多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

IMAX

2019.7.21 TOHOなんばで映画三昧(3) 天気の子3回目は早くもIMAX 

IMAXの凄さを体感したのは、わずか2週間だけで、その後再上映ももままならない「君の名は。」が最初である。
間もなく公開の「ワイルドスピード」は、今回はシリーズの内容が別もの(スパイアクションじゃねーかwww)になっていることを承知の上でIMAX一本やりで見る予定にしている。
日曜日の劇場は、阿鼻叫喚の地獄絵図になろうとしていた。「天気の子」のみならず、「トイ・ストーリー4」も売りきれ寸前まで入れ込みが発生。つまり、劇場自体がパンクしないまでも、処理能力の限界を感じ取っていた。
当方も嬉々として「売りきれ」証拠写真を撮りまくる。14時のIMAXは当然、通常版も、直近3上映回が売りきれている。
やや前より、右翼に席をとったが、隣には、40代女性が座ってくる。まあ、静かに鑑賞してくれそうで何より。

IMAXの真骨頂が見られるのは、いきなりのタイトルの消失。恐ろしいほどなめらかで、すべてが雨粒のように消えていくのに、ため息しか起こらない。
神宮外苑花火大会のシークエンスは、たださえきれいなのだから、IMAX仕様のそれは、もう感動を通り越して泣けてしまう。もちろん、ヒルズの屋上で夕日を我々も観るのだが……それまでの陰欝でグレーな世界からの転換に私は息をのんだ。
代々木会館での大立ち回りも、埃の一つ一つまで丁寧に書き込まれているのを確認して驚きを隠せない。帆高が天空に舞い上がり、落ちていくシーンもただただ綺麗だった。

そしてラストシーン。高校生になっている陽菜のぱっと華やいだ笑顔に私は胸を射抜かれた。自然と涙がこぼれてくる。「もう大丈夫だよ」。そこには、そう言われて、全然大丈夫じゃなくなっている中年男性がいる。

大音響で迫りくるシーンは、「お願いっ」からのトラック爆発シーン。これはさすがに内容分かっていても腹の底までずしりと伝わってくる。赤系の鮮やかな発色がない分、苦戦するかと思われたが、メリハリはちゃんとつけているからすごい。

今とりあえず、ここまでの3回をかみしめているところである。世の中の解析衆に負けじと当方も下書きをそろそろ始めようと考えている。

2017.1.13 全くの別物か?! IMAX版「君の名は。」鑑賞記

確かに亜流であるとはいえ、当方が「公開初日」に劇場に登場するシチュエーションは、幾多のアニメーション映画でもやったことのない初の行動である。この映画関連では、本当に当方史上初、の事柄が多い。

閑話休題。
結論から先に書かせていただく。

なんで最初っからやってくれなかったんだよ?!

オープニングの東宝のロゴがあまりにもきれいで、これだけでも「IMAXってすごいな」を実感できること請け合いである。
もちろん、本編は、光学的に見せる部分がより輝きを増し、赤は特により鮮明に(ご神体訪問のシーンが一段と際立って感じられた)、音響的な部分で言うと、クリアでかつ細部にまで音が拾われている感じが随所に感じられ、画面的に言うと、意外と見落としそうな、サイドに書かれている内容や記述がしっかりと目に入ってくるから面白い。特に新聞記事などが詳細に追うことができるレベルまで精細化ができているところは少しうなった。

画面のデジタルリマスタリングもそうだが、音響面での進化は、はっきり言ってすごいの一言だ。黒板のチョークの音、瀧の描く鉛筆のデッサン、チンピラのテーブルを蹴り上げる音。メリハリがあり、そのものずばりが浮き上がってくるからすごい。もちろん「セカンドインパクトw」の音もなかなかに迫力があった。

映像だけが精細化したとは言うものの、プラス500円の価値があるかどうか、は正直人によって意見は分かれるだろう。データ量としては、ほぼBDクラスのものがこのIMAXといえなくもないわけで、その美麗ぶりを先取りした、と考えれば、安い買い物と受け取れる人もいるだろう。
当方も「ストーリーはいじっているわけではないが、まるで別物」と感じてしまったのは偽らざるところである。ここまでブラッシュアップできる技術が諸外国には存在する…IT立国ではない日本が、映画産業が斜陽化しつつある日本だからこそ、金を稼げるシステムは外国頼みにならざるを得ないのだろう。

だが、リピーターだからこそ、このIMAX版の凄さがよくわかるのであり、IMAXで君縄デビューしてしまうと、通常版が限りなくしょぼく見える。
まさか「今から初見」という人はほぼいないと思われるが、そういう人ならなおのこと、通常版を見ていただいてからIMAXへランクアップしていただきたい。

ともかく参りました、の一言。公開当初からこの話があったのなら、もっといい映像作りにもなっていたはずだろうし、残念極まりない。だが、やはり初日に行ったのは正解だった。

2017.1.13 こ、これが… 「君の名は。」IMAX視聴記(1)

完全に止まらなくなっている当方の"暴走モード"。
すでに5回もスクリーンの前に座り、あらすじどころか、おかしなところを次から次に上げていく解析欲がありえないほどの記事を書かせ、そしてそれは、初見から3か月以上たった今でも衰えることがない。

そう。虜、というか、篭絡というか…。
この、恐ろしいまでの中毒ぶりに至ったアニメーション映画は、いまだかつてない。それは、あのシーン・・・書こうとするだけでヤヴァイ 瀧の心情が私をとらえて離さないのである(ホラ。モウ、ルイセンガ・・・)。

今や完全にリピーターのためだけになっているといってもいい20週目以降の公開状況。IMAX上映がここまでずれ込んだのは遅きに失した部分もあるわけだが、これなくしては、最後の一山、というわけにはいかないのだろう。
すでに日単位では数万人レベルにまで落ち込んでいる当該作品が、越えるべき山は、依然として高い。だが、それを含めても、IMAXでリマスタリングされた本作品を見ておくことは、フリークとしても、又今後の映画鑑賞の際のポイントとしても抑えておくべきところではないか、と思っていたりする。

最高峰のシステムである、109シネマズエキスポシティのレーザーでの描写は、次回作のために取っておくとして、既存のスクリーンの改修で見るとどうなるのか、を体験したく、初日・ラスト回を勇躍予約。
もっとも、帰宅が深夜になるところは致し方ないが、時間帯が非常に悪い(難波の場合、通常版を夕方一番にしているため、このタイミングで見ないと帰りがしんどいのにそれがなかったところが大きい)ところを差っ引いても、また、記事作成時点でも、大入りとまではいかない館内のネタどりも捗るとの見立てもあって、あえてこの時間帯にしてみた、というのが実際である。

風呂にまで入り身を清め、それこそ一種の神事か、と思えるほどにまで整えて、劇場に向かう。到着は、ジャスト8時。一時間も前の入場だが、これが功を奏する。そう。もうひとつのお化け作品の入れ込みに驚愕する。→証拠映像。いやはや、こいつも侮れないですぜ。
DSC_0332


直前まで入れ込み状況をチェック。最終的には100人超えは確実で、規模的には3割あるかないか。ど真ん中付近を押さえたわけだが、左隣は、お一人様お二人。右隣は、中華人三人組。完全左隣のかたは、50代後半。ちなみに、彼も感極まってましたww
観客層は、やはり、金曜深夜回ということもあり、仕事帰りの層が大半。よって、年代は20代後半〜40代という感じ。意外にも、初見とおぼしき方も見受けられた。男女比は、そんなわけで7:3と、久しぶりの男性上位。

開演前に、IMAXのすごさをコレでもか、と見せつけられた暁には、否応なしに期待が高まる。
→続くwwwww
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ