http://livedoor.blogcms.jp/blog/seichan_matsukiyo/article/edit?id=51903257(当方1/6の日付入り)の記事で書いたように、当方「使えない」それも大容量のHDDが死んだままになっている。

現在、「あの死の淵」から復活したメインのHDDは、いまやのこりが100G前後と危険水域。テレビ番組の録画が続けば(退避/DVD化していってはいるが)、アクセスの度合いがはんぱなく、よって寿命が来るのも早いと感じているだけに、急務なのではあるが、とにかく空きHDDが存在しない。

とはいえ、2テラものHDDをそのままにもしておけない。で、あわよくば使えるかもと思って、再度XPのエクスプローラーで中身を見ると「未フォーマット」などとでてきやがるw
「あ、これは救出不可能・・・」と感じて「フォーマット」を押そうと思ったのだが、しばしまて!

「サルベージ」の方法があるのでは、と、質問サイトの中やらメーカーやらを探して、何とかそれらしいソフトを探すことに成功。入っているはずのデータの中身も確認できた(試供版なので「データはあります/サルベージしたけりゃ製品買え」となっており、うまくできてますw)。
難関はソフトの料金。まあリアル店舗で買ったほうが安いのは分かっていても、万に近い金額が消えていくのは、今の段階で考えると「別にデータがあることがわかったのだし、ソフトが整えば救出可能。それならHDD買い足しのほうが精神衛生上よいのでは」という結論に達した。

それにしても。今までの長年のPC生活において、一番壊れてほしくないHDDがお亡くなりになっている(利用不可能)状況が訪れるなど、まったく想像していなかった。
仮にデータを取り出し完了した後、こうしたファイル読み出しで一回こけたHDDが使い物になるのかどうか・・・。

微妙な選択にならざるを得ない。