久しく紙面をにぎわしていなかった「君の名は。」
だが、とうとう『最後の一華』を咲かせるときは来たようである。

そう。5/10の円盤情報解禁・7/26発売に伴う各販売サイトの予約状況が知らされていくにしたがって、そのド級ぶりが明らかになる。
ヤフーニュースより。やはりこれはすごい。
ちなみにこの記事を書いている、5/12AM0:30現在で確認してみると…
こちら。もうわらっちゃいますwwwwwww ちなみにベスト10全てアニメーションwww

はっきり言って、当方の中では、これくらいの売れ方は想定の範囲内であり、やはり初動がどの程度出るのかが焦点になる。
ちなみに毎度おなじみの、当方の「当たらない予想」で言うと、まず「アナ雪」の枚数を越えるかどうか、がカギとなる。
→2014年発売の「アナ雪」の枚数は発売年の売り上げ枚数がBDカテゴリーで!!226.9万枚→ソースはこちら。知らなかったのだが、アナ雪ってDVD単体ってないんですね…この商品はBD+DVD同梱スタイル。ちなみに「君縄」ではこの手の商品はない。
まあ、2017年のランキング一位はほぼゆるぎないと思うのだが、円盤売り上げも、さすがにBDカテゴリーのみということになれば、このどぎつい数字を越えることは難しいとみる。せいぜい100万セットがいいところ。
だが、DVDまで加味するとがぜん数値は変わってくる。250~300万枚は買われると思うし(千と千尋ですら203万枚)、今回のamazonの予約ぶりから考えても、初動150万枚(セット)は余裕であり得るとみる。

惜しむらくは、このタイトルは、家庭用の映像機器で再生すると確実にその魅力が激減するという点(半減というレベルではない!!)。当方も4Kで見られる環境がないにもかかわらず最上級版/おまけなしをamazonでポチリ。まあ、ここまで入れ込んだ映画に最後のお布施は惜しまないつもりである。

それにしても、尼のランキングを埋め尽くす瀧と三葉。もう、このレベルの作品って、本当に出てこないんじゃないか、と思う。