多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

PV

あっ、新記録…再びww

新記録


謹んで張らせていただきました。

それにしても…
本当にギリギリで600台に突入とは。。(602PV/48UU)
「記録、それはいつも儚い」なんて言う、あの有名な番組のエンディング口上をほうふつとさせる、一撃の突破。まあ、当方ブログが、これから一枚も2枚も垢ぬけるためには、3桁PVごときで一喜一憂するわけにはいかないんですけどね…

ともあれ、一人の方を満足させたくらい、見ていただけたことはブログ冥利に尽きるというもの。
次なる目標は…700台かな?

連日ご閲覧いただき、ありがとうございます。

さしたる記事をUPしたという感じはしていないものの、気が付けば、今月は、ポツリポツリと3桁PVが発生。そして、今当方のPVを牽引している記事がこちらである。
シリーズ 飲みこまれるダイエー フードスタイルストアに死角はないか?

ダイエーヲタを自認し、既存店/閉鎖店含めて訪問店舗は延べなら400店は裕にあるというとてつもない"業績"がもたらす、分析が一定の評価を得たものと、一応自画自賛しておきたい。

今回の新業態にダイエーの浮沈がかかる、とは聞こえはいいのだが、結果的にそこの記事にもしているように「遅きに失した」部分があることは隠しようがない。例えば、オープンキッチン的な鮮魚売り場であるとか、量り売りの惣菜であるとか<中の人の感想としては、それらすべては人手がかかる。作るのは当然として、売り場整理や最終の片づけなど、目に見えない人件費がかかっている。売り上げがあればそれに越したことはないが、結果的に見切り→廃棄 のルートをとることは確実。そして、いったん売り場を構築した以上、やり続けないといけない。その「我慢」ができるのかどうかが問題である>。
あるいは、ブライスリーダーたりえた「ダイエーの存在価値」を、本社の人間が見失ってしまっているがゆえに、中途半端な、高級とも、庶民的とも取れないような売り場提案になってしまっているのではないか、と思うのである。

すでにオープン初日の詳細レポートを上げておられる猛者もいらっしゃるわけだが、ここから感じ取れるのは、やはり、「最初だけではないか」という、ダイエーでなくてはならない売り場づくりができていないところにあると思っている。また、「赤羽でやるべき業態だったのか」という部分も見え隠れする(建て替えオープンからわずか3年での改装。衣料品の取り扱いを大胆に絞り込んだことで、売り上げも大きく取れなくなる可能性もあり、初期投資+改装費を回収できるのかどうかは微妙である/もっとも、「立て直してテコ入れが急務」だった可能性もあり、だとしたら、そもそものMDが失敗だったともいえる)。

7月中旬に、神奈川西部の店舗中心に回る計画を立てているのだが、こうなってくると、New赤羽のポテンシャルをこの目で確かめたいとも思っている。
ちょっと車の配車状況がよろしくないので、もしかすると次回に持ち越しもあり得るところなのだが、数店削ってでもいっておきたいところである。

また突然の200PV。しかしいろいろ分かったことがある。

1PVを1円にして、オリンピック用の寄付をしようと思い立った崇高な考えは、今の都知事の任期中・・・在任中に訂正ね。全うできるとは思えないのでwwwには凍結する形で推移している。
ありていに言うと、PVなんてどうでもいいのだ。国家的プロジェクトであり、国民にとっても晴れがましい、オリンピックを成功に導くために、何をすればいいのか・・・一つの答えにしたつもりだったが、仮に今の売国都知事がいなくなったからといって、同じやり方で寄付の原資をプールするかどうかは不透明である。

なので、PVの推移は7月を境にかなりどうでもよくなってしまっていた。しかし、記事をさほど更新していないのに、9/9に200台を確認。これははっきりいって調査のし甲斐があるというものである。

特徴は、PVだけが上がって閲覧者数がさほどいないこと、そして重要なのは「個別記事が見られていない」と言う決定的な証左である。
前回の7月フィーバーは、完全にあの記事が単発で見られまくったことによるところが大きい。つまり、直接に飛んでくる人、リンクを経由しても個別記事にたどり着いた人が大勢いたから、PVのみならず訪問者数も3桁になった日が出てきたわけである。
ではなぜこの現象が起こるのか・・・答えは意外に簡単に出た。

9/9の明け方・・・4時過ぎに大量のPVを発見。よく見ると、個別の記事に立ち寄っている感じが見うけられない。しかも見ている端末は、ケータイ(機種やシリアルナンバーまでわかるのはやりすぎだと思うが、同一人物が診ていることは分かる)。ケータイでライブドアブログを見ると、作成日の若い順に、5タイトルずつ表示され、「前の5件」を選択するとまた5件表示される仕組みになっている。これを繰り返すと、こちら側としては、1PVを延々ゲットできることにもなり、実際ザッピングしているだけなのにPVだけは稼げるという現象が起こるのである。

訪問者数が少なく、PVだけ延びているときは、この「トップページ」をぐるぐる回る行動をしている読者=ケータイでザッピングしている人がいることを示している。なので、PVは人気記事でも出てこない限り、浮き沈みを激しくさせるものである。
3桁復活はそういうわけで素直に喜べない。「見られている」事に異論はないが、どうせ連続することなど考えられないし、今はそれより、記事の内容の充実が急務である。
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ