多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

23回目

絡み、爆音、TMS(5) 今やこれが本命 「天気の子」爆音上映鑑賞記

「天気の子」に関しては、今のところ、公式でやっているすべてのバージョンを鑑賞済みである。すなわち、通常、IMAX、日本語字幕版、4DX、MX4Dの5タイプだ。
これに付随するのが、劇場単位でやっている「極爆」「ULTIRA」と言った特別なエフェクトをかけて上映するものである。
今回の「爆音映画祭」も、映画を選択しているのは映画祭の事務局であり、東宝(興行主)は関知していない特別バージョンといえるのだ。
だが、「天気の子」を選んだ事務局は大英断だ。つまり、この作品が、音楽映画である、と高らかに宣言していただいたからである。
ただ、それならば、開始一秒で泣けてしまった同じ爆音映画祭の「君の名は。」との対比、という点でも大きなものになってくる。

当方は、やや前寄りの席に陣取る。大阪からわざわざこれ一本に絞ったフォロワー氏に、沖縄でもご一緒したフォロワー氏も鑑賞。いろいろとレポートされていたことも含めて鑑賞が始まる。
そう。それは「セリフがくぐもって聞こえる」「エコーがかかったように感じた」といったもの。「これは、僕と彼女だけが知っている……」帆高の初ゼリフ兼独白。「あぁ、そういうことね」と当方も納得する。まあ、音がすごいとはいえ、こういった調整が難しいところは仕方のないところなのだろうか?
「天気の子のテーマ」(サントラ一曲目)で、今回の爆音ぶりが試されると思ったのだが、ここはそこまでの大感動を励起させなかった。そうなると、次は「風たちの声」でそれを体感するしかない……
いや、実際すごかった。はっきり言って舐めていた、とさえ感じたくらいである。そう!これが爆音なのである。だいたいにおいて上がる曲だけに、当方もついついスウィングしてしまいそうになる。
次の「祝祭」も見事にはまった。ただ、ここから「愛にできることはまだあるかい」まではめちゃくちゃはまるほどの音響にはしてなかった。24番目「帆高、逃走」あたりはそこそこに聞かせてくれたし、満足度も高い。
「♪何ももたーずに」……洋次郎の声が沁みる、響く。もうここから涙腺の励起を止められない。ラブホのシーンもかなり来ていたのだが、完全に帆高に感情移入してしまっている自分がいる。須賀ではないが、帆高のあの一言……魂の叫びに胸をえぐられる。
もうここからは「仰げば尊し」が聞こえるまでずっと泣きっぱなしである。そして、止めを刺される。
「♪せかいがー」。まあ、何だったら、ピアノソロが聞こえる段階から涙腺はヤバい。もはや、このラストシーンでの二人の尊い再会を見るためだけに座っているといっても過言ではない。
止まらない感動、押さえられない衝動、この上の無い多幸感。二人が自分たちが変えた世界の中でも生きていくことを決めた「僕たちは、きっと、大丈夫だ」で完全に自我が崩壊する。

何度書いたか知らないが、この作品が、これほどに精神のみならず体力も使わせる作品になったことは恐るべきことである。爆音にさせられたことでその振れ幅がさらに増す。つまり、凄く体力を使うのだ。実際、見終わって当方は放心状態だった。もうこんな体験をすることはないだろう。
そう思いつつ、やおら腰を上げる。終焉間近なこの作品に百数十人が対峙できる。ここまで愛される作品を作られる新海氏は本当にすごい。

2017.4.22 緊急鑑賞? 23縄目@ミント神戸

「美女と野獣」の実写版の上映時間は130分。確かに感動出来なかったわけではない。いや、むしろ「よくやった」レベルであり、満足度は高い。だが、元ネタがアニメーションで、不朽の名作と言われているものを完全リメイク、とするには、若干物足りなく感じたのは偽らざる気持ちである。

本来なら、他の映画を観ることで「君の名は。」の感動を打ち消す「脱縄計画」は、順調に推移するはずだった。しかし、いろいろな映画を観るのだが、基準がこの作品なので、またここに帰って来てしまう。
それこそ、瀧の心情そのままである。
 「俺がもう一度逢いに行くって」 

実際、今回のスクリーンに座った原動力は、一にも二にも、「美女と野獣」の中途半端ぶりがあるからだ。長くなってしまった尺と、始終歌っている登場人物たち。ミュージカルとして受け入れるにしても、純度が高まってしまったおかげで、ストーリーがぶつ切りになる。畳みかける楽曲だらけで、盛り上がるのは間違いないが、それでも楽しい感じにはならない。
だが「君の名は。」はどうか。歌詞付きの楽曲は4曲5バージョン。私はこの作品を「登場人物が歌わないミュージカル」と評したこともあるのだが、今回改めてみて、その思いを一層強くする。
夢灯籠が流れるさなかにさっそくひと泣き。開始一分程度しか持たない涙腺の緩さに苦笑することしきり。さすがに「前前前世」は泣ける要素は皆無だが、それでも幕間/場面転換とする曲という部分ではいい位置での配置だ。
スパークル/なんでもないや(movie edit)は、もう当方が涙なしには歌えない一曲になってしまっている。もちろん、画面に合わせて口パクするが、もうどうしようもなくなる。エンディングでもようやく「泣いたりしたその後の空は」の部分で泣かずに済み、また見てしまった、という思いにとらわれる。

まあ、原動力は確かにそうだが、ミント神戸が夕方回に時間帯を変更したことのお祝いとして、再度観に行ったという部分も上げておく。こうでもして、「もう少しだけでいい」という人たちがしがみつくことで、辞めないで済むという部分もあると理解しているからである。

観客内容は30人強。出色は高校生カップル(一組)の存在。待機場所で隣どおしになっていたので、声をかければよかったか、とまたしても反省。高年齢層の視聴は少なくなり、どうやら完全リピーターが来ているように感じる。平均年齢は30代後半、男女比は若干女性優位。

当初の予定では4/23日曜日に見に行くつもりだった。だが、着替えが面倒くさくなり今日も"正装"で出かけたことで、今日行く気になったという側面もある。
もう映画を見て泣かずに済む局面を想定できなくなっている。本当にヤバい。

「私は、いや、日本国民は、とんでもない映画に巡り合ったのかもしれない」。

上映され続ける限り、追いかける思いを新たにしながら劇場を後にする。

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ