それでも「スクリーンで見ることに価値がある」と思っていて、そう言う人を説得し劇場に連れていくことができる人は本当に神である。事実、斜め後ろで二人独立席で見ていた男性二人連れは、私が引いてしまうほど号泣してしまっており、私はそのせいもあってそこまで感情を発露せずに済んだ。
でも・・・程度の差こそあれ、いつものシーンでいつものように…。スパークルの歌詞でもひと泣き。トドメは「なんでもないや」で。もうねwwww

このまま春休みを越えて、動員を連ねていけるのか…正念場を迎えていることは間違いない。

月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ