多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

AFURI

即席麺試食記(360) 安定のコラボ 日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん


にほんブログ村

日清のラーメン店とのコラボ商品は、意外とはずれが少なく感じている。
私の中では、もう二度とこの会社の作ったコラボ製品には手出ししたくないと思えるこんなハズレを作ったり、毎度同じようなコンセプトで変わり映えのしないラインアップも食傷気味だったり、で面白く感じない。そんなメーカーだらけである。
そこへ持っていくと、例えば、季節定番化しつつある「えきそば」シリーズも安定しているし、ブランドを冠しているとはいえ、その再現度に度肝を抜かれたこの商品の凄さにも感服している。

その日清の「AFURI」ブランドのコラボ麺も、何タイトル目になるかわからないが、目にできたら意外と食べている印象を受ける。→直近の試食記がこちら
同じ柚子塩らーめんなのだが、今回はコロチャーを使った製品→当該製品のメーカーHPはこちら。
まあ、それだけといえなくもないが味にはハズレ感がないと思っているのでいざ実食。
スープは、やはりエキスだけではない、本物のゆず皮が入っているおかげで柚子の香りが最後まで持続するのが素晴らしい。成分量でいってもたったこれだけのはずだが、やはりすごい。スープが持つ、塩加減も、コクもうまみも、その香りが全く邪魔をせず、全てが主張している。
麺は全粒粉入り。以前ほど特殊感はなく、麺職人で培った麺製法がプラスに働いているのか、と思ってはいるが、物珍しさ感は薄らいだ。具材のチャーシューの数には感服。ここまで入っていたら何の文句もございません。

珍しく具材で高ポイントになった今回の試食だが、安定すぎるきらいもある。冒険しなくなって、同じメニューでしか責められなくなっているところも一考の余地はある。

 購入店 ダイエー 神戸三宮店
 麺    8.0/10   スープ   8.5/10    具材  7.5/10    総合計 24.0/30
 価格補正  なし     合計   24.0/30     格付け   A+(安定だが)

即席麺試食記(316) コラボ麺ながら 日清 AFURI 限定柚子塩らーめん


にほんブログ村

ハズレ続きの日清製品。まあ、「個人的感想」の範疇なので、あれが気に入っている、という方には響かないレビューになっていることは否定しない。

そうは言っても、「当たり」を知りたいと思うのは当然のこと。AFURIシリーズはハズレが少ないのは知っていたのだが、なかなか手に入れられずにいたのだが、ようやく食べることに成功する。

麺は、なんと、全粒粉を練り込んだもの。ところどころツブツブが見られるわけだが、この麺を採用したのは店舗も同じ。ここまでの再現度で迫ってくるとは予想していなかったし、それは大きくプラスに出ている。麺は軽快そのもので、新食感と言い切ってもいいくらい。こうしたチャレンジができるところは、さすが大手、といった貫録を見る。
柚子塩とうたっている柚子の香りだが、これは、ゆず皮が入っていることで、いつまでたっても香りが消えない。人工的な香料ではなかなかこうはいかない。ここもポイント高い。スープの塩味加減も、予想よりしょっぱさが前面に出てきてはいるが、ふぬけた感じのスープとは違い、最後に入れた黄金香油の効果もあって、複雑に感じられた。具材は、想定よりは少なく感じてしまったが、ロースト鶏肉はこの手のラーメンの具材としては珍しく、食感・彩りも悪くは見せていない。

首都圏にしか店舗がないAFURI(阿夫利、と漢字が当てられている→公式サイトはこちら。山の名前だったのね)。なかなか食べに行く機会は得られないが、一度店舗にお邪魔してみたいと感じている。

 購入店  ダイエー 神戸三宮店
 麺    8.5/10   スープ 7.5/10    具材  7.0/10    総合計 23.0/30
 価格補正  なし     合計   23.0/30     格付け   A+(店舗の味が知りたい)
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ